レビュー
名前も味わいもインパクト強め!

新・袋麺「日清これ絶対うまいやつ!」は本当に絶対ウマいのか!? プロが検証

2020年9月14日、日清食品は、「袋麺の新スタンダード」「今年いちばんのオススメ新商品」として、「日清これ絶対うまいやつ!」を発売しました。

「絶対」と聞いて、筆者は椎名林檎の名曲「ギブス」の一節を思い出しました。

「あなたはすぐに絶対などと云う あたしは何時(いつ)も其(そ)れを厭(いや)がるの だって冷めてしまっちゃえば 其れすら噓になるじゃない」(「ギブス」から引用)

それはさておき、もちろん冷める前に食べたとして、はたして本当に「絶対うまい」のでしょうか。「Don't U θink?」ということで、「背脂醤油」「濃厚味噌」「豚骨醤油」の全フレーバーを食べ比べ。また、既存ブランドとの違いを確かめるために、「日清ラ王 袋麺 醤油」も食べて、それぞれの特徴を浮き彫りにしたいと思います。

話題の新商品3品+王道1品を食べ比べ!

話題の新商品3品+王道1品を食べ比べ!

国道沿いの濃厚なラーメンを再現した新シリーズ

今回紹介する日清食品の新しい袋麺、その印象的な商品名は、「見た目からしておいしそう」という意味で最近よく使われるセリフが由来。若いパパママのファミリー層がターゲットとのことで、こういうネーミングになったのでしょう。

味のコンセプトは、国道などのロードサイドにあるラーメン店の1杯。あの濃くておいしそうな見た目と香りに、思わず「これ絶対うまいやつ!」と言ってしまうような1杯を再現しています。

味は、「背脂醤油」「濃厚味噌」「豚骨醤油」の3種類が同時リリースされました。それぞれ背脂、香味野菜油、黒マー油でパンチのあるフレーバーをきかせています。

背脂の甘みとニンニクの香味がきいた「背脂醤油」

それではさっそく、各商品の味をチェックしてみましょう。

まずは「背脂醤油」から。鶏をベースに背脂のコクをプラスした濃厚な醤油ラーメンです。麺はノンフライ中細ストレート麺。

パッケージに書かれているとおりの工程と茹で時間で調理していきます。手順は従来の袋麺と同様で実にシンプル。丼に付属のスープを入れて、お湯で溶かせば準備完了。別の鍋で茹でた麺を丼に入れれば完成です。

麺とスープの比較なので素ラーメンでもよかったのですが、今回は見栄えを重視して、チャーシュー、メンマ、味玉、ネギをトッピングしました。

100g(麺75g)当たり324kcal、炭水化物60.7g

100g(麺75g)当たり324kcal、炭水化物60.7g

ノンフライ麺と液体スープのシンプルな構成です

ノンフライ麺と液体スープのシンプルな構成です

麺の茹で時間は4分。簡単に調理できます

麺の茹で時間は4分。簡単に調理できます

食べてみると、ベースは鶏で、醤油の風味が強めで色も濃いめ。背脂は、オイリーな部分よりも脂の甘みとして発揮されている印象です。ギトッとした感じはありませんが、ニンニクの香味がしっかりしていて、全体の風味にパンチをプラスしています。

イメージとして近いと思ったのは、京都の背脂醤油ラーメン。パッケージに描かれた店のデザイン的にも、どこか京都・背脂醤油のチェーン店「ラーメン魁力屋(かいりきや)」を彷彿(ほうふつ)とさせるニュアンスがあります。麺はゆるいウェーブのかかった中細ストレートで、やや多加水なプリッとして歯切れのいい弾力です。

見た目以上にパンチがありますが、イヤなクドさは感じません

見た目以上にパンチがありますが、イヤなクドさは感じません

「濃厚味噌」は意外にもスッキリ&コクのバランス系

続いては、「濃厚味噌」をレビュー。

味噌のしっかりしたコクと、香味野菜油の香りが特徴的な味噌ラーメンです。麺は「背脂醤油」よりも食べ応えがありそうな、ノンフライの太ちぢれ麺。

97g(麺75g)当たり314kcal、炭水化物60.2g

97g(麺75g)当たり314kcal、炭水化物60.2g

3商品の中で、「濃厚味噌」だけが太ちぢれ麺を採用

3商品の中で、「濃厚味噌」だけが太ちぢれ麺を採用

麺は太めですが、ほかと同じく茹で時間は4分

麺は太めですが、ほかと同じく茹で時間は4分

「濃厚味噌」という商品名ですが、意外にも濃過ぎず薄過ぎずのバランスタイプ。味噌は、甘さ控えめ、かつコクは豊かなスッキリタイプです。

麺は3商品の中で最も太く、ちぢれが強めの平らな角麺。太いとはいえ、ブリッとした感じはなく、ほどほどの太さです。スープがそれほど濃厚なわけではないので、このラーメンならアリな麺なのかなと思います。食感はモチモチしたタイプではなく、コシがあってパリッとしたタッチです。

全体的に万人受けする方向性に仕上がっていますが、個人的には、もっとスープも麺もパワーのあるタイプにしたほうが商品のイメージには合っているかなと思いました。

思ったほど濃厚ではなく、バランスのよさが際立ちました

思ったほど濃厚ではなく、バランスのよさが際立ちました

まろやかスープに黒マー油が香ばしい「豚骨醤油」

3つめは「豚骨醤油」です。

豚骨のまろやかな味わいに、黒マー油の香ばしさをプラスした豚骨醤油ラーメン。麺は、「背脂醤油」と同じくノンフライ中細ストレート麺です。

87g(麺75g)当たり322kcal、炭水化物58.3g

87g(麺75g)当たり322kcal、炭水化物58.3g

ノンフライ中細ストレート麺を採用。粉末スープと黒マー油で調味します

ノンフライ中細ストレート麺を採用。粉末スープと黒マー油で調味します

茹で時間はこちらも4分

茹で時間はこちらも4分

クリーミーで、とろみはほどほど。味、粘度ともに濃厚過ぎないやさしい豚骨醤油です。スープの方向性は博多ラーメンに近いですが、臭みはなくマー油が入っているため、熊本ラーメンのほうが近いかと思います。

麺に関してはもはや九州ではなく、関東寄りのベーシックな中華そばタイプ。「背脂醤油」と似た中細のストレートで、加水のムッチリ感もあるので、九州系の低加水パツパツ麺とは異なります。ただ、スープがほどよいマイルド豚骨なので、この麺が合うと思います。

特製黒マー油の効果は絶大で、パンチのある個性を生み出すアクセントになっています。全体的に、東京豚骨と九州豚骨のいいとこ取りをしたような印象です。

適度に濃厚なスープに、黒マー油のアクセントがきいています

適度に濃厚なスープに、黒マー油のアクセントがきいています

「日清ラ王」と比較してみた!

今回の3商品の特徴をより明らかにするために、日清食品の定番「日清ラ王 袋麺 醤油」と食べ比べてみます。

「日清ラ王」シリーズの大きな特徴は麺。小麦をまるごと挽いた全粒粉を使用することで、モチモチとした食感だけでなく、小麦本来の香ばしさが楽しめます。なかでも「醤油」は、キリッとした醤油に、鶏油(ちーゆ)のうまみをプラスした、上品な端麗系スープです。

101g(麺80g)当たり346kcal、炭水化物60.8g

101g(麺80g)当たり346kcal、炭水化物60.8g

全粒粉を使った麺は、ところどころに黒っぽいツブツブが見える特徴的な麺です

全粒粉を使った麺は、ところどころに黒っぽいツブツブが見える特徴的な麺です

「これ絶対うまいやつ! 背脂醤油」が、鶏清湯(チンタン)×豚背脂だったのに対して、こちらは丸鶏系の清湯。まろやかさとスッキリ感を両立させた淡麗な味わいで、「背脂醤油」に比べて上品さを感じます。

麺が全粒粉入りなのもポイントで、香ばしい風味やパツッとしたしなやかな歯応えが独特です。

どちらも鶏ベースですが、「日清ラ王」のほうが上品な味わい

どちらも鶏ベースですが、「日清ラ王」のほうが上品な味わい

スペックを比較すると、意外にも「日清ラ王」のほうが量が多く、カロリーなどはほぼ同じ。「これ絶対うまいやつ!」がガッツリ感で勝っているかと思いきや、「ラ王」もどっこい、それなりにパワフルです。また、歴史が長くて研究し尽くされている分、「ラ王」はそつがないおいしさで、こちらが「これ絶対うまいやつ!」という商品名でも納得できる完成度です。

インパクトはありつつもバランスが秀逸な「ラ王」は、さすがロングセラーというべき安定感です

インパクトはありつつもバランスが秀逸な「ラ王」は、さすがロングセラーというべき安定感です

【まとめ】

どの商品もコンセプトどおり個性的で、「うまいやつ」でした。それぞれをひと言で表現するなら、以下のようになります。

「背脂醤油」……京都・背脂醤油っぽいやつ!
「濃厚味噌」……意外に万人受けするやつ!
「豚骨醤油」……東京豚骨と九州豚骨のいいとこ取りなやつ!

また、あえて「日清ラ王 袋麺 醤油」に言及するなら、これも絶対うまいやつ!です。

皆さんも自分好みの1杯を見つけてください!

皆さんも自分好みの1杯を見つけてください!

在宅ワークの人が増えた昨今、インスタントの袋ラーメンの需要は伸びていて、メーカーも一層意欲的に開発しているはず。まずは食べてみて、絶対に「うまい!」と言えるかどうか、ご自身でもジャッジしてみてください。

中山秀明

中山秀明

食の分野に詳しいライター兼フードアナリスト。雑誌とウェブメディアを中心に編集と撮影を伴う取材執筆を行うほか、TVや大手企業サイトのコメンテーターなど幅広く活動中。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
カップ麺・インスタント食品のその他のカテゴリー
ページトップへ戻る