マニキュアとジェルネイルの“イイとこ取り”

ぺりっとはがせるネイル! HOMEI「ウィークリージェル」って実際どうなの?

このエントリーをはてなブックマークに追加

爪が美しい女性は素敵です。筆者も、手や爪はきれいにしておきたいものの、マニキュアは小まめに塗り替えるのがめんどうだし、サロンでのジェルネイルは爪の伸びがやたらと早い体質のため不経済。今では、「ナチュラルが一番だ」と言い訳(本当にそう思いますが、素敵なネイルをしている女性を見るとやはりうらやましい……)しながら素爪で生活しています。

しかし最近、そんなネイルライフを一変させてくれそうな製品に出会いました。HOMEI「ウィークリージェル」は、名前のとおり1週間ほどで替えられるジェルネイル。マニキュアのように簡単に塗れるのに、UVライトで硬化させることができるそう。しかも、オフする際は指でぺりっとはがすだけ! これはまさに私が求めていたものかも。さっそく使い勝手をチェックしました。

除光液もアセトン(ジェルネイルのオフに使用する溶剤)も使わず、ぺりっとはがせます

除光液もアセトン(ジェルネイルのオフに使用する溶剤)も使わず、ぺりっとはがせます

「ウィークリージェル」は、マニキュアとジェルのイイとこ取り

ネイルに関心のある女性なら共感していただけるかと思いますが、マニキュアとジェルネイルの欠点は、それぞれ以下のようなことではないでしょうか。

<マニキュア>
・乾くのに時間がかかる(その間、行動を制限される)
・欠けたりはげたりしやすい(筆者の場合、たいてい2日後にはどこかしら欠けている)
・アレンジが難しい(作業途中で乾いて固まったりよれたりしてしまう)
・落とすのがめんどう(除光液は爪を傷めることもある)

<ジェルネイル>
・付ける際に爪の表面を削る「サンディング」作業が必要(繰り返すと爪が薄くなる)
・オフするのが大変(飽きてもすぐに変えられない)

今回使用する「ウィークリージェル」は、上にあげたマニキュアとジェルネイルそれぞれの欠点を解消できる爪用化粧品です。まず、爪に塗った後、UVライトを当てると固まるので、マニキュアのように乾くまでの時間に行動を制限されません。また、マニキュアでは難しいネイルアートも簡単にできます。オフする際も、マニキュアには除光液が、ジェルネイルには「表面を削った後に専用の液でふやかしてから専用の器具でガシガシこする」という作業がそれぞれ必要なのですが、「ウィークリージェル」は、手でぺりっとはがすだけなのです。つまり、「マニキュアとジェルのイイとこ取り」ということですね。

しかも、この「ウィークリー」というのが絶妙。ジェルネイルの場合、3週間程度長持ちするのがよいところではあるのですが、途中でデザインに飽きてしまったり、「爪が伸びて生活しにくいけど、ジェルネイルがきれいに残っているから、取るのがもったいない」と葛藤することが多々あります。その点、「ウィークリージェル」は美しい状態をキープできる期間が1週間程度なので、「爪を切りたいタイミングとネイルを替えたいタイミングが合わない」ということになりにくいのです。

「ウィークリージェル」は1本1,000円(税別)。2017年5月現在、30色以上のカラーが発売されているそうです

「ウィークリージェル」は1本1,000円(税別)。2017年5月現在、30色以上のカラーが発売されているそうです

テクスチャーも一般的なマニキュアとほぼ同じなので、ジェルネイルの扱いに慣れていなくても大丈夫です

テクスチャーも一般的なマニキュアとほぼ同じなので、ジェルネイルの扱いに慣れていなくても大丈夫です

「ウィークリージェル」を固めるのには、ジェルネイルと同様にUVライトが必要です。メーカー推奨器のHOMEI「コンパクトジェルライト」の波長は約400nmで、価格は3,600円(税別)。パソコンなどにUSB接続して使用します。アダプター(別売)を使用すれば、コンセントに接続することも可能です。

「コンパクトジェルライト」本体のサイズは、112(幅)×17(高さ)×81(奥行)mmとコンパクトなので、旅行などにも持っていけます

ふたの裏にUVライトが搭載されています

ふたの裏にUVライトが搭載されています

では、爪に「ウィークリージェル」をほどこしていきましょう。塗り方は普通のマニキュアと同じなので、マニキュアの扱いに慣れている方なら問題なく使用できるはず。マニキュア同様、薄めの塗り方を何回か重ねたほうがムラなく仕上がります。

「ウィークリージェル」に限らず、ネイルをきれいに仕上げるのに必須なのが甘皮処理です。先に専用アイテム(数百円から手に入ります)でケアしておきましょう

爪やそのまわりの油分を取り去っておくことが「ウィークリージェル」を長持ちさせるコツだそうで、ガッツリ油分を落としたい筆者は食器洗剤(!)で指先を洗います。もちろん肌にはよくないので、おすすめはしません

ムラにならないよう、「薄めの塗り←→硬化」を2〜3回繰り返します。「ウィークリージェル」は伸びがよく、塗りやすいです

ムラにならないよう、「薄めの塗り←→硬化」を2〜3回繰り返します。「ウィークリージェル」は伸びがよく、塗りやすいです

45秒ほどでライトが消えたら、硬化完了。短時間で完全に固めることができるので、作業の途中にトイレに行きたくなっても安心ですね。指で触ってぺたっとするようなら、ぺたぺた感がなくなるまで再度UVライトに当てましょう

ちなみに、「コンパクトジェルライト」はフットネイルにも使用できます。ただ、足の指でスイッチを押すのは大変なので、手で押したほうがいいかも

カラーを3度塗りして、クリア(透明のトップコートのようなもの)を重ねて仕上げました、ツヤがあり、本当にジェルネイルのような見た目です

本当に1週間剥がれないの?

すべての指に「ウィークリージェル」をほどこした状態で、本当に1週間持つのか試してみました。筆者はデスクワークをしているので昼間はつねにキーボードを触り、ほぼ毎日自炊をするため、米を研いだり野菜を洗ったりします。爪への負担は大きいほうかと思いますが、どのくらいきれいな状態を保てるでしょうか。

いつまでこの状態をキープできるでしょうか? ちなみに、筆者の爪はジェルネイルに向いているようで、サロンでの施術後は、めったなことがない限り3〜4週間外れません

なるべく爪を意識せずに過ごすこと5日。この日まではどの指も外れることなく、「このまま1週間きれいな状態をキープできるかも」と思っていたのですが、6日目になると、どんどんはがれてきました。指先に力を入れる作業をしている際に取れるだけでなく、髪をかき上げた拍子にポロリと取れることもありました。

箱を開けようとして折れてしまったり

箱を開けようとして折れてしまったり

セロハンテープを使用していて、テープにくっついて外れてしまったり

セロハンテープを使用していて、テープにくっついて外れてしまったり

6日目を終えた時点で「ウィークリージェル」が残っている指は、10本中わずか4本。筆者は右利きのためか、やはり左手のほうがキープしやすいようです。ちなみに、自然にはがれた場合は爪へのダメージはほとんど感じませんが、ネイルオイルなどでケアしておいたほうがよいとのこと

その後、さらに2度同じ検証をしてみましたが、結果はほぼ同じ。なので、家事をしたり、楽器を弾いたり、手先を頻繁に使う人の場合、1週間はもたないのでは? という印象です。

インターネットで調べてみると、「ウィークリージェルを塗る前に爪の表面を少し削る」「仕上げに普通のトップコートを塗る」などの方法で持ちをよくしている人もいるようです。たしかに持ちはよくなるかもしれませんが、そんなの本末転倒じゃ……? ということで試してはいませんが、少しでも持ちをよくしたいという方は、試してみる価値はあるかもしれません。

アレンジもがんばってみよう!

「ウィークリージェル」のよいところは、マニキュアのように簡単に使えるのに、ジェルのようにアレンジが自在にできること。せっかくなので、筆者もチャレンジしてみました。

100円ショップで、夏らしいシェルと、シンプルなスタッズ風パーツを調達

100円ショップで、夏らしいシェルと、シンプルなスタッズ風パーツを調達

マニキュアと違い、UVライトで硬化するまでは固まることがないので、作業がスムーズにいかなくても大丈夫

マニキュアと違い、UVライトで硬化するまでは固まることがないので、作業がスムーズにいかなくても大丈夫

【作例1】ベースとなるカラーを塗った後、上からシェルパーツを重ねるアレンジ。初心者にも簡単でした。100円ショップのパーツでもかわいらしくできるものですね。ハマりそうです

【作例2】ベースカラーを塗った後、爪楊枝の柄の部分で2色のドットを描きました。やはり手描きは初心者には難易度が高い! 何度かやり直して挫折しかけましたが、なんとか完成

まとめ

「ウィークリージェル」は、「本当に1週間きれいな状態でキープできるか?」というと、個人的には、「1週間はもたない」というのが正直な感想です。しかし、普段マニキュアをしても2、3日で必ずどこかしらが欠けてしまいテンションが下がる筆者は、5日間もほぼきれいな状態で保てるなら十分だと感じています。アレンジも手軽に楽しめるので、今後のセルフネイルは、「ウィークリージェル」が主力となりそうです。

また、「ウィークリージェル」のもっともよい点は、オフが楽ということ。爪のおしゃれは、必ずしなければならないものではありませんが、めんどうなあまり、マニキュアをところどころ欠けたまま放置していたり、「ジェルネイルはきれいに残っているけれど、爪が伸びすぎている」なんて状態だと、おしゃれをしたいという気持ちとは裏腹に、“むしろマイナスの印象”になってしまいます。思い立った時に簡単にオフできる「ウィークリージェル」なら、“むしろマイナスの印象”という事態に陥るのを回避できるので、飾ることよりも、まず「きちんとした身だしなみ」が求められる大人の女性の強い味方といえるのではないでしょうか。

大泉瑠梨(編集部)

大泉瑠梨(編集部)

美容・健康家電を中心に新製品レポートやレビュー記事を担当。時には体を張って製品の実力をチェックします。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
レビュー最新記事
レビュー記事一覧
2017.10.19 更新
ページトップへ戻る