大事な写真は消したくない!

「スマホの残り容量が…」を解決! 世界初の“4コネクタ”搭載メモリー

このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんのiPhone、残り容量は大丈夫ですか?

モノ系ライターのナックル末吉です。さて皆さんのiPhoneは記憶容量の残りに余裕はあるでしょうか? スマホって手軽に写真や動画を撮影できるため、ついついデータが増えていきがちですよね。容量が少なめのモデルを購入した人は「残り容量が少ない」などの警告がでたことはありませんか?

特にiPhoneはmicroSDカードが挿入できないため、容量不足に陥った場合はパソコンにデータを待避することになるのですが、万が一パソコンを持っていない場合は、泣く泣く何かを削除するハメに…。

そこで今回ご紹介する「PhotoFast iType-C」のような外部記憶の出番となります。

Lightningコネクタに直挿しできるフラッシュメモリー

「iType-C」は、Lightningコネクタを搭載したフラッシュメモリーという製品で、USBメモリーのようにiPhoneに接続してデータを待避して、iPhoneにコピーすることができます。

また、本モデルがほかの類似製品と違う点は、Lightning以外にも3種類のコネクタを搭載している点です。Lightningのほかに「microUSB」「USB Type-C」「一般的なUSB」を搭載しているため、iPhoneのデータをパソコンやほかのスマホに移すことも可能です。この4つのコネクタを搭載したメモリーは世界初なんだとか。

では製品を見ていきましょう。

パッケージです

パッケージです

開封すると2つのアイテムが出てきます。左がiType-C本体、右が変換アダプターです

開封すると2つのアイテムが出てきます。左がiType-C本体、右が変換アダプターです

iType-C本体です。フラッシュメモリーはこの中に内蔵されています。また、コネクタ部分にキャップがついています

上部についているコネクタがLightning

上部についているコネクタがLightning

下部にはUSB Type-C。本体にはこの2つのコネクタが搭載されています

下部にはUSB Type-C。本体にはこの2つのコネクタが搭載されています

iPhone 6s Plusに接続してみました。iPhoneで使用するだけであれば変換アダプターは不要です

iPhone 6s Plusに接続してみました。iPhoneで使用するだけであれば変換アダプターは不要です

次に変換アダプターを見ていきましょう

次に変換アダプターを見ていきましょう

Androidスマホとパソコンにも使えます

下部にはパソコンに接続できるUSBコネクタが搭載されています

下部にはパソコンに接続できるUSBコネクタが搭載されています

USBコネクタを上に開くとmicroUSBコネクタが出現。Androidスマホはコチラを接続

USBコネクタを上に開くとmicroUSBコネクタが出現。Androidスマホはコチラを接続

上部にはiType-C本体と接続するためのUSB Type-Cコネクタ(メス)が搭載されています

上部にはiType-C本体と接続するためのUSB Type-Cコネクタ(メス)が搭載されています

本体と変換アダプターはこのように接続します

本体と変換アダプターはこのように接続します

iType-Cに変換アダプターを接続しました。iPhoneから待避したデータをパソコンなど別の機器にコピーする場合はこの状態で使用します

このiType-Cですが、容量のバリエーションは64GB、128GB、200GBの3種類。専用アプリもリリースされており、ちょっとマニアックな使い方かもしれませんが、デジカメで撮影したRAWデータの現像までiPhoneでできてしまう逸品。その他、各種ファイルフォーマットに対応しているため、容量不足でお悩みの方以外にも有効な活用方法があるので、一度お試しくださいませ。

ナックル末吉

ナックル末吉

スマホ、パソコン、家電などのガジェット系記事を執筆するモノ系ライター。それ以外にもハイレゾオーディオや文房具、バイク、食レポなどについても執筆するため「節操がないのが持ち味」と豪語する。

製品 参考価格
PhotoFast iType-C - 2017年3月14日 12:00 現在
このエントリーをはてなブックマークに追加
生活お役立ち最新記事
生活お役立ち記事一覧
2017.3.23 更新
ページトップへ戻る