“家事貯金”のすすめ

家で焼きたてのクロワッサンが食べられる!“冷凍パン生地”にドハマリ中

焼く直前の状態で凍らせた“冷凍パン生地”を発見

パンは食べるのも手作りするのも大好き! 数少ない趣味のひとつでもあるのですが……どうしても手作りが面倒なパンがあります。それは、クロワッサンのようなデニッシュ生地のパン。手に入りにくい発酵バターがたっぷり必要だし、気温の高い夏は生地が扱いにくくなってお店のように作るのが難しいんです。

材料費と手間も考えると、正直なところ、お店のプロが焼いたクロワッサンのほうが断然おいしい。だからクロワッサンだけはいつもパン屋さんで買っていました。ただひとつぜいたくを言えば、焼きたてのクロワッサンが食べたい!

と思っていたところに見つけたのが、発酵済みの冷凍クロワッサン生地

焼く直前の状態で冷凍されています

焼く直前の状態で冷凍されています

解凍して家のオーブンで焼くだけで、焼きたてのクロワッサンが味わえるのです!

解凍して家のオーブンで焼くだけで、焼きたてのクロワッサンが味わえるのです!

これならいつでも好きなだけ焼きたてのクロワッサンが食べられる!と感動し、試しに買ってみた結果、あまりのおいしさに見事にハマってしまいました。
今回は、お気に入りの冷凍クロワッサンをぜひご紹介したいのと、気になっていた別のパン生地も買ってみたので食べ比べをしてみます。

クロワッサンだけじゃない豊富なラインアップ

私がいつも購入しているお店は、フランス産の冷凍パン生地を多数取り扱う「ハイ食材室」というショップ。そこで「ミニ・クロワッサン」がたくさん入った商品を購入していますが、今回は以下の4商品を買ってみました。

■ミニ・クロワッサン クラシック
■ミニ・クロワッサン・オ・ブール
■フランス産 本格冷凍パン 全4種類が楽しめる贅沢セット(ミニ・クロワッサン、ミニ・パン・オ・ショコラ、ミニ・パン・オ・レザン、ラズベリーマスカルポーネデニッシュ)
■スフォリアテッラ

食べ比べ、ワクワクしますね♪

食べ比べ、ワクワクしますね♪

「ハイ食材室」の「ミニ・クロワッサン」は全部で3種類あります。私がいつも購入しているのは、通常の「ミニ・クロワッサン」(今回は全4種類セットに入っています)。そのほか、バターの使用量を押さえたお手頃価格な「ミニ・クロワッサン クラシック」、そして、フランス菓子の巨匠が手がけたリッチな「ミニ・クロワッサン・オ・ブール」です。

いつも食べているものも最高においしいのですが、はたして味がどれくらい違うものなのか気になります

いつも食べているものも最高においしいのですが、はたして味がどれくらい違うものなのか気になります

全4種類セットには、クロワッサンのほか、チョコやラズベリーが入っている菓子パン的なデニッシュ系冷凍生地が入っていました(※全4種類セットは2022年1月6日時点で品切れ中のため、在庫が復活し次第リンクを追加します)。

全4種セット。甘い系は食べたことがなかったので気になっていたんです

全4種セット。甘い系は食べたことがなかったので気になっていたんです

最後に「スフォリアテッラ」。貝のような形の、ザクザク食感がたまらないナポリ伝統の焼き菓子だそうです。ほどよい甘さのリコッタチーズとオレンジピールが入っています。

聞いただけでおいしそうですよね♪

聞いただけでおいしそうですよね♪

さっそく自宅のオーブンで焼いていきましょう。

なるべく同じサイズのパンを集めて焼くのがポイント

冷凍パン生地をおいしく食べるために一番大切なのが、焼き加減。最初は目安時間と温度を参考にして焼いてみて、自宅のオーブンにおける適正温度と焼き時間を探っていく必要があります。

私がいつも購入している「ミニ・クロワッサン」の場合、室温で約10分解凍後、180℃に予熱したオーブンで13〜14分程度焼いています。
今回購入した全4種類セットにはオーブンの温度や焼き加減が書いてありませんでした。クロワッサン生地だけのものは、室温解凍約30〜45分、焼成温度(予熱済み)175℃で13〜14分が目安との記載があります。

食いしん坊の私は、全種類一気に焼いてみることに。クロワッサン生地はどれを焼いたかわからなくなるので、確認用にマスキングテープでしるしを付けています

食いしん坊の私は、全種類一気に焼いてみることに。クロワッサン生地はどれを焼いたかわからなくなるので、確認用にマスキングテープでしるしを付けています

今回は15分程度室温解凍した後、180℃に予熱したオーブンで15分焼いてみました

今回は15分程度室温解凍した後、180℃に予熱したオーブンで15分焼いてみました

出してみたところ、「ミニ・クロワッサン」類と、「ミニ・パン・オ・ショコラ」、「ミニ・パン・オ・レザン」以外の生地がまだ焼けていませんでした

出してみたところ、「ミニ・クロワッサン」類と、「ミニ・パン・オ・ショコラ」、「ミニ・パン・オ・レザン」以外の生地がまだ焼けていませんでした

焼けていなかった分を、180℃で5分追加で焼くといい感じに

焼けていなかった分を、180℃で5分追加で焼くといい感じに

この焼き加減の反省を踏まえ、次回は同じくらいのサイズの「ミニ・クロワッサン」、「ミニ・パン・オ・ショコラ」、「ミニ・パン・オ・レザン」の組み合わせで焼いてみたら大成功でした。

大きさを合わせるのがポイントのようです

大きさを合わせるのがポイントのようです

我が家における、時短も兼ねたベストな焼き方は、クッキングシートに冷凍パン生地を乗せ、レンジの解凍機能で30秒解凍後、クッキングシートごとオーブンへスライドさせてキレイに並べた状態で、予熱なしのオーブンで180℃で14〜15分。気が短い私のような方は、予熱なしでも、その分温度と時間を少し増やして焼くと同じようにおいしく焼けますよ♪

参考までに、我が家のオーブンはリンナイのガスコンベックです。火力がかなりあるタイプですので、電気オーブンの場合は余熱温度をプラス10℃、時間も長めにしてみるなど、焼き加減を見て調整してみてください。
自分なりのベストな方法を探って最高においしく焼ける時間と温度が見つかれば、後は繰り返せばいいだけ。焼き加減の調整がうまくできるとよりおいしさも増しますよ♪

手軽に焼きたて&本格的なおいしさが楽しめる

では、お楽しみの焼きたてパン食べ比べといきましょう♪ やはり焼きたてはバターのいい香りがしてきて食欲が湧きます。

オーブンで生地を焼いている間に、コーヒーやサラダ、目玉焼きなどを用意して、朝食の準備を同時進行していますよ♪

オーブンで生地を焼いている間に、コーヒーやサラダ、目玉焼きなどを用意して、朝食の準備を同時進行していますよ♪

気になるクロワッサン生地3種類の味比べですが、最も高級な「ミニ・クロワッサン・オ・ブール」は、確かにバターの風味がほかのクロワッサンと明らかに違いました! ほかの2種類はそれほど味の差は感じませんでしたが、リピートして食べても飽きないおいしさです。たまにスペシャルなクロワッサンを楽しむのも、ぜいたく気分を味わえていいですね。

こちらは、全4種セットの「ミニ・パン・オ・ショコラ」と「ミニ・パン・オ・レザン」

こちらは、全4種セットの「ミニ・パン・オ・ショコラ」と「ミニ・パン・オ・レザン」

どちらもとってもおいしいです。チョコやレーズン、シナモンもデニッシュ生地と相性がいいですね。コーヒーもよりおいしく感じました♪ 少し甘いので、クロワッサンの合間にたまに食べるか、おやつとして食べるのがいいと思います。

大きな生地の「ラズベリーマスカルポーネデニッシュ」と「スフォリアテッラ」

大きな生地の「ラズベリーマスカルポーネデニッシュ」と「スフォリアテッラ」

「ラズベリーマスカルポーネデニッシュ」は、ラズベリーの酸味とマスカルポーネの相性が絶妙でリッチな気分になれます。ナポリ発祥のスイーツ「スフォリアテッラ」は、生地のザクザク食感に加えて、中にとろっとしたリコッタチーズとオレンジピールがたっぷりでたまらないおいしさ♪ 食べた感じ、オレンジピールよりもシナモンが強い感じがしました。とてもおいしいのですが、焼き立てはアツアツなため、中のリコッタチーズでやけどしないように注意してくださいね(笑)。

冷凍生地を家のオーブンで焼くだけで、ここまで本格的なパンが食べられるのは本当に幸せです。スイーツ系の冷凍生地は朝食でもいいのですが、個人的には休日のおやつにのんびり焼いて食べたいなと思いました。

本当にお気に入りの商品なのですが、私が気が付いた注意点も合わせてご紹介いたします。

パン生地同士のくっつきに注意

このように、生地同士がくっついてしまうことがあります

このように、生地同士がくっついてしまうことがあります

すでにくっついた状態で届く場合もありますし、夏場は生地がゆるむのが早いので、目安時間通りに室温解凍していると解凍しすぎてくっついてしまう場合もあるので、注意が必要です。季節によっても加減を変えて調整してみてください。

くっついた生地同士を無理にはがしてしまうと、生地が欠けてしまったり折れてしまったりするので注意が必要です

くっついた生地同士を無理にはがしてしまうと、生地が欠けてしまったり折れてしまったりするので注意が必要です

凍った状態でくっついてしまっている場合は、手でそっとはがせる程度に室温解凍してみてください。また、生地同士がなるべくくっつかないように、速やかに残りを冷凍するように気を付けてください。

焦って無理にはがした生地を焼いた結果、形が崩れてしまいました。味は同じようにおいしいですが、やはり残念な気持ちにはなります……

焦って無理にはがした生地を焼いた結果、形が崩れてしまいました。味は同じようにおいしいですが、やはり残念な気持ちにはなります……

冷凍庫に常備しておきたい手軽さ&おいしさ!

元々「ミニ・クロワッサン」はお気に入りでしたが、今回夢の食べ比べをしてみた結果、どれも感動のおいしさでした。家で手軽に焼きたてのパンが食べられるのはうれしいですね。冷凍庫に常備しておきたいです。

ただ、冷凍便で注文することになるので、どうしても送料がネックになりがち。私はセールを狙って、送料対策のためにある程度まとめ買いしています。ただ、冷凍庫が冷凍パン生地で埋まってしまうので、収納スペースを確保するように気を付けてください。

焼きたてのパンがない休日なんてつまらない、と思うほどにハマっています

焼きたてのパンがない休日なんてつまらない、と思うほどにハマっています

焼きたてのクロワッサンと、ていねいにドリップしたコーヒーの休日の朝食は至福の時間です。冷凍パン生地を使って、ぜひご自宅で手軽に焼きたてのおいしさを体験してみてください♪

家事貯金研究家leaf

家事貯金研究家leaf

夫婦+愛犬2匹と木の家の注文住宅暮らし。ブログ「10年後も好きな家」運営。主婦歴約20年のもの選びと時短ワザが好評で、2018年に家事本出版。家事の合間に北欧インテリア&コーヒーを楽しむ暮らし。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
パン・ジャムのその他のタグ
ページトップへ戻る