レビュー

素足感覚! 毎日履ける「足袋シューズ」で“巻き爪”の痛みがラクになった

筆者は最近、右足親指の爪の内側が皮膚にくい込む「巻き爪」に悩んでいます。その痛み軽減のために5本指ソックスを履き、親指と人さし指の接触を避けるようにしているのですが……、靴を履くと結局つま先がぎゅっと固まってしまうので痛みが出てしまっていました。

この悩みを解消できないかといろいろと検索していたところ、まさに自分の求めていた靴を発見し、飛びつくように購入しました。それが、足袋(たび)型コンフォートシューズ 「たびりら」です。

普段使いできる「足袋シューズ」

丸五の足袋型コンフォートシューズ 「たびりら」

丸五の足袋型コンフォートシューズ 「たびりら」

「巻き爪」の痛みを軽減できそうな靴を検索していた時、どうやら足袋型のシューズがよさそうだと判明したのですが、出てくるのは地下足袋や足袋型ランニングシューズばかり。機能的には問題ないのですが、見た目がゴツいので敬遠していました。そんな中見つけた「たびりら」は、かなりカジュアルな見た目で、普段使いできそうなのが決め手となって購入しました。

メーカーは、100年以上地下足袋を作り続けている株式会社丸五。同社の「たびりら」はその名のとおり、足袋のようにつま先が2つに分かれている靴で、要は見た目がおしゃれな地下足袋ですね。ただ単につま先を割っただけの靴ではなく、地下足袋専用の木型をベースに採用しており、履き心地を追求した1足に仕上げているとのことです。

筆者が購入したのは、白地にブルーのラインが入った「海」というカラーです。ほかには、「茜」や「秋桜」など、すてきなネーミングのカラーが全11色ラインアップ。サイズ展開も、一部カラーを除いて22〜28cmと幅広く、メンズ、レディース問わず履くことができます。

フラットシューズのようなぺたんこ加減で、ソールもかなり薄め。ただ、ソールの土踏まずの部分が盛り上がっており、足裏を支えてくれるようです

フラットシューズのようなぺたんこ加減で、ソールもかなり薄め。ただ、ソールの土踏まずの部分が盛り上がっており、足裏を支えてくれるようです

アッパー素材は、老舗帆布メーカー、タケヤリの「タケヤリ帆布」(綿100%)。インソール素材も綿100%の刺子織です

アッパー素材は、老舗帆布メーカー、タケヤリの「タケヤリ帆布」(綿100%)。インソール素材も綿100%の刺子織です

ソールは、まさに地下足袋の見た目ですが、アッパーがおしゃれなので気兼ねなく普段使いできそう

ソールは、まさに地下足袋の見た目ですが、アッパーがおしゃれなので気兼ねなく普段使いできそう

要は足袋なので、この「たびりら」に足を通すと、親指とほかの指が別室に分かれます。そのため、靴の中で指が固まらず、理想の形に開いた状態で歩けるとのこと。外反母趾(がいはんぼし)や爪のトラブルに悩んでいる方(まさに筆者)にとっては特に最適で、期待が高まります。

素足で歩いているような感覚!

サイズは、筆者がいつも履いている28cmをセレクト。メーカーによると、つま先に0.5〜1.0cm程度のスペースが作れるサイズを選ぶのがおすすめだそうです。
履いてみると、つま先のスペースはちょうどいい感じですが、幅が2Eサイズなので、筆者の甲高の足にはややピタッと感じられました。ただ、やわらかい素材のおかげか、締め付けられるような感覚はなく、履き心地はとてもいいです。

素足で履いてみました。かかと部分を指で引っ張って足を入れる感じで、スルッと履けます

素足で履いてみました。かかと部分を指で引っ張って足を入れる感じで、スルッと履けます

足を入れると、自然と親指とほかの指が別室に分かれてくれます。親指と人さし指の接触がなくなっただけでなく、人さし指側に傾いていた親指が気持ちまっすぐになったような感覚がありますね。

筆者の足は甲高。写真だと甲の部分がややきつそうに見えますが、生地がやわらかいので、締め付けられている感じはまったくありません

筆者の足は甲高。写真だと甲の部分がややきつそうに見えますが、生地がやわらかいので、締め付けられている感じはまったくありません

歩いてみると、地面の感覚がダイレクトに足に伝わってきます。しっかりと足の指で大地をつかんで歩いている感覚。ソールを始めとして靴全体がとてもやわらかく、足にフィットするのでそう感じるのかもしれません。

足の動きにぴったり連動して、靴全体がぐにゃっと曲がります

足の動きにぴったり連動して、靴全体がぐにゃっと曲がります

ソールは全体的に薄いのですが、土踏まずに当たる部分は厚く、しっかりと足裏のアーチを支えてくれます。

つま先もここまで曲がります

つま先もここまで曲がります

つま先部分もやわらかく、そしてゆとりがあるため、中で指を曲げるとその感覚がしっかりわかりますし、連動して靴のつま先も曲がるため、地面をつかむ意識をしながら歩けます。まるで素足で歩いているような気分。

アスファルトの上でも、足指でぎゅっと地面をつかんで歩く感覚が味わえます

アスファルトの上でも、足指でぎゅっと地面をつかんで歩く感覚が味わえます

冒頭に記載したとおり、筆者は「巻き爪」を患っています。普通の靴では、親指と人さし指がぎゅっと密着してしまうために痛みが出ていましたが、この「たびりら」を履くと痛みがかなり軽減されました(あくまで筆者の場合です)。親指と人さし指が物理的に分離されるのはもちろんのこと、親指が靴の中でまっすぐ伸びるのが自分にはいいようです。

「たびりら」を履いて1時間ほど歩き続けても、つま先は痛くなりませんでした。また、足袋で言うところの鎌(親指と人さし指の間)の部分が指の付け根に当たって、痛くなってくるのではないかと心配していましたが、そこも大丈夫でした。

履き心地に慣れれば快適!

懸念点があるとすれば、ソールが薄く、歩行時の衝撃がダイレクトに足裏に伝わるため、最初はちょっと足裏が痛いと感じる方もいるかと思います。その場合は素足で履かずに、まず5本指ソックスを着用の上で履いてみてください。筆者は最初から素足で履いていますが、日々履いているうちにすぐ慣れてきたので、軽い散歩や通勤などの短い時間からスタートするのもいいかもしれません。

5本指ソックス×「たびりら」の相乗効果で、足指が開放的に!

5本指ソックス×「たびりら」の相乗効果で、足指が開放的に!

普段使いとしてはもちろんですが、旅先に携帯していきセカンドシューズとして使うのもありですね。素材が綿とゴムのみなので、汚れたら気軽に丸洗いできるのも魅力。

痛みの軽減に関してはあくまでも筆者個人の感想ですが、普段履いている靴につま先の窮屈さを感じている方は、試してみる価値ありですよ。

マッシー

マッシー

趣味も仕事もゲーム漬けだった人生から脱却を図り模索中。ホビーや生活雑貨記事などを書かせていただきます。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る