いいモノ調査隊
こっちだって「やめられない、止まらない!」

ハマる女性が続出! 料理にも使える低カロリーおやつ「茎わかめ」

シャキシャキの食感がクセになる

食べ始めたら手が止まらなくなる、“やめられない、止まらない”系のおやつ。誰でも1つや2つはあると思いますが、筆者の友人たちの間で最近ハマる人続出の大人気の商品をご紹介します。

筆者の周りのママ友の間で大ブーム中の商品。その秘密は?

筆者の周りのママ友の間で大ブーム中の商品。その秘密は?

その名のとおり、わかめの肉厚な部位のみを伯方の塩と紀州南高梅酢で味付けしたおやつ。シャキシャキとした食感とほどよい塩気、さわやかな梅味のハーモニーが絶妙で、海藻×梅味好きにはたまりません。酢こんぶ系のおやつが大好きという人であれば、一度食べ始めると手を止めることができなくなると思います。

中身はさらに少量ずつ個別包装されていて食べやすいのも人気のポイント。とはいえ、1つ2つとついつい手が伸びてしまって、あっという間に1袋食べきってしまうことがほとんどです…

小分けされた袋には、ひと口サイズにカットされたものが3切れぐらい入っています

小分けされた袋には、ひと口サイズにカットされたものが3切れぐらい入っています

低カロリーだから、やめられなくても大丈夫

そして、周りのママ友たちの間で人気となっているもう1つの理由は低カロリーであること。1袋(74g)を一度に食べても、脂質ゼロでたったの38キロカロリーです。食物繊維4.4gも摂取でき、とてもヘルシーなおやつです。保存料や着色料が不使用なのも安心です。

脂質ゼロ、1袋食べてもたったの38kgカロリー! 食物繊維やナトリウムも豊富

脂質ゼロ、1袋食べてもたったの38キロカロリー! 食物繊維やナトリウムも豊富

姉妹品には「梅かつお味」や「うす塩味」も。筆者はあくまで“梅”押し。梅かつお味のほうが酸味は控えめでマイルドです

お料理に使ってみました!

そのまま食べるだけではもったいない「茎わかめ」。噂によるとおやつ、おつまみ以外にも、料理の材料として活用ができると聞き、物は試し! と実際に作ってみました。事前情報によると…小さく刻んでごはんと混ぜておにぎりの具にしたり、サラダやスープとも好相性とのこと。

まずは、お湯に入れてスープにしてみました。梅の味と茎わかめの食感がいいマッチングです

まずは、お湯に入れてスープにしてみました。梅の味と茎わかめの食感がいいマッチングです

細かく刻んでおにぎりに。塩分の度合いもちょうどよく、お子さんにも人気が出そうです

細かく刻んでおにぎりに。塩分の度合いもちょうどよく、お子さんにも人気が出そうです

卵2個に2袋分を刻んで混ぜて作った卵焼き。ほのかな酸味と食感が楽しめる

卵2個に2袋分を刻んで混ぜて作った卵焼き。ほのかな酸味と食感が楽しめる"ちょい足し"メニューです

このように、おやつから卵焼きまで、アイデア次第で「茎わかめ」の使いみちは本当にたくさんあります。まずはそのまま食べながら、何のお料理に使おうかと考えるのも楽しいですよ。

えみぞう

えみぞう

日々のムダをとにかく省くことに執念を燃やす母ライター。好きな言葉は「時短・節約・自作」。なのに非生産的な活動にも必死になることも多々。意外にアウトドア、国際派。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
関連記事
生鮮食品・加工品のその他のカテゴリー
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る