レビュー
東京・下北沢にある超行列店「旧ヤム邸」を訪問!

「食べログ カレー 百名店」印のレトルトカレーを実店舗のカレーと食べ比べてみた!

今、東京のグルメシーンでは、スパイスカレーが話題となっています。その立役者と言えるのが、2017年大阪から東京進出を果たした「旧ヤム邸」。大阪の空堀店と中之島洋館は「食べログ カレー 百名店 2017」にも選出されましたが、同店を含む百名店が監修して人気となっているのが、2018年夏に発売されたハウス食品の「ハウス 選ばれし人気店」というレトルトカレーシリーズです。

「旧ヤム邸」のほか、横浜の「アルペンジロー」、千葉の「印度料理シタール」がそれぞれ監修しています

「旧ヤム邸」のほか、横浜の「アルペンジロー」、千葉の「印度料理シタール」がそれぞれ監修しています

「旧ヤム邸 シモキタ荘」で食べ比べ体験

そこで気になるのは、監修レトルトカレーと実店舗の味の違い。そこで3店の中から「旧ヤム邸」の東京1号店である「旧ヤム邸 シモキタ荘」に取材を依頼し、特別にお店のカレーとレトルトカレーをその場で食べ比べさせてもらいました!

東京・下北沢駅から歩くこと約7分。「旧ヤム邸 シモキタ荘」へ

東京・下北沢駅から歩くこと約7分。「旧ヤム邸 シモキタ荘」へ

まずは簡単に、「旧ヤム邸」の紹介から。ここは“大阪空堀から世界へ”を合言葉に進化し続ける、スパイスカレーのパイオニア的存在です。ちなみに、「そもそもスパイスカレーってナニ?」という人もいると思いますので、こちらも解説を。歴史的背景や奥深い食文化などがからんでおり、簡単に説明することはできないのですが、「小麦粉によるカレー粉やルウは使わずに独自で調合したスパイスを使う」「カレーの既成概念にとらわれずに自由な発想で作る」などの特徴があります。

メニューはランチとディナーで異なります。しかも通年で固定されたカレーはなく、内容は月替わり

メニューはランチとディナーで異なります。しかも通年で固定されたカレーはなく、内容は月替わり

取材時には、ランチタイムに提供するカレーを作ってもらいました。メニュー構成自体はシンプルで、3種用意されたカレーから2種を選んで「あいがけ」(1,100円)にするか、3種全部の「ぜんがけ」(1,350円)にするか。そのうえで別途、パクチーや温泉玉子などを追加トッピングできます。できるだけいろいろ味わいたい筆者は、迷わず「ぜんがけ」をオーダーしました。

8月(訪問時)のカレー3種を盛り付けた「ぜんがけ」

8月(訪問時)のカレー3種を盛り付けた「ぜんがけ」

カレーの正式名称は長いので割愛しますが、省略すると「鶏キーマ」「豚キーマ」「牛豚キーマ」。これに「ヤムカレースープ」が付きます。そして、同店はご飯も選べるのがポイント。玄米、ジャスミンライス、ターメリックライスの3種があり、今回は玄米をチョイスしました。

メインのカレーはキーマなのが「旧ヤム邸」の特徴のひとつ。しかもそれぞれのカレーに合わせた惣菜がのっていて、多彩な味の組み合わせが楽しめます

お次は、特別に同店のご飯と器で、レトルトカレーである「ハウス 選ばれし人気店 牛豚キーマカレー」を作ってもらいました。ちなみに同商品には、最新型のパウチが採用されていて、袋のまま電子レンジで調理できます。

さすがは本物。パッケージそのままのルックスで提供してくれました

さすがは本物。パッケージそのままのルックスで提供してくれました

具材としてゴボウ、ブナシメジ、クワイなどがたくさん入った、ソースが多めのキーマカレーです。ご飯はこちらも玄米をセレクト

並べて比較するとより顕著。お店で提供されているほうが、ペースト感のあるキーマカレーです

並べて比較するとより顕著。お店で提供されているほうが、ペースト感のあるキーマカレーです

いよいよ食べ比べてみました。お店の「ぜんがけ」のほうは、カレーごとにスパイス感や辛さ、酸味などが異なり、そこにピクルスの甘みや惣菜(この日はタコのアジアンマリネやモロヘイヤ&オクラなど)の味と食感が加わり、極めて重層的かつ複雑なフレーバー。スパイスに関しては、特にカルダモンが効いている印象で、チリ由来の辛さもそれなりに感じます。混ぜ方によってひと口ごとに変化する味わい、口に運んだ時と飲み込んだあとでまったく違う風味。独特でいて、ヤミツキ感が抜群の激ウマカレーです。

次いでレトルトカレーも実食。最初にダシ感のある和のフレーバーがフワッと主張し、そのあとにスパイスの余韻がじんわりと広がります。レトルトのカレーとしては、非常に個性が強く唯一無二と言えるレベル。スパイスはこちらもカルダモンが効いていて、ほかにマスタードシードのニュアンスも感じました。辛さはメーカーの設定としては5段階中4の「中辛」なので、やや辛めと言えるでしょう。ただ、お店のカレーよりは控えめな気がしました。総合的には、斬新でありながら完成度が高くて抜群においしいと思います。

レトルトカレーは、パワフルなスパイス香が印象的で、なじみのあるトロッとしたテクスチャー。食感で最も印象的だったのは、クワイのシャキシャキ感です

レトルトカレーの感想としては、「旧ヤム邸」らしさは感じるものの、お店の味を再現しているようには思えませんでした。ただ、そもそも同店には固定されたカレーがありません。それに、数種のカレーや惣菜、スパイスなどが合わさって初めて“「旧ヤム邸」のカレー”になるので、1袋のレトルトで再現するのは難しいとも思います。そこで、お店の人にレトルトの味作りに込めた思いを聞いてみました。

「旧ヤム邸 シモキタ荘」のスタッフ遠藤僚さん(左)と西嶋勇さん(右)

「旧ヤム邸 シモキタ荘」のスタッフ遠藤僚さん(左)と西嶋勇さん(右)

「重きを置いた点は、再現性よりもレトルトにおけるスパイスカレー感です。再現というより表現なのですが、ひとつのレトルトで『旧ヤム邸』らしさを表現するのはかなり難しかったですね。最終的にポイントになったのは、スパイスの中でもカルダモンの風味を効かせることと、和風のダシを使うこと。スパイスはなるべくウチらしさが出るように調合して、和風に関してはダシのほかに伝統野菜を入れる形で工夫しました。なお、スパイスの風味は立っていますが、あえてトマトベースを豊かにしているので食べやすくなっていると思います。ぜひ多くの方に、スパイスカレーの入門としてレトルトカレーも味わってみていただきたいですね」

レトルトカレーをよりおいしく楽しむコツも聞いてみました。たとえば、「ご飯を玄米にする」「ネギやパクチー、ピクルスなどを添える」といったことがあげられるそうです。また、香りをより楽しみたい場合は、カルダモン、タイム、ローズマリーといったスパイスやハーブを、できればパウダーではなく生のまま入れるのがオススメとか。

ネギとパクチーをトッピングしてもらいました。爽やかさが加わって、楽しみ方が広がります!

ネギとパクチーをトッピングしてもらいました。爽やかさが加わって、楽しみ方が広がります!

「アルペンジロー」と「印度料理シタール」は普通に食べてみた

「アルペンジロー」監修の「ハウス 選ばれし人気店 特製ビーフカリー」

「ハウス 選ばれし人気店」シリーズの残り2つは、「アルペンジロー」と「印度料理シタール」。こちらはそれぞれ、自宅で作ってみました。まずは「アルペンジロー」から。

「ハウス 選ばれし人気店 特製ビーフカリー」

「ハウス 選ばれし人気店 特製ビーフカリー」

「アルペンジロー」は1985年創業の老舗。当時ではまだ珍しいスープ仕立てのカレーに、鉄板で豪快に焼いたステーキを添えたダイナミックなビジュアルが話題を呼び、一躍人気となった名店です。店名の由来や山小屋をイメージした内装は、先代のオーナーが元々スキー場で宿泊ロッジ「アルペンジロー」を営んでいたことから。

盛り付けてみると、サラっとしたカレーは確かに同店らしいテクスチャー。肉や野菜のウマみあふれる香りと、その奥で存在感を放つ複雑味のあるスパイスフレーバーが絶妙です

野菜はソースに溶け込んでいて、具材は肉のみ。ビーフがしっかりと入っていて、リッチなボリューム感です

野菜はソースに溶け込んでいて、具材は肉のみ。ビーフがしっかりと入っていて、リッチなボリューム感です

食べてみると、玉ネギを中心とした香味野菜の甘みとウマみが飛び込んできて、あとから豊かなスパイス感とビターな苦みがじわじわと口の中に広がります。辛さのレベルは3の「中辛」。ほどよい刺激が円熟したコクとあいまって、どっしりとしたおいしさを醸し出しています。

「印度料理シタール」監修の「ハウス 選ばれし人気店 バターチキンカレー」

「ハウス 選ばれし人気店 バターチキンカレー」

「ハウス 選ばれし人気店 バターチキンカレー」

千葉県・検見川の人気カレー店と言えば「印度料理シタール」。店主の増田泰観マスターが大学時代に食べて衝撃を受けたのが、麹町の伝説的名店「アジャンタ」のインドカレー。マスターはすぐにそこでアルバイトを始め、大学卒業後もいくつかの店で経験を積み、さらには再び「アジャンタ」に戻り、独立して「印度料理 シタール」を開業したのが1981年です。

濃厚でまろやかなテクスチャー。バターチキンらしいオレンジの色味は、生クリームとトマトによるものでしょう

チキンはやわらかく、味がしっかりと染み込んでいます。これは、下味を付けることで香ばしい風味を狙っているそう

「印度料理シタール」の特徴は、日本人の口に合うようやさしく、食べやすくととのえたインドの味です。実際にレトルトカレーも、その魅力を存分に感じられるマイルドなおいしさ。トマトの甘みと酸味をやさしく調和させるのは、生クリームのまろやかなコクと、爽やかに広がる香辛料の刺激です。辛さレベルは2の「中辛」で、食べやすく仕上げられていながらもモノ足りなさは感じません。もっと辛くしたい人は、チリパウダーなどで調整するといいでしょう。

【まとめ】

3つの名店が監修したレトルトを食べて感じたのは、普通のカレーにはない個性、そして監修店のレベルの高さです。筆者が今回訪問したのは「旧ヤム邸 シモキタ荘」だけでしたが、「アルペンジロー」と「印度料理シタール」にも行って、話を聞いてみたくなりました。そして今後、「ハウス 選ばれし人気店」の商品が増えることにも期待したいと思います!

【「食べログ」内のお店ページのリンク集】
旧ヤム邸 シモキタ荘
旧ヤム邸 空堀店
アルペンジロー 本店
印度料理シタール

中山秀明

中山秀明

食の分野に詳しいライター兼フードアナリスト。雑誌とウェブメディアを中心に編集と撮影を伴う取材執筆を行うほか、TVや大手企業サイトのコメンテーターなど幅広く活動中。

関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る