いいモノ調査隊

完全新作『ポケモン サン・ムーン』を大特集!気になる特典は?

2016年11月18日、待ちに待った3DS専用ソフト、完全新作の『ポケットモンスター サン・ムーン』が発売されました。発売日に全世界で1,000万本を出荷したという驚きのニュースも出ておりましたが、まだまだコンシューマーゲームも世界で戦えるということですね! ポケモンフリークの筆者としては当然ソフトも購入したのですが、そのほかもろもろを集めてみました。これから始まるクリスマスやお正月をポケモンで楽しみたい! という方にオススメの特集です!

ソフトにハードにグッズたくさん集めました!

ソフトにハードにグッズたくさん集めました!

まずはゲーム! 舞台モチーフはハワイ? 南の島で繰り広げられるポケモンの世界
今回の『ポケモン サン・ムーン』の舞台はアローラ地方と呼ばれる南の島。ハワイをイメージしたかのような南国独特ののんびりムードがゲーム内で楽しめます。いつものように、「サン」と「ムーン」という2種類のバージョンが発売されており、迷うことなく2つとも購入しました。しかも今回は、その2つがセットになった「ダブルパック」というパッケージ版があったのでこちらも購入(合計4本)!! 店舗や販売形態によって特典も異なるということでかなり迷いましたが、ポケモンセンターにて予約、購入しましたよ。

ダブルパックは、この2本が入って特典付きのお得パッケージです。今回はさらに単品でソフト2本とNew 3DS LLも買っちゃいました!

ダブルパックは、この2本が入って特典付きのお得パッケージです。今回はさらに単品でソフト2本とNew 3DS LLも買っちゃいました!

最近は購入店舗ごとに特典が違うという販売形態が多いですね。この『サン・ムーン』もAmazonやイオン、ヨドバシカメラなど25店舗でそれぞれもらえる特典が異なるという恐ろしい展開でした。筆者はオリジナルのフィギュアがもらえるというポケモンセンターの実店舗で予約。さらに4年ほど使った3DS LLから環境を変えるということで、New 3DS LL ピカチュウ(イエロー)を購入しました。またソフト全購入者にももらえる特典もついており、売り上げが苦戦しているといわれるコンシューマーゲームもあの手この手で購入者を増やそうとしているんだなと実感しましたよ。

購入者全員特典はオリジナルのポケモンカードとそのイラストに描かれたポケモンがもらえるシリアルコード。ポケモンセンター購入者にはパッケージポケモンのフィギュアが特典に

購入者全員特典はオリジナルのポケモンカードとそのイラストに描かれたポケモンがもらえるシリアルコード。ポケモンセンター購入者にはパッケージポケモンのフィギュアが特典に

さらに2本ソフト購入者には特製のアートブック(CD付き)がつくという豪華さ

さらに2本ソフト購入者には特製のアートブック(CD付き)がつくという豪華さ

3DS LLからNew 3DS LLにお引っ越し。それってどうやるの?
本体を買い替えたのですが、3DS/LL(以下、3DS)は旧機種から新機種へデータやIDの移行が簡単にできる「お引っ越し」機能があります。もちろんNew 3DS/LL(以下、New 3DS)にも引き継げますよ。この年末に買い替えを考えている皆さまのために筆者も実際に試してみました。今回はWi-Fi環境必須の「通信でぜんぶ移動」にチャレンジ。

New 3DSピカチュウ(イエロー)を購入しました。レモン色なイエローです。本体全面にピカチュウのイラストが描かれていてとてもカワイイですよ

New 3DSピカチュウ(イエロー)を購入しました。レモン色なイエローです。本体全面にピカチュウのイラストが描かれていてとてもカワイイですよ

引っ越しの種類は何種類かあり、一番時間がかからないのは中のSDカードのデータをPCに移して、新機種のmicro SDカードに移すという方法なのですが、これには問題が! New 3DSのmicro SDカードを取り出すには、ドライバーで本体の裏側を外さないといけないというめんどくさい手順が必要になります。ですので、時間はかかるものの、設定だけで引っ越しできる「通信でぜんぶ移動」を選びました。これにはインターネットにつなぐ処理が必要になるのでWi-Fi環境は必須。まずは旧機種の「設定」から「ソフトとデータの引っ越し」を選び、「ニンテンドー3DSシリーズと引っ越し」を選び、「この本体から送信」を選ぶだけ。あとは新機種も同様の手順で「別の3DSから受信」を選べばOKです。開封したての新機種は更新が必要になるので、一度「本体の更新」をして、引っ越しをしましょう。

あとは画面の操作に従ってローカル通信で引っ越しします。筆者の旧3DSには内蔵データが1GB弱あり、引っ越し時間は約1時間半でした

あとは画面の操作に従ってローカル通信で引っ越しします。筆者の旧3DSには内蔵データが1GB弱あり、引っ越し時間は約1時間半でした

引っ越しできるのは、ニンテンドーネットワーク IDやダウンロード購入したソフト、そのセーブデータ、SDカード内のソフトの使用権や購入記録などで、引っ越しすれば旧機種とまったく同じ仕様で新機種が楽しめます。約1時間半と時間はかかりましたが、これが一番手間なく引っ越しできると思います。

元祖ポケモンフィギュアの「モンコレ」も『サン・ムーン』仕様の「モンコレEX」へ
ポケモンフィギュアの「モンコレ」も『サン・ムーン』の新規ポケモンたちがラインアップされた「モンコレEX」に進化。通常版、ちょっと大きなSP版、さらに大きく可動もするHP版の3種類で今後も展開するようですよ。また完全新規のポケモン以外に、旧作で登場したポケモンたちもラインアップされています。今回は新規ポケモンだけを選んで購入してみました。

ノーマル、SP、HPと3種類にセット商品がラインアップされています

ノーマル、SP、HPと3種類にセット商品がラインアップされています

新規ポケモンだけ集めてみました。わりかしカラフルですね。今回の旅のお供になる最初の3体はこちら。左からモクロー、ニャビー、アシマリです

新規ポケモンだけ集めてみました。わりかしカラフルですね。今回の旅のお供になる最初の3体はこちら。左からモクロー、ニャビー、アシマリです

旧シリーズに比べて、ちょっと値上がりしているモンコレですが、色彩も鮮やかで造形もていねい、さらには小さく集めやすいのでコレクターにはもってこいの商品です。単体発売が多いので、欲しいポケモンだけ選んで買えるというのもいいですね。筆者ももう20年以上集めているコレクションなので、今後も揃えていきたいと思っておりますよ。

大型トイが欲しければポケプラが簡単でいいのです
モンコレより大きなおもちゃが欲しければ、ぬいぐるみもありますが、ここは簡単に作れるポケプラをオススメします。ポケモンのプラモデルで、これも長く続くシリーズなのですが、『サン・ムーン』発売と同時に伝説の2体が発売されました。今回はソルガレオを買ってみましたよ。制作時間は30分弱。大きなパーツとシールでお子さんでも簡単に作れちゃいます。

ナップキットで簡単に組めるポケプラ、ソルガレオです。本体は白がメイン。後はシールで補います。手足、鬣が可動します

ナップキットで簡単に組めるポケプラ、ソルガレオです。本体は白がメイン。後はシールで補います。手足、鬣が可動します

大きさ比べ。手前がポケセン特典フィギュア、真ん中モンコレEX、奥がポケプラ版です

大きさ比べ。手前がポケセン特典フィギュア、真ん中モンコレEX、奥がポケプラ版です

ポケモンカードも新要素を追加した『サン・ムーン』仕様に!
ポケモンカードゲームも『サン・ムーン』シリーズに突入です。新要素を加えて、さらに対戦がおもしろくなりそうですね。12月9日より新拡張パックや構築デッキセットなどが発売されます。残念ながら記事制作中には商品が間に合いませんでした。ごめんなさい。また機会があればご紹介します。今回はソフト発売記念ミニセット、プロモカードが4枚入った「ピカチュウと新しい仲間たち」をご紹介します。

4枚のキラカード入りで300円のミニセットです。構築デッキセットや拡張パックは12月9日より発売開始! 店舗限定品もあります

4枚のキラカード入りで300円のミニセットです。構築デッキセットや拡張パックは12月9日より発売開始! 店舗限定品もあります

お菓子売り場も『サン・ムーン』商品が続々と
最後は食玩です。こちらも『サン・ムーン』仕様のグッズが続々と発売されています。オマケ付きのポケモン食玩の元祖「ポケモンキッズ」も復活するということでお菓子売り場も盛り上がってくるのではないでしょうか? 今回はこの3種類をご紹介。特に筆者は今までノーマークだった「ポケモンブロマイドガム」に注目しました。これ100円ちょっとで大判のカードが2枚も入っているんですよ。デザインもかわいくてとってもよさげです。

ウエハースに「組み立てトレーナーズキット」、「ポケモンブロマイドガム」です。オマケも豪華! 特にブロマイドガムのカードはおしゃれでいいです

ウエハースに「組み立てトレーナーズキット」、「ポケモンブロマイドガム」です。オマケも豪華! 特にブロマイドガムのカードはおしゃれでいいです

いかがでしたか? もうなんかおなかいっぱいな感じですよね。まだまだこのほかにも文房具やアパレル、小物雑貨なども今後『サン・ムーン』仕様のものが数多く発売される予定です。子供や女性、ポケモン好きなおっさんへの年末のプレゼントとしてオススメできますよ。2016年は『Pokemon GO』が注目された年でしたが、まだまだコンシューマーのポケモンの元気があるというところを見せつける年にもなったと思います。

マッシー

マッシー

趣味も仕事もゲーム漬けだった人生から脱却を図り模索中。ホビーや生活雑貨記事などを書かせていただきます。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る