レビュー
PS Plusに加入せずともオンラインマルチが遊べる

月額1,180円でPS4ゲームが遊び放題!「PS Now」は“アリ寄りのアリ”

SIEが提供するクラウド型ゲームサービス「PlayStation Now」(PS Now)は、ゲームの
ストリーミングサービス。PS4だけでなくWindows搭載PCでも利用できます。この「PS Now」が2019年10月にリニューアルし、価格改定が行われたほか、CERO Z対象タイトルが追加されるなど、その魅力が大きくアップしています。

今回、生まれ変わった「PS Now」をレビューします。

価格改定でかなりお得になった「PS Now」

価格改定でかなりお得になった「PS Now」

AAA級タイトルも遊べるようになった「PS Now」

クラウド型ゲームサービスとして2015年にサービスを本格的に開始した「PS Now」。ローンチ当初こそ話題になったものの、その後は大きな話題も少なく、“知る人ぞ知る”くらいの認知度だったのは否めませんでした。

その理由のひとつは、配信タイトルにあるといって間違いないでしょう。ゲームに限らず、サブスクリプション型のコンテンツ配信サービスのカギを握るのはコンテンツと言って過言ではありません。月々1,000円前後の料金を支払ってもいい、と思えるくらいのコンテンツがないと、なかなかユーザー数を伸ばすのは難しいでしょう。

「PS Now」を以前にレビューしたときは、配信タイトルの本数こそ多いものの、魅力的なタイトルは、あまり多くないというのが正直なところでした。しかし、リニューアル後は、CERO Z対象ゲームが解禁されるなど、ユーザーから高い評価を得ていたゲームがラインアップに追加されました。

「Fallout 4」や「Bloodbourne」などCERO Z対象のAAA級タイトルも豊富に揃っています。ライトからヘビーゲーマーまで満足できるラインアップ

人気のオンライン専用タイトル「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS」(PUBG)も遊び放題

人気のオンライン専用タイトル「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS」(PUBG)も遊び放題

また、期間限定のピックアップタイトルとしてAAA級タイトルが毎月配信されるのも非常に魅力です。すでに配信は終了したものの、「ペルソナ5」「ゴッド・オブ・ウォー」「グランド・セフト・オートV」「アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝」など、各種のゲームアワードを受賞したような超人気作がピックアップタイトルとして配信されていました。

2020年3月現在配信中の期間限定ピックアップタイトルは以下の通りです。ほとんどのソフトが直近2〜3年以内に発売されたもので、AAA級タイトルばかり。「SHADOW OF THE TOMB RAIDER DEFINITIVE EDITION」に関しては、2018年9月発売の本編に全DLCを追加した完全版とは言え、2019年12月26日に発売されたばかりの最新タイトルです。

・「SHADOW OF THE TOMB RAIDER DEFINITIVE EDITION」(〜2020年8月31日)
・「Wolfenstein II: The New Colossus」(終了日未定)
・「アンチャーテッド 古代神の秘宝 PlayStation Hits」(〜2020年4月6日)
・「Horizon Zero Dawn Complete Edition PlayStation Hits」(〜2020年4月6日)
・「LEGO ワールド」(〜2020年8月4日)
・「Overcooked 2 - オーバークック2」(終了日未定)
・「サイコブレイク」(終了日未定)

このラインアップを見る限り、今後の配信タイトルにもかなり期待できそう。気になるソフトが追加されたら、その期間だけ「PS Now」に加入してみる、といった利用方法もアリでしょう。

1か月利用権は1,180円。「PS Plus」に加入せずともオンラインマルチプレイが遊べる

昨秋のリニューアルでは価格改定も行われ、1か月利用権が1,180円(税込。以下同)、3か月利用権が2,980円、12か月利用権が6,980円となっています。従来の1か月利用権2,500円と比べると、およそ半額程度にまで価格が下げられました。

現在配信中の期間限定ピックアップタイトルの多くは、新しく購入するよりも「PS Now」のほうが安く遊べますし、期間関係なく遊び放題の収録タイトルの中にも買うより「PS Now」のほうが安いというものがかなり多いです。

また、インディーゲームが多数収録されているのもポイントです。インディーゲームは、価格こそ安いけど、面白さが未知数のため購入するには少し躊躇してしまうことがあります。しかし、「PS Now」であれば遊び放題なので気になったゲームを気軽に楽しめます。

ちなみに、PS4でオンラインマルチプレイを遊ぶには月額制の「PlayStation Plus」(PS Plus)に加入する必要がありますが、「PS Now」でオンラインマルチプレイを遊ぶのに別途「PS Plus」に加入する必要はありません。たとえば、配信中の「Overcooked 2」や「PUBG」でオンラインマルチプレイを遊ぶ時も、かかる料金は「PS Now」の定額分だけ。ソフトを購入する必要がないことを考えれば、結構お得感があります。

ダウンロードすれば回線速度を気にせず快適プレイ

「PS Now」の大きな特徴として、ストリーミングで遊ぶ以外に、ゲーム本編をPS4にダウンロードできるという機能があります。ストリーミングでゲームを遊ぶのは、手軽であるいっぽうで、回線速度によっては遅延が発生する可能性があります。

Windows搭載PCでも「PS Now」を遊べますが、快適に遊ぶにはある程度の高速回線が必要です

Windows搭載PCでも「PS Now」を遊べますが、快適に遊ぶにはある程度の高速回線が必要です

筆者がレビューした限り、FPSや格闘ゲームなどアクション性の高いゲームよりも、シミュレーションゲームやRPGといったゲームは遅延の心配が低く、かつ、もし遅延が起きたとしてもゲームの進行に致命的な問題につながりません。

でもやっぱりFPSやアクションゲームなども遊びたいという人は、ダウンロード機能を利用することで、遅延の心配ゼロの快適プレイを楽しめます。ダウンロード機能を利用できるのはPS4のみになりますが、インターネットの回線速度を気にすることなく遊べるのはかなりうれしいポイントです。ほとんどのタイトルがダウンロード機能に対応していますが、なかには対応していないものもあるので、ご注意ください。

進化した「PS Now」は“アリ寄りのアリ”

1か月利用1,180円という価格は、遊べるタイトルラインアップを見ても、非常に“コスパ”が高いと言えます。特に、ダウンロード機能が利用できるPS4を持っているなら、試す価値はあるでしょう。手軽にゲームを楽しみたいという人にはうってつけのサービスです。2020年3月30日までは、「PS Now」を7日間無料体験できる利用権(税込100円で後日還元)も販売中ですので、気になる人はチェックしてみてはいかがでしょうか。

PS Now

水川悠士(編集部)

水川悠士(編集部)

最新ガジェットとゲームに目がない雑食系ライター。最近メタボ気味になってきたので健康管理グッズにも興味あり。休日はゲームをしたり映画を見たりしています。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
ゲーム ハードのその他のカテゴリー
ページトップへ戻る