“走る”フリーライターが、履いて、走って、確かめた!

アシックスの人気エントリーモデル「GT-2000 NEW YORK 5」を履く

このエントリーをはてなブックマークに追加

これからランニングを始める、あるいはフルマラソンへの挑戦を目指そうという方。シューズ選びに迷ったら、多くのユーザーに愛される人気モデルを選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。今回ご紹介する「GT-2000 NEW YORK 5」は、アシックスを代表する人気シューズで、価格.comのランニングシューズ 人気売れ筋ランキングで長らく首位を独走中の「GT-2000 ニューヨーク 4」の後継モデル。実際に履いて走った感覚から、シューズの特徴やポイントを見ていきます。

アシックス「GT-2000 NEW YORK 5」。シューズとの相性は走り方や足の形状などによって異なるので、一概にどれがよいとは言い切れませんが、ファンが多いということはそれだけ広くマッチしやすいと言えるでしょう

着地した際に足へ伝わる衝撃が少ない

ビギナーランナーの場合、跳ねるように走ってしまったり、かかとから強く着地してしまったりすることも多いでしょう。すると、着地した際に地面から大きな反発による衝撃が伝わり、足への疲労蓄積やケガの原因となります。もちろんこれを解決するには、フォーム改善などによる対策が望ましいですが、正しいフォームは一朝一夕で身につくものではありません。レースにのぞむ場合などには、この衝撃を最小限にできるシューズ選びが大きなポイントとなります。

「GT-2000 NEW YORK 5」を履いて走ってみると、まず、足が若干ソールへ沈み込み、着地した際にクッションが衝撃を吸収するのがわかります。想像以上に反発が足へ伝わらず、着地による衝撃が大きくやわらげられている感覚です。私は足裏全体で着地するフラット着地なのですが、下り坂ではどうしてもかかとから入る形となるので、そうした際にはその恩恵を感じられそうです。

かかとから中足部方向にかけて、大きな樹脂カウンターを採用。かかとをしっかりとつかむことでフィット性を高め、かかとの過度な倒れこみを抑える設計です

「GT-2000 NEW YORK 5」の中敷きはクッション性の高い素材で作られているため、足裏を包み込む感覚があり、履いた瞬間に包み込まれるような感覚を得られることでしょう。ただし、私のようにすでに薄いソールのシューズを中心に履いている方は、そのクッション性に大きな違和感を抱いてしまうかもしれません。

触れた感じではいわゆる厚めソールのシューズとそこまで大きく変わらないのですが、見た目以上にクッション性が高いです

左右へのブレを抑止してくれる

足裏の左右いずれかに体重が乗り、かたよった着地になっているランナーは少なくありません。すると、ふくらはぎをはじめとした筋肉の一部分にプレッシャーが集中したり、あるいは足首をひねったりする可能性があります。「GT-2000 NEW YORK 5」を履いていると、立位、歩行、そしてランニングに至るまで、地面に対して“安定して足が着いている”感じがあります。地面に着くというより、“地面をつかんでいる”ようなイメージでしょうか。重心がブレにくく、走行時にも着地から蹴り出しまでの動作がスムーズです。力に頼った走りになりがち、あるいは重心が下がって足を擦るような走りになりがちな方は、「GT-2000 NEW YORK 5」を履くことで後半に向けて疲労の蓄積を軽減できるかもしれません。

ソールの中央を縦に走る溝がたわむことで、重心の左右ブレを抑える設計になっています

ソールの中央を縦に走る溝がたわむことで、重心の左右ブレを抑える設計になっています

ソールはかかと部分が厚く、少しずつ前足部に向けて薄くなっています。爪先部分はやや上がっており、かかと着地を想定した走りにフィットするよう設計されているようです

守られている安心感

「GT-2000 NEW YORK 5」は軽量性にも配慮されていますが、全体的に厚めの素材で覆わています。言い換えれば、それだけしっかり足が守られているということ。初心者ランナーのみならず、ハードなトレーニングを積み、レースで記録更新を狙うシリアスランナーにとっては疲労回復を目的とした利用も考えられそうです。

軽量ながら全体的に厚めのつくり。ランニング中も足を守られている安心感を得られるはずです

軽量ながら全体的に厚めのつくり。ランニング中も足を守られている安心感を得られるはずです

疲労抜きを目的としたアクティブレスト。あるいは、どうしても走り切りたいロングトレーニングやレース本番での使用には、この安心感がプラスに働くでしょう。私なら負荷の高いトレーニングを行った翌日のLSD(Long Slow Distance。長い距離をゆっくりと走るトレーニング方法)、何らかの事情でしばらく走れなかった際のリハビリトレーニング、あるいはアップダウンが多く、脚に疲労が溜まりやすいコースでのレースなどに使いたい一足です。

三河賢文

三河賢文

“走る”フリーライター。マラソン・トライアスロン競技を中心に、全国各地を走り回りながら取材・執筆中。83年生まれ・仙台市出身。ナレッジ・リンクス(株)代表。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
連載最新記事
連載記事一覧
2017.5.21 更新
ページトップへ戻る