選び方・特集
辛さ、酸味、うまみ……。味の決め手はさまざま!

味は千差万別! スーパーで買える定番「キムチ」8商品をプロがガチ比較

夏は、食欲を刺激する辛いものが食べたくなる季節。いっぽう冬は、辛いもので身体の芯から温まりたくなります。そして「肉の日」(29日)は、ほぼ毎月やって来る。ということで今回は、焼肉に欠かせない辛い前菜であり、鍋では調味料としても活躍してくれる「キムチ」を食べ比べます。

キムチといっても、白菜キムチや大根のカクテキ、キュウリのオイキムチなどがありますが、今回は定番の白菜キムチをピックアップ。身近なスーパーで入手しやすい商品を中心に、辛み/甘み/酸味/うまみ/味の濃さの5項目の採点付きで評価しました。

スーパーで入手しやすい商品を中心に8種類をセレクト!

スーパーで入手しやすい商品を中心に8種類をセレクト!

なお、キムチは酸味やうまみが熟成度合い(製造日からどれぐらい経っているか)で変わるので、寝かすほど酸味やうまみが増します。今回食べ比べた8品はすべて同一の日に買い集め、なるべく差が出ないようにしていますが、味の変動が生じることをご了承ください。

キムチの定番8商品をガチ比較!

(1)東海漬物「こくうま」

「こくうま」は、良質な国産白菜を原料に、日本人の味覚にこだわった、コク、うまみ、辛みのバランスの取れたキムチです。唐辛子とイカとかつおのエキスに加えて、ホタテエキスやカキエキス、醬油などが加えられていて、「ご飯に合う」がコンセプトになっています。

内容量:320g、エネルギー:49kcal(100g当たり)

内容量:320g、エネルギー:49kcal(100g当たり)

ファーストインプレッションは、豊かなうまみに起因する味の濃さ。「こくうま」とはシンプルな表現ですがまさにそのとおりで、ストレートなしょっぱさではなくコクがあって、いわゆるグルタミン酸系のボトムのある、芯が通った味の濃さです。

辛さが強めなところも味の濃さに影響しています。特に余韻として増していく辛さが印象的。甘みや和風だしではない方向性で日本人が好みそうな味を狙った、完成度の高いキムチです。比較的辛さは強めながら、人気が高いのもうなずけます。

ネーミングどおり、うまみが濃く、完成度の高さを感じます

ネーミングどおり、うまみが濃く、完成度の高さを感じます

(2)ピックルス「ご飯がススムキムチ」

本商品は、かつお節などの魚介のうまみと、ヤンニョム(韓国の辛み調味料)がご飯によくからみ、“ご飯が進む”キムチです。一般的なキムチに比べて辛さは控えめ。辛い食べ物が苦手な人でもおいしく食べられます。また、独自の植物性乳酸菌を配合しているのもポイント。

内容量:200g、エネルギー:50kcal(100g当たり)

内容量:200g、エネルギー:50kcal(100g当たり)

実際に食べてみると、甘みが際立っていて、かつおのダシ感も豊か。とろみが強めなのも特徴で、ネーミングどおりにご飯にからみそうです。その点で、あえて似ている料理をあげるとすれば「べったら漬け」。

ただ、韓国人が食べたら違和感があるだろうなと思うレベルで、かなり日本人向けな気がします。子どもにはいいかもしれません。ほどよい酸味とあいまって、フルーティーなニュアンスを醸し出しているので、一般的には「キムチはワインにあまり合わない」とされていますが、これは比較的ワインともマッチするキムチだと思います。

辛さ控えめで甘みの強い、日本人の味覚に寄り添ったキムチ

辛さ控えめで甘みの強い、日本人の味覚に寄り添ったキムチ

(3)フードレーベル「牛角 韓国直送キムチ」

本場韓国から直輸入した、焼肉専門店「牛角」ブランドのキムチ。味の決め手は唐辛子とニンニク。氷温熟成を行ったこだわりのタレにより、辛さの中にも甘みと深みのある濃厚な味わいを引き出しました。

内容量:330g、エネルギー:82kcal(100g当たり)

内容量:330g、エネルギー:82kcal(100g当たり)

辛みが弱めで甘みは豊か。総じて味は濃いめで、焼肉にも負けないパワーを感じさせるところは、さすが「牛角」のキムチです。

トレイではなくフタ付きボックス型を採用しているからか、汁が多めでヤンニョムもたっぷり。ところどころに肉厚な葉もあって、バラエティに富んだ食感も楽しいです。比較的カロリーが高めで、賞味期限の長さも気になりますが、少しずつ食べたい人にはいいかもしれません。

ガッツリした料理と合わせても存在感を失わない、しっかりした味わい

ガッツリした料理と合わせても存在感を失わない、しっかりした味わい

(4)モランボン「韓キムチ」

白菜、唐辛子、塩辛など、主要な原材料は韓国農水産物を厳選し、本場韓国ならではの技術で作り上げたモランボンの「韓キムチ」。アミ塩辛とイワシ塩辛のコクと、白菜のシャキシャキした食感が特徴で、植物性乳酸菌が生きた、本格的な熟成キムチです。

内容量:400g、エネルギー:60kcal(100g当たり)

内容量:400g、エネルギー:60kcal(100g当たり)

全体的にあっさりめで、その分だけ酸味がやや立っている印象です。辛みはそこそこあるものの、キレがあるのでグイグイ攻めてはきません。葉が小さめなのが少し残念なポイントです。

こちらも、先述の「牛角 韓国直送キムチ」と同様に賞味期限が割と長め。フタ付きボックスは、賞味期限が長くなる傾向にあるようです。

乳酸菌の酸味を感じさせる、キレのあるタイプ

乳酸菌の酸味を感じさせる、キレのあるタイプ

(5)美山「イチオシキムチ」

国産白菜を始め、厳選した原料と自社製造のヤンニョムを使用し、リンゴの甘みと塩辛のうまみを重視した味付けが特徴の「イチオシキムチ」。「プレミアム植物乳酸菌LB27」が1,600億個も入っているので、健康志向の人にもオススメです。

内容量:200g、エネルギー:49kcal(100g当たり)

内容量:200g、エネルギー:49kcal(100g当たり)

「ご飯がススムキムチ」を思わせる少年っぽいキャラクターがパッケージに描かれていますが、まったくの別会社です。ただ、味の方向性は辛さ控えめ&甘さ強めで近しいものを感じます。こちらのほうが甘みは強過ぎず、より万人受けしそうです。

乳酸菌と書いてありますが、そこまで酸味は強くなく、全体的にクセがなくて食べやすい仕上がり。汁が多く、さらにとろみもあって、好みは分かれるかもしれませんが、日本には好きな人が多そうです。

辛み、甘み、酸味のどれも突出していない、バランスのよい味わい

辛み、甘み、酸味のどれも突出していない、バランスのよい味わい

(6)イケガミ「宮廷キムチ」

伝統製法の手作業にこだわり、新鮮な国産白菜と、天日塩を使用したキムチ。白菜1枚1枚に振り塩をして漬け込み、アミエビやイワシの塩辛をていねいに挟み込んで作られています。

内容量:200g、エネルギー:64kcal(100g当たり)

内容量:200g、エネルギー:64kcal(100g当たり)

塩味と酸味が前に出ていて、甘さはほぼなく、辛さはほどほど。独特なボディ感のあるうまみが効いていて、好き嫌いが分かれるかもしれません。あえて日本の漬物をあげるとすれば、ぬか漬けのような立ち位置です。

葉は肉厚な印象で食べ応えがあります。商品名は「宮廷」ですが、“リッチ”や“上品”といった高級感はそこまで突出していないと思われます。

甘さは控えめ。クセのある味わいにハマる人、ハマらない人がはっきりと分かれそう

甘さは控えめ。クセのある味わいにハマる人、ハマらない人がはっきりと分かれそう

(7)秋本食品「王道キムチ」

新鮮な国産白菜と、大根、玉ねぎ、生姜、唐辛子など、10種類の具材を使用。白菜の葉1枚1枚に手塗りして重ねて作る、韓国伝統の「重ねキムチ」です。乳酸発酵を安定させることでゆるやかに酸味が増して、独特のうまみを醸し出します。

内容量:200g、エネルギー:61kcal(100g当たり)

内容量:200g、エネルギー:61kcal(100g当たり)

しっかりとした辛みと、凝縮感のあるうまみ。汁も少なく、ていねいに重ねながら漬け込んだ仕上がりになっています。そして、葉も肉厚かつ大きめ。

パッケージには「重ねキムチNo.1」と書かれており、「重ねキムチ」というジャンルがあることを知りませんでしたが、No.1の名に恥じぬ、納得できるクオリティの高さです。本場というか自家製感というか、この正統派な味わいにハマるファンは多いと思います。

素朴ながらも本格的なおいしさは、まさに手作りの味

素朴ながらも本格的なおいしさは、まさに手作りの味

(8)成城石井「白菜キムチ」

チーズケーキ、フォー、いちごバター、モーモーチャーチャーなど、数々の名作をラインアップする成城石井。同社のキムチもファンが多く、本稿としては外せない1品です。韓国随一の産地・英陽(ヨンヤン)の唐辛子を使用したヤンニャムで、国産白菜を漬けています。

内容量:250g、エネルギー:64kcal(100g当たり)

内容量:250g、エネルギー:64kcal(100g当たり)

第一印象は、ヤンニョムの多さと、深紅なルックスの鮮やかさで、よい素材を多く使っていることは一目瞭然。とはいえ、赤色の濃さに反して辛さはそれほどではなく、むしろ辛さは控えめです。

フルーティーで自然な甘みと、ダイナミックなうまみが強く、素材のよさを良質な調味料で引き出しているのが、目だけでなく舌でもよくわかります。濃厚ではないながらも味の厚みは豊かで、キムチ的な主張は弱いかもしれませんが、説得力のあるおいしさ。葉の食べ応えも抜群です。

良質な素材ならではのうまみが際立つ、重厚感のある味わい

良質な素材ならではのうまみが際立つ、重厚感のある味わい

【まとめ】市販キムチも個性があって千差万別!

ダシやうまみを強調した日本人向けの商品から、乳酸菌発酵が強めの本格派まで、食べ比べてきました。市販されているキムチは、よくよく比較してみると個性があって千差万別。筆者が独断で選んだNo.1商品を紹介します。

・個人的オススメNo.1:東海漬物「こくうま」
・高級感No.1:成城石井「白菜キムチ」
・本格度No.1:秋本食品「王道キムチ」
・甘さNo.1:ピックルス「ご飯がススムキムチ」

焼肉の日の箸休めに、終わらない夏の暑気払いに、冬はチゲの素材として、キムチは欠かせない存在です。ぜひ自分好みの1品を見つけて、おいしいおうち時間を過ごしましょう!

豚キムチ炒めなどの定番料理も、キムチを変えれば味わいが変わります! ぜひお試しを

豚キムチ炒めなどの定番料理も、キムチを変えれば味わいが変わります! ぜひお試しを

中山秀明

中山秀明

食の分野に詳しいライター兼フードアナリスト。雑誌とウェブメディアを中心に編集と撮影を伴う取材執筆を行うほか、TVや大手企業サイトのコメンテーターなど幅広く活動中。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る