レビュー
日本コカ・コーラのRTDアルコール飲料第2弾!

「檸檬堂」に続くヒットとなるか!? 新作サワー「ノメルズ ハードレモネード」を飲み比べ

最近のレモンサワーブームの一翼を担った商品と言えば、日本コカ・コーラ初のアルコール飲料「檸檬堂」でしょう。その同社が、次にしかけたのはレモネードのお酒。2021年6月21日に新発売となった「ノメルズ ハードレモネード」です。

左から「ノメルズ ハードレモネード サワー!サワー!サワー!」、「ノメルズ ハードレモネード オリジナル」、「ノメルズ ハードレモネード ビターサワー」。商品名の右上には「檸檬堂監修」を表記されています

左から「ノメルズ ハードレモネード サワー!サワー!サワー!」、「ノメルズ ハードレモネード オリジナル」、「ノメルズ ハードレモネード ビターサワー」。商品名の右上には「檸檬堂監修」を表記されています

本稿では、「ノメルズ ハードレモネード」の開発の背景を解説しながら、3つのフレーバーを飲み比べ、それぞれの特徴を浮き彫りに。また、筆者の感想を踏まえ、「○○な人にはこれ」といったおすすめも提案したいと思います。

ハードレモネードはアメリカで人気のお酒!

「ノメルズ ハードレモネード」の開発背景には、日本国内のトレンドが根元にあります。たとえば、低アルコール飲用者数の増加やレモンフレーバーの新製品の流行にともない、RTD(Ready to Drink=開栓してすぐ飲めるドリンク)のアルコール飲料市場が伸長していることや、コロナ禍において家庭内飲用が増えたことも後押しとなっています。

そのうえで、日本コカ・コーラが着目したのは、日本ではまだ目新しい、アメリカで人気のレモネードのお酒「ハードレモネード」。ちなみに、この「ハード」は「アルコール入り」という意味です。アルコールが入っていない飲み物を「ソフトドリンク」と言いますが、それに対してアルコールが入っている飲み物は「ハードドリンク」なのです。

「ノメルズ ハードレモネード」の特徴は3つ。ひとつ目は、レモンをまるごと味わえる「ブレンダーレモネード」から着想を得ていること。2つ目は、ジンに用いられるスパイス「ジュニパーベリー」のエキスで洋風の味付けがされていること。3つ目は、「定番」「ちょっと酸っぱい」「ほろ苦い」の3フレーバーを用意していることです。

フレーバーは3種類ラインアップされており、液色が若干異なります

フレーバーは3種類ラインアップされており、液色が若干異なります

個人的には、「ジュニパーベリー」の風味が味わいにどのような影響を与えているかが気になるところ。まずは、定番を目指した「ノメルズ ハードレモネード オリジナル」から飲んでみました。

「オリジナル」は想像以上にビター! 甘ったるさはなし

「ノメルズ ハードレモネード オリジナル」は、ピンクグレープフルーツ果汁をアクセントにした定番レモネードの味が特徴とのこと。果汁は20%と、RTD製品の中では多いほうと言えるでしょう。

「ノメルズ ハードレモネード オリジナル」のスペックは、100ml当たり58kcalで、炭水化物は7.5g。果汁は20%で、アルコール度数は5%です

「ノメルズ ハードレモネード オリジナル」のスペックは、100ml当たり58kcalで、炭水化物は7.5g。果汁は20%で、アルコール度数は5%です

飲んでみると、ジューシーで濃い味が印象的。氷をたっぷり入れたとしても、薄まらないだろうと思うほどです。思ったより甘さは強くなく、それよりもビター感が想像より強めだったのは驚き。これが、「ジュニパーベリー」の効果でしょうか。また、フレッシュな柑橘の香りが爽快感を演出していました。

「ジュニパーベリー」の効果もあるのか、どこかジントニックを思わせるビターテイスト。デザインはヤングでポップなイメージですが、もっと上の世代も楽しめるおいしさだと感じました

「ジュニパーベリー」の効果もあるのか、どこかジントニックを思わせるビターテイスト。デザインはヤングでポップなイメージですが、もっと上の世代も楽しめるおいしさだと感じました

「サワー!サワー!サワー!」は酸味でスッキリとした味

「ノメルズ ハードレモネード サワー!サワー!サワー!」は、柚子フレーバーを少しきかせ、キュッとくる酸っぱさを前面に出した1本とのこと。

「ノメルズ ハードレモネード サワー!サワー!サワー!」は、100ml当たり54kcalで、炭水化物は6.5g。果汁14%で、アルコール度数は5%です

「ノメルズ ハードレモネード サワー!サワー!サワー!」は、100ml当たり54kcalで、炭水化物は6.5g。果汁14%で、アルコール度数は5%です

柚子のような和柑橘のニュアンスはそこまで感じませんでしたが、確かに酸味は3フレーバーの中でいちばん強め。またその分、甘さが抑えられていて、こちらも結構大人な味。適度なビター感に加え、ジューシーさもしっかりしていて、バランスがうまく取れていると思いました。

酸味によって、爽快で飲みやすい仕上がりに

酸味によって、爽快で飲みやすい仕上がりに

「ビターサワー」はパンチがあるがスムースな飲み口

「ノメルズ ハードレモネード ビターサワー」は、「ジュニパーベリー」エキスのほかに、トニックフレーバーを加えた、ほろ苦さが特徴とのこと。トニック感は、先述の2本にも感じましたが、そのフレーバーがより豊かということでしょうか。また、アルコール度数が7%でやや高めになっている点が、味にどう影響しているのかも気になります。

「ノメルズ ハードレモネード ビターサワー」は、100ml当たり61kcalで、炭水化物は5.5g。果汁8%で、アルコール度数は7%です

「ノメルズ ハードレモネード ビターサワー」は、100ml当たり61kcalで、炭水化物は5.5g。果汁8%で、アルコール度数は7%です

ビター感は飲んで納得。確かに、ジントニック的なほろ苦さが前面に出ています。そのうえで印象的なのは、味のボリューム感。アルコール度数がやや高いので、飲み応えも増強されているのですが、甘みや酸味もその強さを補う程度に底上げされています。それもあって、パンチは十分ながらも、酒臭いニュアンスはなくてスムースな飲み心地。飲みづらさも感じませんでした。

アルコール度数5%では物足りない、という人にはちょうどよいかもしれません

アルコール度数5%では物足りない、という人にはちょうどよいかもしれません

【まとめ】日本コカ・コーラのアルコール飲料参入で激化するRTDに今後も注目!

3製品とも、「レモネードサワー」という部分では共通ですが、副原料の柑橘の違いや果汁の違いなどが関係し、三者三様でキャラクターが立っていると思いました。

「オリジナル」
→ジューシーでフレッシュ! 3フレーバーで悩んだら、まずはこれ!

「サワー!サワー!サワー!」
→スッキリしていてキレもあり。爽快感を求める人向け

「ビターサワー」
→どっしりとしていてビター。お酒らしい飲み応えを求める人向け

ぜひ飲み比べてみて、お好みの1本を見つけてください!

ぜひ飲み比べてみて、お好みの1本を見つけてください!

日本コカ・コーラは、RTD飲料第3弾となる「トポチコ ハードセルツァー」を2021年7月15日に発売しており、お酒分野の進出が盛んです。大型ルーキーの参入で盛り上がるRTD市場は、これからも目が離せません!

中山秀明

中山秀明

食の分野に詳しいライター兼フードアナリスト。雑誌とWebメディアを中心に編集と撮影をともなう取材執筆を行うほか、TVや大手企業サイトのコメンテーターなど幅広く活動中。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る