新製品レポート
サントリーから「オールフリー オールタイム」誕生

仕事中に飲める透明な“ビール”!? ペットボトルの「オールフリー」

サントリービールは、ペットボトル入りの透明なノンアルコールビールテイスト飲料「オールフリー オールタイム」を、2018年6月19日からコンビニエンスストア限定で発売する。

実勢予想価格は、380mlペットボトル入りで150円前後。

好調の「オールフリー」ブランドからペットボトル入りが登場

好調の「オールフリー」ブランドからペットボトル入りが登場

何もかもが新しいビールテイスト飲料

サントリー「オールフリー」は、アルコール0.00%、カロリーゼロ、糖質ゼロ、プリン体ゼロのビールテイスト飲料。もともと缶や小瓶で販売されており、ビール味を楽しめるうえに飲んだあとでもクルマを運転できるということもあり、ドライバーにも人気を博している。

とはいえ、「オールフリー」を飲むのは夜、というユーザーが今までは多かった。そこで同社は、「オールフリー」を炭酸飲料のように仕事中やスポーツ後でも飲めるように、見た目やパッケージ、そして味わいもイチから見直し。シーンを選ばずに気がねなく飲めるように液体の色を透明にし、缶ビールのイメージを壊すために新デザインのペットボトルを採用した。そんな新設計で作られたのが、「オールフリー オールタイム」だ。

サントリーは、ビールテイスト飲料には「ビールの代わり」だけではなく「無糖炭酸飲料」としての潜在ニーズがあると考察

「オールフリー オールタイム」は、味も今までの「オールフリー」とは異なる。香りとホップ由来の苦味によりビールらしい味わいを表現するのは同じだが、従来比150%の高いガス圧とほのかなライムフレーバーにより、リフレッシュできる爽やかな味わいに仕上がっているという。なお、開発段階において中身の試作は、他製品よりも圧倒的に多い100回以上も行われたとのこと。

実際に飲んでみた。

まず、キャップを開けた瞬間、ビールの香りがした。透明の液体とのギャップから、わかっていてもこのチグハグとした違和感に驚いた。そして恐る恐る飲んでみると、これまたビックリ。無糖炭酸の爽やかさがベースにあるのだが、麦とライムのフレーバーが一気に口の中に広がった。しかし、主張しすぎていない。おそらく高めのガス圧による炭酸の刺激を同時にしっかりと感じられるからだろう。そして後味に、ホップの心地よい苦味がほのかに残る。めちゃくちゃ飲みやすくておいしい。全体的にすっきりとした飲み口とキレにより、ゴクゴクと飲めてしまった。

ビールらしい味わいを残しつつ、黄金色の源である麦芽の使用量を抑えて透明な色を実現。これがビールテイストだとは、なかなかイメージがつきにくい

380mlのペットボトルのパッケージも、斬新だ。フォルムは、500mlのペットボトルを短くしたような形。事実、500mlのペットボトルとほぼ同じ太さだという。キャップは、「大人向けの嗜好飲料」であることを伝えるために、炭酸飲料では珍しい黒色を採用している。

容量も飲料では珍しい380ml

容量は、飲料では珍しい380ml

ビールテイスト飲料だが、ビジネスシーンやスポーツ後など、日中に飲むことも想定されている

ビールテイスト飲料だが、ビジネスシーンやスポーツ後など、日中に飲むことも想定されている

パッケージフィルムの切り取り線の上に、ジッパーのイラストが描かれていてかわいい

パッケージフィルムの切り取り線の上には、ジッパーのイラストが描かれていてかわいい

パッケージのフィルムをはがすと、側面にはエンボス加工が施されている。全部で3種類あるという

パッケージのフィルムをはがすと、側面にはエンボス加工が施されている。デザインは全部で3種類あるという

【まとめ】炭酸水の欠点を解消した1本

「オールフリー オールタイム」は、飲んだ瞬間に感じる刺激と、味の厚み、そして後ギレのよさが魅力。爽快感はあるが味わいが少ない無糖炭酸水の“物足りなさ”や、逆に味わいはあるが口にべたつきが残ってしまう有糖炭酸水の“後キレのなさ”を見事に解消していると言える。

なお、同飲料は発売に合わせて全国約30万本のサンプリングが実施される予定。初めて飲むときは、「ビール」「炭酸水」「ノンアルコールビール」といった固定観念を取っ払ってから飲んでほしい。まったく新しい体験ができるはずだ。

牧野裕幸(編集部)

牧野裕幸(編集部)

月刊アイテム情報誌の編集者を経て価格.comマガジンへ。家電のほか、ホビーやフード、文房具、スポーツアパレル、ゲーム(アナログも含む)へのアンテナは常に張り巡らしています。映画が好きで、どのジャンルもまんべんなく鑑賞するタイプです。

関連記事
お酒のその他のカテゴリー
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る