うなぎパイを食べ比べてみた!"真夜中"のお菓子「うなぎパイV.S.O.P.」は、大人なアノ香りがしました。

うなぎパイ食べ比べ! 高級ライン「真夜中」版のお味はいかに?

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本全国においしいご当地銘菓がありますが、なかでも有名なのが静岡県・浜松の「うなぎパイ」。製造販売元の「春華堂」は、なんと昭和24年(1949年)創業という老舗中の老舗のお菓子メーカー。うなぎパイのほかにも、お饅頭やどら焼き、羊羹、お団子をはじめ、ケーキまで作っているのですが、なんといっても断トツに有名なのがうなぎパイだということは、間違いありません。

「うなぎパイ」の製造販売は昭和36年(1961年)からスタートしたとか。バターと厳選された原料に、うなぎエキス、ガーリックなどの調味料をブレンドしています。その「うなぎパイ」に、ワンランク上の「うなぎパイ V.S.O.P.」が仲間入りしました。

うなぎパイ V.S.O.P.

“V.S.O.P.”とは、ブランデーの等級の1つで、Very (非常に)Superior (優秀な)Old(古い) Pale(透き通った)という意味とか。まあ、簡単にいうと「上等なブランデーで、透明感のある琥珀色をしています」といったことでしょうか。ですから、「うなぎパイ V.S.O.P.」はブランデーの香り付きです。さらにナッツの王様、マカデミアナッツの風味もプラスされています。

さて、パッケージはというと、ご覧のとおり金ピカ。琥珀色というか、黄金色に輝いて、高級感にあふれています。中身は小分け包装されていて、その小袋も輝いています。

うなぎパイ V.S.O.P.
ちなみにこれがレギュラー版の「うなぎパイ」。レトロな包み紙がベタな土産物感を増長させる見た目です

ちなみにこれがレギュラー版の「うなぎパイ」。レトロな包み紙がベタな土産物感を増長させる見た目です

レギュラー版にはミニサイズもあります

レギュラー版にはミニサイズもあります

ということは…これはもう、3種を比較するしかないですよね。まずは小袋を並べて見ましょう。

うなぎパイ

これはもう文句なしにダントツでV.S.O.P.から高級感が溢れ出ております。そして、袋もノーマルと比較して一回り大きいようです。

小袋から取り出してみると、大差なく見えますが、ノーマルのうなぎパイが一番スリムで、ミニとV.S.O.P.の太さが同じくらいということに気が付きました。長さはV.S.O.P.がやや長いようです。

うなぎパイ

アップで見ると、ミニにはナッツの粒が見えるのに対し、V.S.O.P.はゴマの粒が見えます。ノーマルは何も見えません。

左から、ミニ、ノーマル、V.S.O.P.

左から、ミニ、ノーマル、V.S.O.P.

ここで、微妙に原材料が違うということに改めて気がつきました。小麦粉、バター、植物油脂、フラクトオリゴ糖、ビタミンA、酸化防止剤、香料、そしてうなぎ粉が共通した材料なのですが、この材料のほかに入っているのが、ノーマルではガーリックのみなのに対し、ミニには、アーモンド・ピーナッツ・白胡麻・蜂蜜・卵黄がプラスされています。

うなぎパイ

そしてV.S.O.P.では、ガーリックがなくなって、代わりにバニラビーンズ粉末が加わります。あの高級感あふれる芳香は、これだったわけですね。そのほかにも、牛乳・生クリーム・マカダミア・白むき胡麻・そしてもちろんブランデーなどが加わっています。なんともリッチ♪

さて実食と参りましょう。まずはノーマルから。これは安定のうまさです。口に入れた瞬間に、ほんの少しガーリックを感じますが、それがアクセントになり、ほかにない味わいを醸し出します。次いでミニを試食。ノーマルよりもカリッと香ばしく、やや厚手に感じます。こちらではガーリックはあまり感じられず、代わりにナッツを感じます。

そしてV.S.O.P.。今までの2つも相当おいしいのですが、V.S.O.P.はさらにその上をいきます! 口へ運ぶ段階で、確かにほのかなブランデーの香りがします。食べてみると、甘さの中にも大人の味がするような気も…。濃厚なパイ生地にふわりと香るブランデー。これはもはや、洋菓子専門店のそれと遜色ない、いやそれを超えたパイといっても過言ではありません!

ところで、「うなぎパイ」といえば、パッケージにさりげなく書かれた「夜のお菓子」というひと言が気になります。春華堂のホームページによると、「夜のお菓子とは家族だんらんのひとときに召し上がってもらいたいという意味です」とのこと。うなぎパイが誕生した昭和36年は高度経済成長の真っただ中で、女性の社会進出がすすんだり、子どもが塾に通ったりと、家族そろって家で過ごす時間が少なくなり始めたころ。そんななか、せめて夕飯の後のひととき、「うなぎパイ」を食べながら一家だんらんを…との思いが込められているとのことです。

さて、「うなぎパイ V.S.O.P.」には、何て書かれているかというと、「真夜中のお菓子」。う〜ん、これはいったい、どういう意味なのでしょうか? ぜひ入手し、五感をフル活用して、ご自身でその意味を確かめてみてはどうでしょうか。



(回遊舎/村越克子)
回遊舎

回遊舎

製品 参考価格
うなぎパイ V.S.O.P. 1,500円〜2016年12月7日 11:46 現在
このエントリーをはてなブックマークに追加
グルメ最新記事
グルメ記事一覧
2016.12.9 更新
ページトップへ戻る