ニュース
PS5の全貌が少しずつ明らかに

PS5の新コントローラー「DualSense」公開。ゲームの触感を追求

2020年末に発売を控える「PlayStation 5」(PS5)。先日、ハードウェアの詳細な仕様が明らかになりましたが、2020年4月8日に「PS5」の新しいワイヤレスコントローラー「DualSense」が公開されました。

「PS5」の新コントローラーの名称は「DualSense」

「PS5」の新コントローラーの名称は「DualSense」

ゲームにおける触感を追求した「DualSense」

新コントローラー「DualSense」が、PS4のコントローラー「DUALSHOCK4」から進化した大きなポイントは、没入感をより一層高めるべく、ゲーム内の感触をより細かくプレイヤーに伝えてくれるという点です。

新機能として搭載された「ハプティックフィードバック」はその一例で、たとえば車が泥道を走るときにタイヤを通してハンドルに伝わるずっしりとした重い触感など、ゲーム内のさまざまな感覚を表現することができると言います。

また、「DualSense」のL2やR2ボタンは、「アダプティブトリガー」を採用したことにより、たとえば弓を引き絞るような緊張感のある動作を実感できるようになっているとのこと。ゲームの雰囲気や環境を感じとり、ゲームの世界に没入するような体験を実現するには、触感は音と同じく非常に重要な要素。これは「DUALSHOCK 4」では味わえないリッチなゲーム体験になりそうです。

外観については、「DUALSHOCK 4」をベースとしつつ、トリガーの位置を変更したり、グリップに細かな調整を加えるなどして、手にしっくり収まるサイズ感を実現。新機能を追加したことでコンポーネントが増えたものの、可能なかぎり重量を減らすさまざまな工夫がこらされているとのことです。

「DUALSHOCK 4」と比べると、全体的に肉付きがよくなったというか、丸みを帯びた印象。SF映画のような近未来感が増したような気がします。「DuaSense」のグリップは細くなり、写真を見る限りは手になじみそうなデザイン。大きな変更点は、カラーでしょう。「DUALSHOCK 4」は、ボタン以外が単色でしたが、「DualSense」はホワイトとブラックの2トーンになっています。

画像はデザインを比べるために作成したものであり、実際のサイズを表すものではございませんので、ご注意ください

また、「DUALSHOCK4」のSHAREボタンは、「Create」という名称に変更されました。この「Create」ボタンで何ができるのかは後日発表されるとのことです。さらに、「DualSense」はマイクを内蔵しており、ヘッドセットなしでもボイスチャットが可能。もちろん、自前のヘッドセットを接続して使うこともできます。

水川悠士(編集部)

水川悠士(編集部)

最新ガジェットとゲームに目がない雑食系ライター。最近メタボ気味になってきたので健康管理グッズにも興味あり。休日はゲームをしたり映画を見たりしています。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ゲーム ハードのその他のカテゴリー
ページトップへ戻る