レビュー
PS4 Proと比較!

発売目前の「PS5」がやってきた! 開封の儀&フォトレビュー

2020年11月12日に発売されるSIEの家庭用ゲーム機「PlayStation 5」(PS5)。発売直後から予約が殺到し、多くのショップでは予約の抽選が実施されるなど、入手困難な状況が続いています。筆者もまだ予約できていません。

予約ができず、途方にくれているみなさん。ごめんなさい。非常に恐縮なのですが、価格.comマガジン編集部は、発売前にSIEから実機に触れさせていただく機会を得ました。そこで今回は「PS5」の開封の儀と外観フォトレポートをお届けします。

なお、電源を入れた状態でのレビューは、まだお届けできません。そちらに関しては後日公開予定の記事を楽しみにしていただければ幸いです。

「PS5」の外観や本体デザインをチェック

「PS5」の外観や本体デザインをチェック

開封の儀&フォトレビュー

今回、レビューを行ったのは、Ultra HD Blu-rayディスクドライブを備えるスタンダードモデルです。これまでのPSシリーズから、メインカラーがホワイトに変更されるなど、本体デザインが一新されています。

価格.comマガジン編集部にやってきた「PS5」。箱を見るだけでテンションが上がります

価格.comマガジン編集部にやってきた「PS5」。箱を見るだけでテンションが上がります

「PS5」スタンダードモデルは本体の重量が約4.5kg。箱や同梱品などを合わせるとなかなか重たいので、店舗で購入する人は帰宅時に腕がつらくなるかと思われます。可能であれば、自動車などで持ち運びするのがベターです

「PS5」スタンダードモデルは本体の重量が約4.5kg。箱や同梱品などを合わせるとなかなか重たいので、店舗で購入する人は帰宅時に腕がつらくなるかと思われます。可能であれば、自動車などで持ち運びするのがベターです

パカリと開封。新しい製品の箱を開けるときは、どんなものでもワクワクしますね

パカリと開封。新しい製品の箱を開けるときは、どんなものでもワクワクしますね

ついに「PS5」とご対面。箱の中には、PS5本体に加えて、セーフティガイドとクイックスタートガイド、ワイヤレスコントローラー(DualSense)、HDMIケーブル、電源コード、USB Type-Cケーブル、ベースが入っていました

ついに「PS5」とご対面。箱の中には、PS5本体に加えて、セーフティガイドとクイックスタートガイド、ワイヤレスコントローラー(DualSense)、HDMIケーブル、電源コード、USB Type-Cケーブル、ベースが入っていました

早速本体をチェックしましょう。正面から見ると、白いデザインがインパクトを放ち、本体を挟み込むようにして下から上に向かって広がる曲線のパネルも目を引きます

早速本体をチェックしましょう。正面から見ると、白いデザインがインパクトを放ち、本体を挟み込むようにして下から上に向かって広がる曲線のパネルも目を引きます

正面脇にはUltra HD Blu-rayディスクドライブを搭載

正面脇にはUltra HD Blu-rayディスクドライブを搭載

正面にはUSBポート、USB Type-Cポートを備えます

正面にはUSBポート、USB Type-Cポートを備えます

パネルの内側にはソニーのロゴが刻印

パネルの内側にはソニーのロゴが刻印

天面からはエアフローのスリットが見えます。「撮影のときはホコリを拭けよ」というおしかりをいただいてしまいそうですが、本体のブラックのパーツは光沢のある素材のためか、ホコリが付着しやすく、目立ちやすい、というのが正直な感想です。お手入れは頻繁に行いましょう

天面からはエアフローのスリットが見えます。「撮影のときはホコリを拭けよ」というおしかりをいただいてしまいそうですが、本体のブラックのパーツは光沢のある素材のためか、ホコリが付着しやすく、目立ちやすい、というのが正直な感想です。お手入れは頻繁に行いましょう

本体底面にもエアフローのスリットを備えます

本体底面にもエアフローのスリットを備えます

各種ポート類は本体背面にまとまっています。左からUSBポート(最高10Gbps)×2、LANポート、HDMI出力端子、電源ポート

各種ポート類は本体背面にまとまっています。左からUSBポート(最高10Gbps)×2、LANポート、HDMI出力端子、電源ポート

「PS5」は縦置き、横置きのどちらにも対応可能。どちらの場合も、同梱のベースを装着すると、設置が安定します。

専用のベース

専用のベース

縦置き時は、ベースの底面を半時計回りにスライドさせると、ネジが出現

縦置き時は、ベースの底面を半時計回りにスライドさせると、ネジが出現

次に、本体底面のねじ穴キャップを外します。ねじ穴キャップはネジが格納されていたスペースに収納できるので、紛失する心配はないでしょう

次に、本体底面のねじ穴キャップを外します。ねじ穴キャップはネジが格納されていたスペースに収納できるので、紛失する心配はないでしょう

底面にベースを取り付けて、ネジで固定。ネジはコインなどで締められます。ドライバーなどを使う必要はありません

底面にベースを取り付けて、ネジで固定。ネジはコインなどで締められます。ドライバーなどを使う必要はありません

これが縦置きモード。しっかりと安定しているので、多少の揺れや衝撃ぐらいで転倒することはなさそうです

これが縦置きモード。しっかりと安定しているので、多少の揺れや衝撃ぐらいで転倒することはなさそうです

横置き時は、本体背面のパネル内側のガイド(□×○△)に合わせて、フックをかけるようにしてベースを取り付けるだけ

横置き時は、本体背面のパネル内側のガイド(□×○△)に合わせて、フックをかけるようにしてベースを取り付けるだけ

これが横置きモード

これが横置きモード

「PS5」は、本体サイズが約390(幅)×260(奥行き)×104(高さ)mmで、「PS4」と比べても大きくなっています。白が強調されたデザインも相まって、テレビの横などに設置するとなかなかのインパクトです。

55インチのテレビの左側に設置してみたところ、「俺はここにいるよ!」と言わんばかりの存在感を放ちます

55インチのテレビの左側に設置してみたところ、「俺はここにいるよ!」と言わんばかりの存在感を放ちます

約295(幅)×327(奥行き)×55(高さ)mmの「PS4 Pro」と比較してみたところ、「PS5」のほうがひと回りほど大きいです

約295(幅)×327(奥行き)×55(高さ)mmの「PS4 Pro」と比較してみたところ、「PS5」のほうがひと回りほど大きいです

「PS5」は本体サイズが従来モデルと比べて大きくなっていますが、4K/120fpsをサポートするなど従来モデルとは比較にならないくらい性能がアップしています。それにともない、大きなヒートシンクとファンを搭載していることが、SIE公式より公開された分解動画で明らかにされています。本体サイズが大きくなったのは事実ですが、静音性や放熱性は高くなっていると期待できるでしょう。

次は新コントローラーの「DualSense」をチェックしましょう。「DualSense」の特徴である、キャラクターの足が地面に触れるときの微細な振動までをも再現し、ゲームへの没入感を高める「ハプティックフィードバック」のレビューは、後日アップ予定のレビューまでお待ちください。

「DualSense」も、本体と同様にホワイトをベースにしたデザイン。中央の「PSボタン」が従来モデルの丸形から、PSロゴの形へと変更されています

「DualSense」も、本体と同様にホワイトをベースにしたデザイン。中央の「PSボタン」が従来モデルの丸形から、PSロゴの形へと変更されています

PS4のコントローラー「DUALSHOCK 4」と比較。ボタンの素材も変わっていますが、やはり本体サイズが大きくなったのがポイントでしょう。とは言え、個人的には「DualSense」のほうが握りやすいと感じました。ほどよい大きさと、カーブが手のひらに実にしっくりきます

PS4のコントローラー「DUALSHOCK 4」と比較。ボタンの素材も変わっていますが、やはり本体サイズが大きくなったのがポイントでしょう。とは言え、個人的には「DualSense」のほうが握りやすいと感じました。ほどよい大きさと、カーブが手のひらに実にしっくりきます

L/Rスティックの周囲には、細かく彫り込まれた滑り止めがあります。「DUALSHOCK 4」はツルツルしていたので、うれしい進化ですね

L/Rスティックの周囲には、細かく彫り込まれた滑り止めがあります。「DUALSHOCK 4」はツルツルしていたので、うれしい進化ですね

時代に合わせて、充電用ポートはUSB Type-Cに変更

時代に合わせて、充電用ポートはUSB Type-Cに変更

駆け足になりましたが、これにて開封の儀&外観レビューはおしまい。「PS5」の設置場所を決める際などの参考になれば幸いです。

水川悠士(編集部)

水川悠士(編集部)

最新ガジェットとゲームに目がない雑食系ライター。最近メタボ気味になってきたので健康管理グッズにも興味あり。休日はゲームをしたり映画を見たりしています。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ゲーム ハードのその他のカテゴリー
ページトップへ戻る