注目コンテンツ

[PR]ゲームにも勉強にもピッタリ! 「AKRacing」初のティーン向けゲーミングチェア「PINON」に座ってみた

提供:テックウインド

ゲーミングチェアのパイオニアであるテックウインドの「AKRacing」から、初のティーン向けゲーミングチェア「PINON(ピノン)」が登場した。「PINON」は、快適な座り心地を実現し、体への負担を軽減する「AKRacing」のチェアの特徴はそのままに、サイズを小型化し、ティーン向けに安全性にも配慮したゲーミングチェア。ゲームはもちろん学習机と組み合わせて勉強用のイスとしても使える。実際に子どもに座ってもらって、その座り心地をチェックしてもらった。

「AKRacing」初のティーン向けゲーミングチェア「PINON」。今回は小学6年生のゲーム大好きな男の子に座ってもらった。市場想定価格は44,800円(税込)

「AKRacing」初のティーン向けゲーミングチェア「PINON」。今回は小学6年生のゲーム大好きな男の子に座ってもらった。市場想定価格は44,800円(税込)

あの「AKRacing」からティーン向けのゲーミングチェア「PINON」登場

昨今、eスポーツやゲーム配信が盛り上がりを見せているが、長時間座ってプレイするゲームは体への負担が大きく、その負担を軽減するアイテムとして、ゲーミングチェアへの注目度が急上昇している。もちろん長時間座って行うのは何もゲームだけではなく、日々の仕事や勉強も同じ。そこで在宅勤務用のイスとして、ゲーミングチェアを選ぶ人も少なくない。

そんなゲーミングチェアのパイオニアである「AKRacing」は、多くの有名プロゲーマーやストリーマーなどに愛用されている大人気ブランド。もともとはプロ向けのドライバーズシートメーカーとして、長年レーシングシートの開発に携わっていたが、そこで得た技術やノウハウを生かして、デスクチェアの開発をスタートさせたというのが「AKRacing」のルーツだ。なお、「AKRacing」はゲーミングチェアのイメージが強いかもしれないが、オフィスチェアも手がけており、多くのビジネスユーザーにも愛用されている。

そんな「AKRacing」から初のティーン向けゲーミングチェア「PINON」が登場した。大人用の「AKRacing」の特徴である、快適な座り心地はそのままに、ティーン向けにサイズを小型化したモデルである。適正身長は145cm〜165cmで、学年としては小学校高学年から中学生向けといったところ。ティーンだけでなく、大人用のゲーミングチェアでは大きすぎると感じている小柄な人が選ぶのもいいだろう。

「PINON」のカラーバリエーションはサクラピング、ホワイト、スカイブルーの3色。ティーン向けではあるが、レーシングカーのバケットシートのような広い背もたれなどデザインや機能は大人向けの「AKRacing」製品とほとんど変わらない

「PINON」のカラーバリエーションはサクラピング、ホワイト、スカイブルーの3色。ティーン向けではあるが、レーシングカーのバケットシートのような広い背もたれなどデザインや機能は大人向けの「AKRacing」製品とほとんど変わらない

サクラピンクとホワイトの張地には肌触りがよく、耐久性にすぐれたPU(ポリウレタン)レザーを採用。経年劣化に強い高品位素材となっている。いっぽうのスカイブルーは通気性のよいファブリック素材で、触り心地がいいのが特徴

サクラピンクとホワイトの張地には肌触りがよく、耐久性にすぐれたPU(ポリウレタン)レザーを採用。経年劣化に強い高品位素材となっている。いっぽうのスカイブルーは通気性のよいファブリック素材で、触り心地がいいのが特徴

今回はホワイトを試してみたが、学習机と組み合わせてもまったく違和感がなく収まった。大人用のゲーミングチェアよりも背もたれが低いので、圧迫感を感じることもない

今回はホワイトを試してみたが、学習机と組み合わせてもまったく違和感がなく収まった。大人用のゲーミングチェアよりも背もたれが低いので、圧迫感を感じることもない

安全面に配慮しつつ、機能や座り心地は大人用の「AKRacing」とほぼ同じ

続いて「PINON」の機能面をチェックしていこう。前述の通り、「PINON」はティーン向けのチェアではあるが、機能性や座り心地は大人用の「AKRacing」製品とほとんど変わらない。背もたれはレーシングカーのバケットシートのように広く、やさしく体を包み込んでくれる。肩口にはサイドサポートが張り出し、体が左右にズレにくいのもポイント。座面の奥行きは、大人用の「AKRacing」が54cm〜56cmのところ、「PINON」は45cmと10cmほどコンパクトになっている。座面のクッションは、圧力を分散する効果があり、圧力が臀部の一部に集中するのを防いで疲労を軽減してくれるという。頭と首を支えるヘッドレストや、腰椎を支えて正しい姿勢をサポートするランバーサポートなど、「AKRacing」ではおなじみの機能も備わっている。

それぞれのポイントを写真でチェックしていこう。

背もたれの肩口はサイドサポートが張り出した形状で、体をやさしく包み込んでくれる。背もたれの高さは85cmで、大人用の「AKRacing」よりも6cm〜10cmほど低い。内部にはメタルフレームが入っており耐久性や安全性が高いのもポイント。3年間のメーカー保証もついている

背もたれの肩口はサイドサポートが張り出した形状で、体をやさしく包み込んでくれる。背もたれの高さは85cmで、大人用の「AKRacing」よりも6cm〜10cmほど低い。内部にはメタルフレームが入っており耐久性や安全性が高いのもポイント。3年間のメーカー保証もついている

クッションはやわらかすぎず硬すぎない絶妙なやわらかさ。大人用の「AKRacing」よりも少しやわらかい印象だ。座面の幅は38cm、奥行きは45cmと大人用の「AKRacing」より少しだけコンパクトになっている

クッションはやわらかすぎず硬すぎない絶妙なやわらかさ。大人用の「AKRacing」よりも少しやわらかい印象だ。座面の幅は38cm、奥行きは45cmと大人用の「AKRacing」より少しだけコンパクトになっている

アームレストは高さ調整と回転による角度調整が可能。大人用の「AKRacing」と同じく、ロゴもしっかりと入っている

アームレストは高さ調整と回転による角度調整が可能。大人用の「AKRacing」と同じく、ロゴもしっかりと入っている

腰椎を支えるランバーサポートは取り外し可能

腰椎を支えるランバーサポートは取り外し可能

フローリングの床面を傷つけにくいPUキャスター。音も静かで集合住宅でも安心して利用できるだろう

フローリングの床面を傷つけにくいPUキャスター。音も静かで集合住宅でも安心して利用できるだろう

サイズ以外で大人用と違うのは、リクライニングの角度が最大180°から最大150°に変更されていること。誤って背もたれを倒しても、無用な転倒などを防げるというわけだ。ティーン向けということで、安全面にもしっかり配慮した設計となっている。

150°までリクライニングした状態。勢いよく背もたれを倒しても、転倒を防げそうだ。リクライニングした状態でも、サイドサポートがしっかり体を支えてくれるため、ゲームや勉強に疲れたときに気持ちよく休憩できる

150°までリクライニングした状態。勢いよく背もたれを倒しても、転倒を防げそうだ。リクライニングした状態でも、サイドサポートがしっかり体を支えてくれるため、ゲームや勉強に疲れたときに気持ちよく休憩できる

リクライニング用のレバーを上げると角度が調整でき、離すと固定される仕組み。座面下の黒いレバーを引き上げると高さを調整可能。最大12°までボディを傾けられる「ロッキング機構」も備える。荷重制限は150kg

リクライニング用のレバーを上げると角度が調整でき、離すと固定される仕組み。座面下の黒いレバーを引き上げると高さを調整可能。最大12°までボディを傾けられる「ロッキング機構」も備える。荷重制限は150kg

「PINON」に実際に座ってみた

最後に小学6年生の男の子に「PINON」に実際に座ってもらった。ゲームに勉強に毎日忙しいという男の子なので、やはり長時間イスに座っている日が多いとのこと。「AKRacing」はいつも見ているお気に入りのゲーム実況者が使っており、知っているが、実際に座るのは今回が初めて。あこがれのゲーム実況者が使っているということもあり、興味津々で「PINON」を試してくれた。

「普段使っているイスは座面が薄くて、おしりが痛くなるので、座布団を使っています。PINONは長時間座っていてもおしりがほとんど痛くなりませんでした。体にフィットするのも驚きました。見た目もかっこいいし、PINONならゲームを思いっきり楽しめそうです。もちろん、勉強もはかどると思います(笑)」と男の子。

男の子は「PINON」の適正身長内の身長160cmのため、窮屈な感じは一切なし。座面の高さは31.5cm〜38cmで調整できるが、写真は一番低い31.5cmから5cmほど高くしている。もう少し身長が伸びても問題なく使えそうだ

男の子は「PINON」の適正身長内の身長160cmのため、窮屈な感じは一切なし。座面の高さは31.5cm〜38cmで調整できるが、写真は一番低い31.5cmから5cmほど高くしている。もう少し身長が伸びても問題なく使えそうだ

ランバーサポートのおかげで背筋が伸びた正しい姿勢で座れている。普段は猫背が気になるということだが、「PINON」なら正しい姿勢でゲームや勉強に集中できるだろう

ランバーサポートのおかげで背筋が伸びた正しい姿勢で座れている。普段は猫背が気になるということだが、「PINON」なら正しい姿勢でゲームや勉強に集中できるだろう

後ろから見ると、男の子を完全に包み込んでいるのがわかる。後ろのバンドはヘッドレストを固定するためのもの

後ろから見ると、男の子を完全に包み込んでいるのがわかる。後ろのバンドはヘッドレストを固定するためのもの

「いつもより、いいプレイができそう」と男の子が言っていた通り、ゲーミングチェアは快適な座り心地なのはもちろん、ゲームプレイ時の気分を高めてくれるのにもひと役買ってくれる

「いつもより、いいプレイができそう」と男の子が言っていた通り、ゲーミングチェアは快適な座り心地なのはもちろん、ゲームプレイ時の気分を高めてくれるのにもひと役買ってくれる

快適な座り心地の「PINON」は勉強用のイスとしても優秀。「いつも使っているイスより集中できそうです」と男の子

快適な座り心地の「PINON」は勉強用のイスとしても優秀。「いつも使っているイスより集中できそうです」と男の子

まとめ 座り心地がいいと、ゲームだけじゃなく勉強もはかどりそう!

ゲーミングチェアと言うと、ゲーム専用というイメージを持つかもしれないが、座り心地のよいゲーミングチェアは、仕事や勉強などゲーム以外の用途にも向いている。今回、「AKRacing」初のティーン向けゲーミングチェア「PINON」を試してみて、ゲームだけでなく勉強用としても優秀なイスであることがわかった。快適な座り心地の「PINON」があれば、ゲームだけじゃなくて勉強もはかどるだろう。ゲーム用と聞くと、親のほうが敬遠してしまうかもしれないが、座り心地のよい勉強用のイスとしてなら、「買ってあげてもいいかも」と思う親も多いのではないだろうか。また、家だとイスに長時間座るのが苦手という子どももいるが、自分専用のゲーミングチェアがあれば、自然に机に向かうようになるかもしれない。小学校入学のタイミングで学習机と一緒に購入したイスでは、もう小さくて座りにくいと感じている子ども用イスの買い換え候補としてもぜひチェックしてみてほしい。

製品詳細情報(公式サイト)
購入はこちら(公式ストア)

価格.comマガジン編集部

価格.comマガジン編集部

パソコン・家電からカップ麺に至るまで、何でも自分で試してみないと気が済まないオタク(こだわり)集団。常にユーザー目線で製品を厳しくチェックします!

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
ページトップへ戻る