話のネタになる最新ITニュースまとめ
最新テック情報をキャッチアップ

マイクロソフト「Xbox Live Gold」が値上げ発表後に批判殺到で即撤回へ

「話のネタになる最新ITニュースまとめ」は、主に海外のIT業界やインターネットで先週話題になったニュースを紹介する連載です。知っておいて損はない最新情報から、話のネタになりそうな事柄まで、さまざまなニュースをお届けしていきます。

「Xbox Live Gold」が値上げも12時間後に撤回へ

マイクロソフトは、Xboxシリーズでオンラインプレイなどを行うためのサブスクリプションサービス「Xbox Live Gold」の値上げを2021年1月22日に発表しました。しかし、この値上げに対してユーザーから批判が相次ぎ、わずか半日後に値上げを撤回することになりました。

「Xbox Live Gold」は、PlayStationの「PlayStation Plus」、Nintendo Switchの「Nintendo Switch Online」に当たるサブスクリプションサービスです。「Xbox」シリーズでオンラインマルチプレイを利用する場合は、同サービスに加入する必要があります。オンラインマルチプレイへのアクセスのほかに、ゲーム購入時の割引や、毎月フリープレイソフトが得られる特典もあります。

マイクロソフトは、この「Xbox Live Gold」の1か月利用権に関して、これまでの9.99ドルから10.99ドルへ、3か月利用権を24.99ドルから29.99ドルへ、6か月利用権を39.99ドルから59.99ドルへの値上げを発表しました。

しかし、2020年7月までは12か月利用権が59.99ドルで販売されていたことから、年額に換算すると、新しい価格では12か月利用権が119.98ドルとなり、実質2倍という大幅な価格改定になります。

また、PlayStationでは基本無料のオンラインゲームに関しては有料の「PlayStation Plus」に加入することなく遊べますが、「Xbox Live Gold」は無料オンラインゲームの利用に対しても入会が必要です。そのため今回の値上げは、こういった無料オンラインゲームの利用者に対しても大きな影響があります。

こういった理由により、発表直後から多くのユーザーから批判が殺到。これを受けて、マイクロソフトは値上げ発表から約12時間後に撤回。マイクロソフトは「私たちはいつもお客様のために最善を尽くそうとしていますが、今日は失敗してしまいました」とツイートし、価格を値上げ前に戻したことを明らかにしました。

ソース:マイクロソフト

シリーズ最新作「バイオハザード ヴィレッジ」が2021年5月8日に世界同時発売へ

カプコンは、2021年1月22日に「バイオハザード」シリーズに関する最新情報を公開する番組を配信。その中で、シリーズ最新作「バイオハザード ヴィレッジ」を2021年5月8日に発売することを明らかにしました。

「バイオハザード ヴィレッジ」は、前作「バイオハザード7」の直接的な続編となり、前作から数年後のとある村を舞台に繰り広げられるサバイバルホラーゲームです。発表当初は、次世代機の「PlayStation 5(PS5)」と「Xbox Series X/S」のみの対応タイトルとされていましたが、今回新たに「PS4」と「Xbox One」でも発売されることが発表されました。

なお、発売に先駆けてPS5では「バイオハザード ヴィレッジ」の世界を体験できるビジュアルデモ「MAIDEN」が公開中。拷問器具や血痕などがまがまがしい雰囲気を放つ城から、謎の女性が脱出するという内容で、その怖さは前作にも増して劣らないレベルになっています。

気になる人は、ぜひ発売前にチェックしてください。

ソース:カプコン

4ドルのマイコンボード「Raspberry Pi Pico」が発表

イギリスのRaspberry Pi財団は、マイコンボード「Raspberry Pi Pico」を発表しました。価格は4ドルで、日本では正規代理店から販売される見込みです。

マイコンボード「Raspberry Pi Pico」は、Raspberry Pi財団が独自に開発したマイコン「RP2040(ARM Cortex M0+デュアルコア。最大動作周波数133MHz)を搭載。対応言語はC/C++、Pythonです。ただし、既存のRaspberry Piとは異なり、Linux OSを搭載することはできなくなっています。メモリー(オンチップ)は264KB、フラッシュメモリーは最大16MBです。

Raspberry Piは、非常に安く入手できるシングルボードコンピューターとして知られており、学習やホビー用途で人気があります。今回、独自開発のマイコンを搭載したことで、Linux OSを利用することはできませんが、単独のマイコンボードだけではなく、Raspberry Piのコンパニオンボードとしても利用可能です。

「Raspberry Pi Pico」アクセサリーはまだ発表されていませんが、今後ラインアップをそろえるとのことです。

ソース:Raspberry Pi財団

水川悠士(編集部)

水川悠士(編集部)

最新ガジェットとゲームに目がない雑食系ライター。最近メタボ気味になってきたので健康管理グッズにも興味あり。休日はゲームをしたり映画を見たりしています。

関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ゲーム ハードのその他のタグ
ページトップへ戻る