火おこしがちょっと楽しくなるアイテム

ぬれても燃える。“松やに”を使った自然の着火剤がすごい!

このエントリーをはてなブックマークに追加

アウトドアの醍醐味といえば火おこし! でも着火が難しい…

キャンプやアウトドアで、山に落ちている枝を拾ってきて火をおこし、暖をとったり調理をされたりする方、多いのではないでしょうか。

乾燥した日が続いていれば、拾ってきた枝だけで着火させるのにも苦労しないのでしょうが、雨や雪が続いて枝が湿っていたりすると、なかなか火おこしも大変なんですよね…。アウトドア好きとしては、着火剤を使うのもなんだか味気なく感じます。

天然の松の木から切り出された自然の着火剤

さて、今回紹介するのはそんな火おこしに抜群の力を発揮する商品。Bush Craftの「ティンダーウッド」です。天然の松の木から、「松やに」を多く含んだ部分のみを切り出した自然の着火剤なんですが、この着火力があまりにもすごいんです。

袋もかわいいですね

袋もかわいいですね

松やにを多く含んでいる部分なので、独特の芳香があります。筆者にとってはイヤなニオイというわけではなく、どこか懐かしいというか癒やされる感じの香り。

松やにがしみ込んでいるので、滑りづらい

松やにがしみ込んでいるので、滑りづらい

着火する際は削りましょう

このまま火を付けるのではなく、細かく削って着火します。鉛筆を削るような感覚で、サクサクと削れていきます。

削るのに、そこまで力は必要ありませんでした

削るのに、そこまで力は必要ありませんでした

鉛筆のような感覚で削れます

鉛筆のような感覚で削れます

試しにこれに火を付けてみます

試しにこれに火を付けてみます

着火!

着火!

ものすごい勢いで炎上するティンダーウッド。

あっという間に炎を上げるティンダーウッド

あっという間に炎を上げるティンダーウッド

1本の木で10〜20分ほど燃えるようなので、着火剤としては十分に機能してくれるでしょう。

水にぬれてもすぐに着火するほどのパワー

雨にぬれたという設定で、試しに削ったティンダーウッドをわずかな時間だけ水に浸してみたのですが、こちらもビックリ、まったく問題なくボーボーと火を上げてくれました。

少しくらいの水分なら問答無用で着火します

少しくらいの水分なら問答無用で着火します

さらに、ティンダーウッドをひと晩水につけてみたのですが、こちらはさすがに火が付かず…。ぬれても大丈夫とはいえ、染みこむほど水につけるのはやめたほうがよさそう。

さすがに水浸しのティンダーウッドでは着火せず

さすがに水浸しのティンダーウッドでは着火せず

フェザースティック作りにも挑戦してみて

今回は削り落として使ってみましたが、フェザースティックという形(削った部分を枝に残し、毛羽立つように削りだす)にすると勢いよく火がついていきます。

フェザースティックの作り方は、Bush Craft のYouTubeチャンネルで動画も紹介されているので、参考にしてみてください。筆者にはちょっと難しかったです…。

着火剤などで効率的に火をおこすのも悪くないですが、こういった天然由来の成分を使った火おこしって、何ともぜいたくな時間ですよね。筆者のお気に入りアイテムになりました。

びーいーぴー

びーいーぴー

おいしい食べ物、楽しく食事ができそうなものに興味あり。気になったら、値段や大きさ、ニオイは二の次。とりあえず調査。ときには体を張ったレポートも厭わない、アラフォー2児の父。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
こだわりの逸品最新記事
こだわりの逸品記事一覧
2017.8.23 更新
ページトップへ戻る