「MDノート」「トラベラーズノート」を手がけるデザインフィルが新ブランドを発足!

“ノート=記録”の時代は終焉! ツールブランド「PLOTTER」、誕生

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年7月12日、文房具メーカー・デザインフィルは、クリエイティブワークを楽しむ人のためのツールを展開する新プロダクトブランド「PLOTTER(プロッター)」を発表。9月23日より、第1弾となるステーショナリーラインを発売する。

新プロダクトブランド「PLOTTER」のイメージカット。アートディレクションは、デザイナー・太刀川瑛弼(たちかわえいすけ)氏が手がけた。同氏が代表を務めるNOSIGNERは、東京都が都内各家庭に配布した防災ブック「東京防災」のデザイン及び編集に携わるなどの実績がある

そもそも、新ブランドの名称「PLOTTER」とは、「計画する人、主催する人、構想する人」を表す言葉。同ブランドのコンセプトは、“クリエイター、プランナー、アーティスト、起業家、経営者、研究者、職人など、クリエイティブな仕事をする人に向けて、アイデアを生み出し、それを形にするためのツールブランド”となる。

「PLOTTER」が展開予定のアイテムは、ステーショナリー、レザー小物、地図、旅行用品など。その第1弾としてステーショナリーラインが発表された。各製品の詳細情報は9月に発表予定だが、ここではその一部を紹介する。

ミニマルで洗練された“アイデア創造キット”

「PLOTTER」の製品で、アイデアを作り出す仕組み図

「PLOTTER」の製品で、アイデアを作り出す仕組み図

「PLOTTER」が提唱するアイデア作りの流れは次の通りだ。

1. アイデアを書き留める
2. アイデアを並べ替える
3. テーマ別にまとめる
4. そのとき、必要なアイデアだけ持ち歩く
5. アイデアをアーカイブする
6. アーカイブからアイデアを出し入れしたり、
新しいアイデアを引き出したりする
7. 1に戻る

第1弾のステーショナリーラインには、この循環を円滑にするアイテムがラインアップされている。

アイデアを書き留めたり、並び替えたりできるメモパッド

「リフィルメモパッド」の表紙には、「PLOTTER」のブランドカラーであるオレンジとブラックを使用

「リフィルメモパッド」の表紙には、「PLOTTER」のブランドカラーであるオレンジとブラックを使用

「リフィルメモパッド」は、ノートやルーズリーフの機能を兼ね備えるメモパッド。紙面の種類は、無地の「Plain」、方眼罫の「2mm Grid」、横罫の「6mm Ruled」、タスク管理の「To Do List」、絵を描くための「Drawing Paper」の5種類をラインアップし、サイズは、ミニ、ナロー、バイブル、A5の計4サイズで展開される。価格は、453〜712円(税込/以下すべて)だ。

方眼罫「2mm Grid」を開いた様子。構成としては、内側のノドの上部には日付を、その横にはタイトルなどが入れられるスペースを設置。また、後述するバインダーに挟むための6穴が開けられているほか、写真ではわかりづらいが、穴の並びと平行して縦にミシン目が入っているため、きれいに切り取れる

使用例。180°しっかり開いて平らになるので、書きやすそうだ

使用例。180°しっかり開いて平らになるので、書きやすそうだ

シンプルな「日付リフィル」も用意。見開きで1か月分が見通せる「月間ブロック」と、左ページに1週間分の各日の時間軸、右ページにメモ欄を備えた「週間レフト式」の2種類がラインアップされる。サイズは「リフィルメモパッド」と同じ4種類

アイデアをテーマ別にまとめる“マネージャー”

「プロジェクトマネージャー」のカラーは、6色で展開

「プロジェクトマネージャー」のカラーは、6色で展開

上記の「リフィルメモパッド」の数枚を切り離し、テーマ別にまとめられるのが「プロジェクトマネージャー」。「リフィルメモパッド」を中に挿し入れて包み込むように収納でき、かたまりで管理できる。

表紙を開くと、タスクごとにスケジュールを管理するガントチャートが現れる

表紙を開くと、タスクごとにスケジュールを管理するガントチャートが現れる

そのとき必要なアイデアだけ持ち歩けるバインダー

「6穴リングレザーバインダー」のラインアップ

「6穴リングレザーバインダー」のラインアップ

「6穴リングレザーバインダー」は、「リフィルメモパッド」を入れた「プロジェクトマネージャー」を、挟んで持ち運ぶためのバインダー。ベースとなっているのは、「第25回 日本文具大賞」(2016年度)の機能部門でグランプリに輝いた人気システム手帳「LUFT」。こだわりの1枚牛革と、金色に輝くバックプレート、そして6穴リングのわずか3パーツで構成されており、ミニマルで高級感のあるたたずまいが特徴だ。サイズは、上記アイテムと同じ4サイズを用意する。価格は、ミニサイズが7,560〜10,800円、ナローサイズが8,100〜12,960円、バイブルサイズが8,640〜14,040円、A5サイズが12,960〜19,440円。

なお、「LUFT」は在庫限りで販売終了となる。

金色のバックプレートとリングパーツで1枚牛革を挟んだだけのシンプル設計。牛革の種類は、シボ(シワ)が強調された独自の風合いで、やわらかく傷が目立ちにくいシュリンクレザー、摩擦に強いとされるホースヘア風レザー、エイジングでツヤが出てくるプエブロレザーの3種類を用意

表紙の裏に刻印されたタイポグラフィーがかっこいい

表紙の裏に刻印されたタイポグラフィーがかっこいい

アイデアをアーカイブするストッカー

「リフィルメモパッド」や「プロジェクトマネージャー」を保管する「リフィルストッカー」

「リフィルメモパッド」や「プロジェクトマネージャー」を保管する「リフィルストッカー」

「リフィルストッカー」は、ハードカバーのアーカイブ用ファイル。ここから、必要なアイデアを「6穴リングレザーバインダー」に移して持ち歩いたり、アーカイブのアイデアを参考に新しいアイデアを引き出して「リフィルメモパッド」に書き込んだりできる。

とじ具は、ボタンで固定する2穴パイプ式

とじ具は、ボタンで固定する2穴パイプ式

さらに、これらアイテムをサポートするアクセサリーツールとして、リフィルが傷つかないように一番手前に差し込んで使用するリフターや、下敷き、ペンホルダーなどをそろえる。各4サイズ展開で、価格は432〜1,296円。

分度器、定規、インデックスの機能が搭載された下敷き

分度器、定規、インデックスの機能が搭載された下敷き

レタリングの例がデザインとして描かれたペンホルダー

レタリングの例がデザインとして描かれたペンホルダー

日本と世界各国の都市との時差が描かれたリフター

日本と世界各国の都市との時差が描かれたリフター

「PLOTTER」の第1弾であるステーショナリーラインは、システム手帳のような設計ながら、アイデアを生み出してカタチにすることに焦点を当てたツールシリーズという位置付け。手帳には欠かせないスケジューリング用の日付リフィルを2種類に絞っていたり、紙面構成において余計なスペースや機能を省いていたりと、直感的に使えそうなシンプルさが面白い。同ブランドの製品情報は、オフィシャルホームページで順次案内されるので要チェックだ。

牧野裕幸(編集部)

牧野裕幸(編集部)

月刊アイテム情報誌の編集者を経て価格.comマガジンへ。家電のほか、ホビーやフード、文房具、スポーツアパレル、ゲーム(アナログも含む)へのアンテナは常に張り巡らしています。映画が好きで、どのジャンルもまんべんなく鑑賞するタイプです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
新製品レポート最新記事
新製品レポート記事一覧
2017.7.27 更新
ページトップへ戻る