暗い夜道でも安心! レーザーライトで自分の車幅をお知らせ。

自転車の車幅をお知らせ! レーザービーム付きテールライト

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年6月1日に改正道路交通法が施行されてから、自転車は必ず車道の左側を通行しなければならなくなりました。施行直後の厳しさは大分なくなりましたが、それでも歩道を走行したり、車道の右側を通行する逆走をしたりすると、捕まってしまう可能性はあります。なので、やはり極力車道の左側を通行すべきなのだと思います。

で、車道を通行するのに気をつけなくてはならないのが、自動車の存在。自動車自体が昔はキープレフトが推奨されているので、左側に寄りがちです(最近は教習所ではキープレフトを教えていないという話もありますが)。視界が開けた昼間であれば、早めに自転車の存在に気がついてくれて、ゆっくり追い抜いてくれたり、右に膨らんで追い抜いてくれたりもするのですが、夜だとなかなか自転車の存在がわかりにくかったりするわけです。

 LEDレーザーテールライト

LEDレーザーテールライト

なので、自転車側も自分の存在でできるかぎりアピールする必要があります。同じ車線を走っていて、自動車のほうが速いことを考えると、前照灯以上にテールライトが重要であるのは言わずもがな。反射板の設置が義務付けられているので、自動車のライトが反射して自転車の存在がわかるのですが、やはり角度によって反射度合いが変わる反射板よりも、発光するテールライトのほうが確実かつ安全になるわけです。

電池は単4形乾電池を2本使います。ちょっと聞き慣れないメーカーですが、2本同梱しているのですぐに使えます。そして、2か所の発射口からレーザービームが発射されます

電池は単4形乾電池を2本使います。ちょっと聞き慣れないメーカーですが、2本同梱しているのですぐに使えます。そして、2か所の発射口からレーザービームが発射されます

テールライトで自転車の存在を知らしめたとしても、テールライトだけでは距離感がつかみづらく、自転車の状態もわかりません。そこで、車幅を示すレーザーライトの出番というわけです。さすがにこのレーザーライトを見れば、どのくらいの幅があるのかひと目でわかるというもの。

こんな感じで、自転車の車幅を知らせてくれます。自転車と一緒に動くのでさすがに自動車のドライバーは気がつくと思います

こんな感じで、自転車の車幅を知らせてくれます。自転車と一緒に動くのでさすがに自動車のドライバーは気がつくと思います

横から見たところ。結構はっきり表示されています

横から見たところ。結構はっきり表示されています

まあ、ドライバーが地面に映ったレーザーライトの意味を理解してくれないと効果が発揮されませんが、それでも認識してもらえる可能性は格段にあがるのは間違いないでしょう。

テールライトは全部で7つの光るパターンがあります。ずっと点灯しているよりも目立つのでいい感じです。レーザーライトも点灯と点滅の2パターンあるのですが、こちらは点灯がいいのではないでしょうか。

テールライトの7つの光るパターンはこんな感じです

取り付けはドライバー1本でできますし、アジャスターも付いているのでいろいろなバーの太さに対応できます。本体の取り外しはワンタッチでできるので、どこかに駐車するときは持ち運べます。

アタッチメントのボタンを押し、本体を上にスライドさせると、外すことができます

アタッチメントのボタンを押し、本体を上にスライドさせると、外すことができます

駐輪場に止めたり、雨が降ってきたりしたときは外しておきましょう

駐輪場に停めたり、雨が降ってきたりしたときは外しておきましょう

これで盗難の心配もないですし、一応防滴とはいえ、防水ではないので、ゲリラ豪雨などの激しい雨にさらされるようなときにも安心です。

岡安学

岡安学

ゲーム情報誌編集部を経て、フリーランス・ライターに。現在は、デジタル機器を中心にWebや雑誌、Mookなどで活躍中。近著に『INGRESSを一生遊ぶ!』(宝島社刊)。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
生活お役立ち最新記事
生活お役立ち記事一覧
2017.6.27 更新
ページトップへ戻る