松田さんのコラボカップ麺チェック
食べて5秒で汗だく!

興味本位はダメ! 万人向けレベルではない辛さの「辛辛魚(からからうお)」まぜそばカップ麺


有名ラーメン店監修のコラボカップ麺と、お店の味を食べ比べる本連載。今回は、「麺処 井の庄(めんどころ いのしょう)」(東京都練馬区)の代表メニュー「辛辛魚(からからうお)らーめん」と、寿がきやのカップ麺「寿がきや 麺処井の庄監修 辛辛魚まぜそば」をガチンコで食べ比べ。「特製辛辛魚粉」の再現度などを、徹底チェックしていきます。

まるで、超激辛カレーを食べているかのよう

西武池袋線・石神井公園駅から徒歩数分の場所にある、人気のラーメン店「麺処 井の庄」。同店の名物メニューは、なんと言っても、「辛辛魚(からからうお)らーめん」。魚粉と唐辛子が入り交じった「特製辛辛魚粉」が赤いスープにふりかかり、麺をすする前から、視覚に訴えかけてきます。

実は、この辛辛魚らーめん。これまで、幾度となくカップ麺として登場している“常連組”でもあります。「辛辛魚という文字を、コンビニの棚で見かけたよ」「辛辛魚? 何か見たことあるかも」という方も少なくないのでは。

意外にも、本連載で辛辛魚らーめんを取り上げるのは、今回が初めて。最新作のコラボカップ麺「辛辛魚まぜそば」が発売されたというので、お店の辛辛魚ラーメンと食べ比べてみることにしました。

麺処 井の庄で、「辛辛魚らーめん」(880円)+「味玉」(100円)を注文!

麺処 井の庄で、「辛辛魚らーめん」(880円)+「味玉」(100円)を注文!

辛辛魚ラーメンの中央。山盛りになっているのは、魚粉と唐辛子が入り交じった特製辛辛魚粉

辛辛魚ラーメンの中央。山盛りになっているのは、魚粉と唐辛子が入り交じった特製辛辛魚粉

食べて5秒で汗だくになってしまった、トロトロのとろみスープ。かつお節の香りが際立ち、魚介の旨みがギューッと凝縮されているのがよくわかります

麺は平打ち。太麺の縮れ麺でも、十分にマッチしそうな気もしましたが、意外にも、やや細麺でした。スープとよくからみます

もはや、既成のラーメンではない“何か”。超激辛カレーに近い味わいです。ちょっと余談ですが、この辛さをカレーファンに届けるなら、デリー 上野店の名物メニュー「カシミールカレー」の辛さを少しだけ弱めたほど、ハイレベルな激辛ぶり。とろみのあるスープのせいもあって、食後感は完全に、カレーを食べたかのようです。

さて、冷静に分析してみると、スープは、つけ麺のつけ汁を凝縮したようなとろみがあり、濃厚な魚介エキスを楽しめます。さらに、その上には、強烈な辛さの特製辛辛魚粉。スープになじみ、スープの辛さとコクが一気に増す印象です。

食べて5秒。一気に、汗だくになります。(よい意味で)舌と胃が痛くなる快感です。さらに、鋭い辛さの中にも甘みを感じ、クセになって箸が止まりません。あと、具材の中では、巨大なトロトロチャーシューがウマすぎでした。都内ラーメン店でも指折りの存在感と、クオリティかも。

麺処 井の庄。西武池袋線石神井公園駅下車 西口より線路沿い徒歩1分。石神井公園駅から156m。営業時間 月〜金が11:00〜15:30、17:00〜23:30土・日・祝が11:00〜23:30(スープがなくなり次第終了)。日曜営業。(2019年8月2日時点、食べログより)

ウマいけど、激辛すぎた

お店の味を楽しんだ後は、辛辛魚らーめんをベースに作られたカップ麺「寿がきや 麺処井の庄監修 辛辛魚まぜそば」(281円)を食べて、再現度をチェックしていきます。

寿がきやが発売したカップ麺「麺処井の庄監修 辛辛魚まぜそば」を食べて、お店の味と比べてみます!

寿がきやが発売したカップ麺「麺処井の庄監修 辛辛魚まぜそば」を食べて、お店の味と比べてみます!

カップの中には、後入れ粉末スープ、後のせかやく、液体スープが入っていました。すべて、後のせという点がポイント

麺は、お店の辛辛魚ラーメンと同様に、平打ちの細麺タイプ。かやくやスープが後のせなので、「麺のみをお湯で戻す」ということになります

カップ上部をめくると、湯切りが見えました

カップ上部をめくると、湯切りが見えました

熱湯を入れて4分。お湯を捨た後、液体スープを入れて、よくかき混ぜます

熱湯を入れて4分。お湯を捨てた後、液体スープを入れて、よくかき混ぜます

かやくは海苔などが入っており、まるで、ふりかけのようです。辛辛魚粉を再現した粉末スープをかけて、完成!

お店の辛辛魚ラーメンと同様に、粉末スープを山のようにかけてみました

お店の辛辛魚ラーメンと同様に、粉末スープを山のようにかけてみました

麺は平打ちで、お店の雰囲気をよく再現しています。かなり、クリソツです

麺は平打ちで、お店の雰囲気をよく再現しています。かなり、クリソツです

一番のポイントは、「後のせのかやく」の採用。かやくは、乾燥ネギや海苔が入っており、見た目も味も、ふりかけのようです。具材で言えば、トロトロの絶品チャーシューがないのは、ちょっと残念かも。

なかでも、辛辛魚粉の再現度がすごい! とても辛い! 少し離れた場所でも、強烈な香りがただよいます。実際に食べてみると、5秒で汗だく。(よい意味で)舌と胃がキリキリと痛くなる快感、この覚えのある刺激! 汗が噴き出すようすは、もはや、お店とまったく同じです。

ちなみに、辛辛魚粉を避けて、どんぶりの外側から食べても辛いです。液体スープ自体の辛さも、しっかりしています。もはや、万人向けではない辛さ。これは、興味本位で買うと正直、後悔してしまうレベルかも。辛いモノ好きの、選ばれし勇者のみがチャレンジするといいかも。

今回の再現度は?

<いいところ>タレの辛さやコク、麺はお店とほぼ同じ。辛辛魚粉の再現度が特にすごい
<気になるところ>辛さが強すぎるので、辛いモノが相当好きな方でなければキツいかも

スープ(タレ)の再現度:★★★★★
麺の再現度:★★★★★
具材の再現度:★☆☆☆☆
食べごたえの再現度:★★☆☆☆
コスパ:★★★☆☆

お店とコラボカップ麺。激辛2連戦に、すっかりK.Oされてしまった筆者。夏本番とは言え、今回はちょっと刺激が強かったかも! とは言え、辛さの中にもウマみあり。その点だけでは、しっかりと付け加えておきたいと思います

松田真理(編集部)

松田真理(編集部)

デジタル製品全般からホビーやカップ麺・スナック菓子まで、オールジャンルをカバーする編集部員。大のプロレス好き。読み方は、まつだ・しんり。

カップ麺・インスタント食品のその他のカテゴリー
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る