レビュー
ひとりで食べるのダメ、絶対!

狂暴! 4000kcal超え「ペヤング ペタマックス」を“味変”して食べてみた

まるか食品「ペヤング ソースやきそば」は、カップ焼きそばの定番であるとともに、ときに“ご乱心”とも言える商品を発売している意欲的なブランドです。

過去の栄光を含め、これまで「価格.comマガジン」でもいくつかの商品を紹介していますが、また“ヤバい”のがリリースされたのでレポートを敢行! 2020年11月16日(コンビニでは11月2日から先行販売)に発売される「ペヤング 超超超超超超大盛やきそばペタマックス」です!

パッケージには、「絶対に1人で食べないでください。」という注意書き。ヤバそうな予感しかしません

パッケージには、「絶対に1人で食べないでください。」という注意書き。ヤバそうな予感しかしません

「ペヤング」は大盛り焼きそばの先駆け

「ペヤング」は、カップ焼きそば界の大盛サイズのパイオニア。「ペヤング」が発売された1975年当時、カップ焼きそばの麺は60g程度が一般的でしたが、「ペヤング」は発売当初から麺90gとすでに約1.5倍。今でこそ90gは一般的なサイズになりましたが、これはつまり、麺量の常識をも「ペヤング」は変えてしまったということです。

その後、今ではおなじみになった麺量2倍(180g)の「ペヤング ソースやきそば超大盛」が2004年にデビュー。さらに2018年には、約4倍(439g)の「ペヤング ソースやきそば超超超大盛GIGAMAX」を発売しました。

今回紹介する「ペヤング 超超超超超超大盛やきそばペタマックス」は、その“悪ノリの進化版”というべき、やり過ぎっぷり。内容量は878g、なんと通常の「ペヤング ソースやきそば」の約7.3倍にもなります。カロリーは4184kcalということで、成人男性が1日に摂取すべきカロリー(およそ2200kcal)を余裕でオーバーしています。

すさまじいボリュームにまずは驚き

それでは、モンスター級のペヤングを実際に見てみましょう。11月の発売からすでに話題になっているようで品薄の模様。筆者はコンビニを数軒回って、ファミリーマートでやっと購入できました。

ファミマの棚にて。価格は税込1,058円

ファミマの棚にて。価格は税込1,058円

その特大ボリュームは、パッケージからもヒシヒシと感じられました。とにかくデカい……。ちょっと立派なお歳暮ギフトくらいの大きさです。

こちらが「ペヤング 超超超超超超大盛やきそばペタマックス」。紙の外箱に入っています

こちらが「ペヤング 超超超超超超大盛やきそばペタマックス」。紙の外箱に入っています

「ペヤング ソースやきそば」「ペヤング ソースやきそば超大盛」と比較すると、サイズの違いが一目瞭然

「ペヤング ソースやきそば」「ペヤング ソースやきそば超大盛」と比較すると、サイズの違いが一目瞭然

カロリーは、通常版544kcal、「超大盛り」1081kcal、「ペタマックス」4184kcal

カロリーは、通常版544kcal、「超大盛り」1081kcal、「ペタマックス」4184kcal

「ペヤング 超超超超超超大盛やきそばペタマックス」の箱の裏には、作り方が書かれています。熱湯を注いで、しばらく待ってから湯切りする工程は従来品と同じ。ただし、熱湯が2200mlも必要とのこと。しかし量は多くても、待ち時間は3分。早い・安い・ウマいの3拍子揃った「ペヤング」であることは変わりません。

外箱の裏面。カップ焼きそばのために、2.2Lものお湯を沸かさなければなりません

外箱の裏面。カップ焼きそばのために、2.2Lものお湯を沸かさなければなりません

箱を開けると、中からはカップに入った特大「ペヤング」が登場。工場の機械が1度に揚げ切れなかったのか、麺は4つに分かれています。ソース、かやく、ふりかけスパイスは各2袋ずつ、計6袋入りです。

箱からカップを取り出します

箱からカップを取り出します

カップのフタを開けると、麺とソースの袋がお目見え

カップのフタを開けると、麺とソースの袋がお目見え

麺は4つに分割されています

麺は4つに分割されています

かやくもソースもたっぷり

かやくもソースもたっぷり

大量のお湯を注いで調理! 味はいつものペヤングで安心

それでは調理してみましょう。かやくを麺の上にあけて、お湯を投入。カップの内側には目安線が設けられているので、そこまでお湯を入れればOKです。

やかんのお湯だけでは足らずに……

やかんのお湯だけでは足らずに……

並行してフライパンでお湯を沸かして、ようやく規定の湯量に到達

並行してフライパンでお湯を沸かして、ようやく規定の湯量に到達

3分待ったら、通常の「ペヤング」とおなじく湯切りへ。麺+お湯で、とんでもない重さです。

湯切り口はおなじみのタイプ。カップを傾けると、だいぶ長い間お湯が流れ出ます

湯切り口はおなじみのタイプ。カップを傾けると、だいぶ長い間お湯が流れ出ます

お湯は切れましたが、まだかなりズッシリしています

お湯は切れましたが、まだかなりズッシリしています

あとはソースを入れて混ぜ、ふりかけスパイスをかければ完成です。

茹で上がった麺にソースを投入

茹で上がった麺にソースを投入

まろやかなソースをピリッと引き締めてくれるスパイスをふりかけます

まろやかなソースをピリッと引き締めてくれるスパイスをふりかけます

混ぜるのも大変。何人かで混ぜるとスムーズです

混ぜるのも大変。何人かで混ぜるとスムーズです

「ペヤング」というブランド名は、「ペア」と「ヤング」をかけ合わせたのが由来。カップ麺がまだ高価だった時代、若いカップルに2人でひとつのものを仲よく食べてほしい、という願いが込められています。

まさに本品にも、そのコンセプトがピッタリ合致。実食の際は、お腹を空かせたヤングたちに救援を要請しました。

必ず誰かとシェアして食べましょう

必ず誰かとシェアして食べましょう

食べてみると、酸味が豊かでほんのり甘め。辛さはないものの、添付のスパイスによる力強いニュアンス。全体的にはあっさり、さっぱりとしていてクセになる味わいです。

クドさのないおいしさは、さすがの「ペヤング」です

クドさのないおいしさは、さすがの「ペヤング」です

後半は“味変”して楽しく食べよう

大増量しても、やっぱりあのウマさは健在です。ただし、とにかく狂暴的な量なので飽きが来ることも否めません。そんなことも想定して、今回は“味変”アレンジも用意しました。

アレンジは、以前TBSのテレビ番組「バナナサンド」で紹介されていた、芸人さんの技ありレシピを参考に、特に絶賛されていた「マーボーペヤング」と「仙台食い」を試してみました。

まずは「マーボーペヤング」から。方法は至ってシンプル。麻婆豆腐を焼きそばの上にかけるだけ。

今回は、市販の麻婆豆腐の素を使用

今回は、市販の麻婆豆腐の素を使用

「ペヤング」の上に麻婆豆腐をかけて、小ネギを散らしたらでき上がり

「ペヤング」の上に麻婆豆腐をかけて、小ネギを散らしたらでき上がり

少し時間が経ち、冷めてドライになった麺に、ドロッとしたマーボーのあんがよくからみます。甘酸っぱい「ペヤング」のソース味と、しょっぱ辛い麻婆豆腐の中華味が、ケンカせずに調和していて好印象なおいしさです。

冷めた「ペヤング」に、うるおいと味わいが戻ってきました

冷めた「ペヤング」に、うるおいと味わいが戻ってきました

続いては「仙台食い」。

これは、宮城県仙台市でおなじみの「三角定義あぶらあげ」の中に、「ペヤング」を詰めて焼き上げるというもの。今回は、全国どこでも手に入る普通の油揚げを使用しました。

油揚げの中に「ペヤング」を詰めます

油揚げの中に「ペヤング」を詰めます

爪楊枝で口を閉じ、フライパンで両面を焼きます

爪楊枝で口を閉じ、フライパンで両面を焼きます

表面に焼き色がついたら、盛り付けます

表面に焼き色がついたら、盛り付けます

皿に並べて、小ネギと七味唐辛子をたっぷりかけたら完成!

皿に並べて、小ネギと七味唐辛子をたっぷりかけたら完成!

大胆なアレンジで、見た目や食感からして別物の料理に様変わり。パリッと香ばしい油揚げが、甘酸っぱいソースの味を引き立てて、ネギの爽やかさや七味唐辛子のピリ辛感もナイスアシストです。

油揚げの香ばしさがソースと好相性。おつまみにも最高です

油揚げの香ばしさがソースと好相性。おつまみにも最高です

今回は、大人5名で「超巨大ペヤング」に挑み、何パターンかのアレンジを経て、完食することができました。共通の目標に向かって、仲間たちと励まし合いながらゴールを目指す達成感を味わえます。

食べ進める道中で、定番のマヨネーズがけも実施。もちろんよく合います

食べ進める道中で、定番のマヨネーズがけも実施。もちろんよく合います

というわけで、「ペヤング 超超超超超超大盛やきそばペタマックス」は、同志を募るというハードルはありますが、少人数でも余ったら冷凍して後で食べることも可能です。

それに、味そのものは安心の「ペヤング」なので、意外といろいろなシーンで使えそう。多くの人が集まる年末年始のパーティーに、企画のひとつとして用意するのも面白いでしょう。いろいろな“味変”アイテムを用意して、みんなでひとつの「ペヤング」をつまむ……、なかなかオツな気がします。

念のためもう1度言っておきますが、くれぐれも「絶対に1人で食べないでください。」という注意書きを守ったうえでお楽しみください。

中山秀明

中山秀明

食の分野に詳しいライター兼フードアナリスト。雑誌とウェブメディアを中心に編集と撮影を伴う取材執筆を行うほか、TVや大手企業サイトのコメンテーターなど幅広く活動中。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
カップ麺・インスタント食品のその他のカテゴリー
ページトップへ戻る