ニュース
国内No.1飲料ブランドの無糖レモン水

炭酸が苦手な人に朗報! 甘くない無糖の“サントリー天然水レモン”誕生

サントリー食品インターナショナルは、国内No.1飲料ブランド「サントリー天然水」から、無糖のレモン水「サントリー天然水 Clearレモン」を3月24日より発売する。

「サントリー天然水 Clearレモン」(540mlペットボトル)のメーカー希望小売価格は144円(税込)

「サントリー天然水 Clearレモン」(540mlペットボトル)のメーカー希望小売価格は144円(税込)

サントリーは、レモンフレーバーの商品開発を20年以上続けており、「C.C.レモン」や「はちみつレモン」など、多くのヒット商品を生み出してきた。今回、これまでのレモンに関する知見と、“清冽(せいれつ)なおいしさ”がコンセプトの「サントリー天然水」を生かし、「サントリー天然水 Clearレモン」を開発した。

“搾りたてのようなレモンのおいしさ”が楽しめる

そもそも開発の背景には、日常生活の水分補給において、「できるだけストレスを感じることなく、ラクにリフレッシュしたい」という消費者ニーズに応えることが目的として掲げられていた。

健康意識が強い、あるいはストレス社会の悩みを抱える現代人は、本能的にレモンの酸味や香り、色を欲するとか。実際、無糖RTD(Ready To Drink/購入後すぐに飲める飲料)の「レモン」や酒類RTD(Ready To Drink)の「レモンサワー」市場が伸長している

そこで、通常よりも低い温度で殺菌処理を行うことで、有機レモンのみずみずしい味わいを残すことに成功。ストレスのない飲み心地と、満足感がありながらもラクにリフレッシュできる中味に仕上げている。

実際に飲んでみた。

中身の液体は無色透明

中身の液体は無色透明

キャップを開けた瞬間、レモンの香りが広がった。目をつぶっていると、本物のレモンの皮に鼻を近づけていると勘違いしそうなほど果物のレモンに近い香りだ。

味わいはいたってシンプル。雑味のない有機レモン果汁の酸味が口の中に広がる。といってもレモンの味は強いわけではないので、ゴクゴク飲める。飲んだあと、口の中がさっぱりするのもうれしいポイントだ。炭酸が苦手な人にぴったりな無糖のレモン果汁入り飲料水と言えよう。

人気の無糖炭酸水がリニューアルしておいしくなった!

「レモン×サントリー天然水」と言えば、2018年に発売されて以来好評の「サントリー天然水 スパークリングレモン」がある。これをはじめとした「サントリー天然水 スパークリング」シリーズが刷新され、3月10日よりリニューアル発売される。

「サントリー天然水 スパークリングレモン」(500mlペットボトル)のメーカー希望小売価格は110円(税込)

「サントリー天然水 スパークリングレモン」(500mlペットボトル)のメーカー希望小売価格は110円(税込)

先述の「サントリー天然水 Clearレモン」と同じように、“搾りたてのようなレモンのおいしさ”に徹底的にこだわり、みずみずしいレモンの味わいをさらに強化。朝摘みの有機レモン果汁を使用し、これまでの同社商品の中で最も低い温度で殺菌処理を行うことで、レモンのかつてなくみずみずしい味わいを実現しているという。

実際に飲んでみた。

新「サントリー天然水 スパークリングレモン」と、プレーンの「サントリー 南アルプススパークリング」に搾りたてのレモン果汁を入れたもの、そして一般的なレモンフレーバー炭酸水を飲み比べた

一般的なレモンフレーバー炭酸水を飲んでみると、レモンの味はするが少しケミカルのような雑味を感じた。言わば“作られたレモン味”という味わい。

いっぽうで、「サントリー 南アルプススパークリング」に搾りたてのレモン果汁を入れたものは、まさにレモン炭酸水。みずみずしいレモンの味わいと強炭酸による爽快な刺激をシンプルに楽しめた。驚きだったのは、それと「サントリー天然水 スパークリングレモン」の味わいはほぼ同じだったこと。より果物としてのレモンの味わいが楽しめるようになったわけだ。

「サントリー天然水 スパークリングレモン」のほか、「サントリー 南アルプススパークリング」や「サントリー 奥大山スパークリング」、「サントリー天然水 スパークリングオレンジ」もリニューアル。「サントリー 南アルプススパークリング」と「サントリー 奥大山スパークリング」は、パッケージのみのリニューアルだが、「サントリー天然水 スパークリングオレンジ」は、「レモン」と同様、“搾りたてのおいしさ”にこだわり、中味を設計している

「サントリー天然水」ブランドからは、ほかにも新作が登場。

水のようにラクに飲めるお茶「サントリー天然水 澄みわたるお茶」と、ペットボトルの改良により5年間の保存が可能になった「サントリー 南アルプスの天然水 備蓄用」(500mlペットボトル)が発売された。

「サントリー天然水 澄みわたるお茶」は、2020年2月25日より発売。メーカー希望小売価格は、144円(税込)

「サントリー天然水 澄みわたるお茶」は、2020年2月25日より発売。メーカー希望小売価格は、144円(税込)

「サントリー 南アルプスの天然水 備蓄用」は、2020年2月18日より発売。メーカー希望小売価格は、154円(税込)

牧野裕幸(編集部)

牧野裕幸(編集部)

月刊アイテム情報誌の編集者を経て価格.comマガジンへ。家電のほか、ホビーやフード、文房具、スポーツアパレル、ゲーム(アナログも含む)へのアンテナは常に張り巡らしています。映画が好きで、どのジャンルもまんべんなく鑑賞するタイプです。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
ページトップへ戻る