気持ちいいほどサクッと切れる、バター専用ナイフが想像以上に便利なんです。

バターをサクッと四角く切れる、貝印のバター専用ナイフ

このエントリーをはてなブックマークに追加

バターやマーガリンって冷蔵庫に入れておくと、結構な硬さになりますよね。削ってパンに塗るにしても、適当な大きさに切り分けて料理に使うにしても使いにくい。バターナイフではなかなか、バターに切れ込んでいってくれないという経験はあると思います。
ということで、この「四角く切れるバターナイフ」の出番です。

「四角く切れるバターナイフ」

「四角く切れるバターナイフ」

この「四角く切れるバターナイフ」は貝印製です。貝印といえば、男性ならヒゲそり、女性なら数々のキッチン用品でおなじみですよね。あの切れ味がグンバツの刃物メーカーです。なので、この商品ももちろん信頼の切れ味で、硬くなったバターだろうがなんだろうが、スパっと切れてしまいます。しかもL字型になっていて、正方形に近い形に切れるのがミソ。そう、喫茶店の超分厚いホットケーキに乗っているような真四角なバターが簡単に作れてしまうのです。

包丁は、切れ味がいいものよりもむしろ切れ味が悪いほうが危なく、力が余計に入って手元が狂い、怪我をしやすいという話を聞きます。普通のバターナイフは刃がついていないので一見安全そうですが、硬いバターを切るときはむしろ刃がついている「四角く切れるバターナイフ」のほうが安全に使えるのではないでしょうか。まあ、勝手な憶測なので、怪我をしたからといってもクレームをつけないように。

先端に刃が付いているのでバターの切れ味が違います。ちなみに、指で触れてもまったく切れる心配がない程度の刃です

先端に刃が付いているのでバターの切れ味が違います。ちなみに、指で触れてもまったく切れる心配がない程度の刃です

うしろから見たところ。L字型になっており、バターが四角く切れてしまうのもうなずけます

うしろから見たところ。L字型になっており、バターが四角く切れてしまうのもうなずけます

ということで、実際に使ってみました。先ほどもいいましたが、バターを四角く切るのにふさわしいのはやはりホットケーキ。ですので、ホットケーキを作って、そのうえで、四角く切れるバターナイフの使い心地を確認してみたいと思います。

1)まずはホットケーキの素とタマゴと牛乳を用意します。
2)牛乳150ccにタマゴを加え、かき混ぜます。タマゴを使わない場合は、牛乳を200ccにするそうです。
3)タマゴと牛乳が混ざったら、次にホットケーキの素を200g投入します。
4)ダマにならなくなるまで、ひたすらかき混ぜます。

5)かき混ぜ終わったら、温めておいたフライパンに流し込みます。オタマとかをつかって、高い位置から流し込むのがいいらしいです。
6)火加減は弱火でじっくり焼きます。焼いていない上面にふつふつと穴が開き始めたら、ひっくり返すタイミングです。時間にして3分くらい焼くとこの状態になります。
7)ひっくり返しました。おお、なかなかいい色の焼き具合です。裏面も同じく3分くらい焼きます。
8)完成!! 上手に焼けました〜。

おっと、ホットケーキのおいしい焼き方がメインになってしまい、バターナイフのことをすっかり忘れていました。そうです、これからが本番です。カチカチのバターが登場です

おっと、ホットケーキのおいしい焼き方がメインになってしまい、バターナイフのことをすっかり忘れていました。そうです、これからが本番です。カチカチのバターが登場です

バターの銀紙を剥がしました

バターの銀紙を剥がしました

いよいよバター入刀です

いよいよバター入刀です

一気にサクッといけました。力の入れ具合によっては、ナナメに切れちゃうので、しっかりと真上から力を入れるのがコツです。でも、ちょっと長さが足りないような(笑)

一気にサクッといけました。力の入れ具合によっては、ナナメに切れちゃうので、しっかりと真上から力を入れるのがコツです。でも、ちょっと長さが足りないような(笑)

さっそくホットケーキに乗せてみました。なかなかいい感じのフォルムのバターが乗せられたのではないでしょうか

さっそくホットケーキに乗せてみました。なかなかいい感じのフォルムのバターが乗せられたのではないでしょうか

メイプルシロップを買ってくるのを忘れたのでハチミツで代用。家庭で作る分には結構いい感じにできました。ちなみにホットケーキはスタッフがおいしくいただきました

メイプルシロップを買ってくるのを忘れたのでハチミツで代用。家庭で作る分には結構いい感じにできました。ちなみにホットケーキはスタッフがおいしくいただきました

唯一の難点があるとすると、立体的であること。既存のバターケースには入らないですし、カトラリーを入れる引き出しに入れてもキレイに収まらないかもしれません。サイズ自体は小さいのでじゃまにはなりませんが。これがあれば、いちいち包丁とまな板を出さなくても簡単にバターを四角くカットすることができます。こういったものこそ、専用のアイテムを使うと生活が豊かになった気がしますよ。

岡安学

岡安学

ゲーム情報誌編集部を経て、フリーランス・ライターに。現在は、デジタル機器を中心にWebや雑誌、Mookなどで活躍中。近著に『INGRESSを一生遊ぶ!』(宝島社刊)。

製品 参考価格
四角く切れるバターナイフ 307円〜2017年1月18日 11:54 現在
このエントリーをはてなブックマークに追加
生活お役立ち最新記事
生活お役立ち記事一覧
2017.1.19 更新
ページトップへ戻る