季節を問わず、1年中大活躍する野菜…ネギ。そんな、ネギ専用スライサーを持っていると便利なんです。

ネギ専用スライサーで、面倒な小口切り、白髪ネギも簡単!

このエントリーをはてなブックマークに追加

いきなりですが、問題です。冬でも夏でも一年中大活躍してくれる野菜ってなーんだ? …答えはネギです。ネギだけでは料理の主役として登場する場面は少ないと思いますが、ネギがあることによって素材の味が引き立ち、一層おいしくなると思いませんか? そう、ネギは料理の名脇役なのです。豆腐、納豆、ラーメンなど、ネギをちょっとだけ薬味としてのせたい時ありますよね。

ただし、一度にたくさん切っても少量しか使わない時は、使いかけのまま残してしまいがちです。気が付いたら冷蔵庫の片隅で刻んだネギがシナシナになっているなんていうことも。冷凍しておいてちょっとずつ使うという方法もありますが、できれば新鮮なものを使いたい。だけど、少量しか使わないのに、そのためだけにまな板と包丁を出すのが面倒…。ネギ好きの筆者は、キッチンでそんな葛藤を幾度となく味わってきました。

そんな悩みを一気に解決してくれる、ネギ好きにはたまらないアイテムを発見したのでご紹介します! Kai House SELECT(貝印)の「ねぎスライサー」です。

細身のスライサーなので、ネギだけではなく、キュウリやピーマンなど彩り食材のスライスにも便利です

細身のスライサーなので、ネギだけではなく、キュウリやピーマンなど彩り食材のスライスにも便利です

使い方はいたって簡単です。スライス刃でネギをスライスするだけ。ね、簡単ですよね。スライスするだけで、自分が食べたい分量の薬味ネギが、ササッと素早く作れちゃうというわけです。これ1つでできてしまうので、まな板と包丁の出番はなく、調理後の後片付けの手間が掛かりません。

筆者は器の上で試してみましたが、冷ややっこやラーメンなど、食材を料理して盛り付けた後に直接スライスしてもいいかもしれません

筆者は器の上で試してみましたが、冷ややっこやラーメンなど、食材を料理して盛り付けた後に直接スライスしてもいいかもしれません

薄すぎず、厚すぎず、切れ味抜群

薄すぎず、厚すぎず、切れ味抜群

また、横にはネギカッターとなる剣山のような刃がついているので、長ネギの輪切りだけでなく、難しい白髪ネギもあっという間に作れちゃうのもポイントです。白髪ネギは、労力のわりには量ができず、努力のわりには太いできになってしまう…などと悩んでいました。しかしこれなら、ネギに剣山部分を押しあて、真横に引いて白髪状になったらキッチンハサミなどでカットすれば、シュシュッとあっという間にできてしまうので、これまたびっくりです。

白髪ネギは寝かせたネギの上を剣山部分でスススーッとなでるだけ

白髪ネギは寝かせたネギの上を剣山部分でスススーッとなでるだけ

キッチンバサミでカットすれば、これまた簡単に白髪ネギができちゃいます

キッチンバサミでカットすれば、これまた簡単に白髪ネギができちゃいます

ネギ好きの方なら、重宝すること間違いなし! まな板や包丁を使わないので、洗い物を減らせるだけでなく、忙しい主婦の強い味方の食洗機でも洗えます。ぜひお試しください。



(回遊舎/柏崎招子)
回遊舎

回遊舎

製品 参考価格
Kai House SELECT ねぎスライサー 535円〜2016年12月7日 11:46 現在
このエントリーをはてなブックマークに追加
生活お役立ち最新記事
生活お役立ち記事一覧
2016.12.9 更新
ページトップへ戻る