昔は脇にはさんだら10分程度待たされていた体温計…今では最短2秒、しかも額で測れるというから驚き!

ここまで進化したか! わずか2秒で測れる赤外線体温計

このエントリーをはてなブックマークに追加

「寒気がする。風邪かも?」なんて感じた時に活躍するのが体温計。筆者が子供のころの体温計は、水銀を使った水銀体温計しかなく、脇にはさんだら10分程度はじっとしていなければなりませんでした。その後、センサーで温度を測定する電子式体温計が登場。さらにその後、これ以上あがらない温度(平衡温)を短時間で予測できる予測式体温計が開発され、20秒程度で体温測定ができるようになりました。その進化は続いていて、今ではわずか2秒で体温測定が可能とのこと!

ということで、2秒で体温が測定できるという体温計を購入してみました

ということで、2秒で体温が測定できるという体温計を購入してみました

赤外線体温計は人体から放射される赤外線(熱線)をセンサーで検出し、その温度を体温として表示するという仕組み。筆者が購入したのは、ドリテックの赤外線体温計で型番がTO-300というもの。額や耳に当てるだけで簡単に体温測定ができ、従来の体温計のように脇にはさんだり、舌下にくわえたままじっとしたりする必要はありません。

大きさは、約124mm × 34.5mm × 24mm。赤青鉛筆と一緒に並べてみました

大きさは、約124mm × 34.5mm × 24mm。赤青鉛筆と一緒に並べてみました

この先端部分にセンサーがあります

この先端部分にセンサーがあります

耳で測定する場合は、アタッチメントを外して使います

耳で測定する場合は、アタッチメントを外して使います

筆者のおでこで体温を測定してみましょう。本当にあっという間に終わります

筆者のおでこで体温を測定してみましょう。本当にあっという間に終わります

ちなみに体温は36.3度でした。平熱だと液晶の中にスマイルマークが登場

ちなみに体温は36.3度でした。平熱だと液晶の中にスマイルマークが登場

緑色の電源ボタンを長押しすると周囲温度測定モードに切り替わり、室温などを測ることもできます。アイコンも家に変化

緑色の電源ボタンを長押しすると周囲温度測定モードに切り替わり、室温などを測ることもできます。アイコンも家に変化

なお赤外線体温計には、本機器のように対象物に触れて測定する接触式と、対象物から離れた状態で測定できる非接触式があります。非接触式なら、身体に直接触れる必要がなく衛生的ですが、その分お値段がかなり高くなります。必要に応じて時々体温測定する程度なら、本機でも問題なさそうです。測定時間はわずか2秒ですし、おでこや耳でも測定できるので、なかなかじっとしてくれない小さな子供の体温測定でも重宝しそうですね。

わたる

わたる

主に東京の湾岸エリアに生息しているが、中国、タイ、インドネシアなどでの発見情報もあり、その実態は定かではない。仲間うちでは「おっちゃん」と呼ばれることも。

製品 価格.com最安価格 備考
TO-300 2,640 -
このエントリーをはてなブックマークに追加
新製品レポート最新記事
新製品レポート記事一覧
2016.12.2 更新
ページトップへ戻る