特集
1人でも大人数でも楽しめる厳選タイトルが勢ぞろい!

《2018》ニンテンドースイッチで“マストバイ”のおすすめソフト18選!

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年3月に発売された任天堂の最新ゲーム機「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」。携帯機と据え置き機のハイブリッドゲーム機という今までになかった特徴を備えており、大きな注目を集めています。ローンチ直後から入手困難な状況が続いていましたが、それも解消され、多彩なジャンルのゲームが出揃ってきました。そんなニンテンドースイッチのタイトルの中から、2018年に是が非でもプレイしたい、価格.comマガジン選りすぐりのタイトル18本をピックアップ。誰もが楽しめるタイトルを厳選したので、参考にしてみてください。

RPG、アクション、レースなど多彩なジャンルのゲームを網羅!

RPG、アクション、レースなど多彩なジャンルのゲームを網羅!

目次
・シューティング - 大人気の“イカ”続編!
・アクション - 国民的狩りゲーがスイッチにやってきた!
・格闘ゲーム - 格ゲーの金字塔が復活! 新感覚スタイルのタイトルも!
・レースゲーム ? みんなで競争するのがとにかく熱い!
・パズル - 超人気タイトルがまさかのコラボ!
・パーティー - これさえあれば大人数で盛り上がる!
・アクションRPG - 最新作から名作リメイクまで!
・RPG - じっくり遊ぶならやっぱりRPG!

■シューティング

1.「スプラトゥーン2 」

任天堂
メーカー希望小売価格(税別):5,980円
プレイ人数:1人
(2017/7/21発売)

c 2017 Nintendo

c 2017 Nintendo

任天堂14年ぶりの新規IP「スプラトゥーン」の続編「スプラトゥーン2」が、ニンテンドースイッチに登場! 3人称視点のシューティングゲーム(TPS)という、どちらかと言えばゲーマー向けのジャンルを、子供から家族まで遊べるゲームに見事に落とし込み、前作「スプラトゥーン」は大ヒットを記録しました。

プレイヤーキャラのインクリング(イカ)を操作し、多彩なブキを使ってインクで地面を塗りつぶしたり、相手を倒したりして遊ぶインクバトルは、一度プレイするとハマること間違いなし! 今作では新しいブキやステージ、4人で協力して遊ぶ「サーモンラン」など新要素が多数追加され、ブキなども一新され、前作をプレイしていなくても楽しめます。

ニンテンドースイッチで最も待ち望まれていたタイトルと言っても過言ではない「スプラトゥーン2」。このゲームの魅力をひと言で言い表すのは不可能ですが、あえて言うならアクションやシューティングが苦手な人でも楽しめ、誰でもヒーローになれるという点です。自分の得意なプレイスタイルを身につければ、イカしたプレイが必ずできます! とにかく、「ニンテンドースイッチ」のユーザーなら購入して損はないタイトルです!

■アクション

2.「モンスターハンターダブルクロス Nintendo Switch Ver.」

カプコン
メーカー希望小売価格(税別):5,800円
プレイ人数:1人
(2017/8/25発売)

cCAPCOM CO., LTD. 2015, 2017 ALL RIGHTS RESERVED.

cCAPCOM CO., LTD. 2015, 2017 ALL RIGHTS RESERVED.

あの国民的狩りゲーの最新作「モンスターハンターダブルクロス」が早くもニンテンドースイッチに登場しました! TVモードでは大画面で大迫力のバトルを楽しめ、携帯モードではいつでもどこでもプレイ可能。ニンテンドー3DS版から解像度が劇的に向上しており、美麗な映像を楽しめるのもうれしいポイントです。

ニンテンドー3DSの上下2画面から、ニンテンドースイッチの1画面に変更されたことで、分割されていた情報が1画面に集約。また、3DS版のゲームデータを移行することができるので、3DS版でプレイしていた人もイチからやり直す必要はありません。

「モンハン」シリーズの大きな魅力のマルチプレイは、ニンテンドースイッチ同士でローカル通信プレイができるだけでなく、オンラインに接続すれば3DS版とクロスプラットフォームでの通信プレイが可能になっています。ニンテンドースイッチのキラータイトルの1本と言えるでしょう。

3.「みんなでワイワイ!スペランカー」

スクウェア・エニックス
メーカー希望小売価格(税別):4,980円
プレイ人数:1〜4人(オンライン/オフライン)
(2017/4/20発売)

c 2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.c 1983-2017 Timothy G. Martin / Tozai, Inc. All Rights Reserved.Spelunker is a trademark of Timothy G. Martin and Tozai Games is a trademark of Tozai, Inc.registered or protected in the US and other countries.

PS4およびPlayStation Vitaで発売された「みんなでスペランカーZ」をベースにした「みんなでワイワイ!スペランカー」。洞窟を探索して敵と戦い難解なナゾを解き、お宝をゲットしてステージをクリアするのですが、主人公はゲーム史上最弱と言われており、なかなかシビアな内容になっています。

このシビアさが「みんなでワイワイ!スペランカー」の大きな魅力であり、そこで生きてくるのが、ニンテンドースイッチの特性を生かした協力プレイです。友達とだけでなくオンラインで仲間と楽しめる協力プレイは時間を忘れてプレイすること間違いなし! わかりやすいゲーム性と、みんなで楽しむ協力プレイはとても盛り上がります。

4.「スーパーマリオ オデッセイ」

任天堂
メーカー希望小売価格5,980円(税別)
プレイ人数:1〜2人
(2017年10月27日発売)

c 2017 Nintendo

aaaaa

全世界待望のシリーズ最新作「スーパーマリオ オデッセイ」。ニンテンドー ゲームキューブ用ソフト「スーパーマリオサンシャイン」以来15年ぶりとなった箱庭探索型のアクションゲームになっています。

今作では、クッパが企てるピーチ姫との結婚式を阻止すべく、帽子の形をした幽霊のような生き物「キャッピー」をお供に、キノコ王国を飛び出し“とある地球”の未知の国々をマリオが大冒険! 広大なフィールドを有する国々を、マリオならではの多彩なアクションで自由に探索できます。

今作にはアクションの新要素として、相棒の「キャッピー」と力を合わせて繰り出す「帽子投げ」「キャプチャー」が追加されており、アクションの幅が広がりました。舞台となる未知の国々も、メキシコ風の砂漠ステージや、カラフルな野菜と料理の世界、高層ビルが立ち並ぶ現代風都市など、これまでのマリオとは異なるステージになっています。

アクションゲームとして大きく進化しつつも、マリオらしい要素はしっかりと残されており、子どもから大人まで楽しめるタイトルです。

5.「ファイアーエムブレム無双」

コーエーテクモゲームス
メーカー希望小売価格7,800円(税別)
プレイ人数:1〜2人
(2017年9月28日発売)

cNintendo / INTELLIGENT SYSTEMS cコーエーテクモゲームスcコーエーテクモゲームスAll rights reserved.Licensed by Nintendo

ロールプレイングシミュレーションの名作「ファイアーエムブレム」と、爽快なアクションが特徴の「無双」シリーズがコラボした「ファイアーエムブレム無双」。「無双」シリーズがほかのタイトルとコラボした作品はいくつかありますが、その中でも「ファイアーエムブレム無双」は非常によくできたコラボ作品として評価が高い作品です。

「ファイアーエムブレム」シリーズに登場した個性豊かなキャラクターを操作し、バッサバッサと適を倒していくのは超爽快! さらに、プレイヤーが操作していないほかのキャラクターたちに指示を出すという、「ファイアーエムブレム」ならではの要素が大きな特徴になっています。

特定の敵を攻撃させたり、場所を移動させたりなど、ほかのキャラクターに指示を出しながら、戦略を練ってバトルを進めることが可能。また、「3すくみ」や「特効」、「ダブル」といった「ファイアーエムブレム」のゲーム性を、うまく「無双」シリーズに落とし込んでいるのも高評価の一因。「無双」シリーズや「ファイアーエムブレム」をプレイしたことがないという人でも十分楽しめるでしょう。

6.「ドラゴンボール ゼノバース2 for Nintendo Switch」

バンダイナムコエンターテインメント
メーカー希望小売価格6,800円(税別)
プレイ人数:1〜2人(オンライン時1〜6人)
(2017年9月7日発売)

(C)バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

(C)バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

「ドラゴンボール」の歴史を守るべく、孫悟空やべジータなどおなじみのキャラクターたちとともに、数々の敵に立ち向かうアクションゲーム「ドラゴンボール ゼノバース2」が、ニンテンドースイッチに登場。主人公は、既存のキャラクターではなく、プレイヤーが作成したアバター、つまりあなた自身です!

「ドラゴンボール」の世界に存在する個性豊かな5つの種族から自分の分身となる戦士を作り、新人タイムパトローラーとしてトランクスたちとともにさまざまな時代を旅して歴史改変を防ぐべく闘いを繰り広げます。地球に襲来したサイヤ人や、ナメック星でのフリーザ軍団、セルや魔人ブウ、破壊神ビルスなど、歴史改変により強力になった敵たちとの闘いに挑み、ドラゴンボールの歴史を守るのがプレイヤーの役目です。

冒険の舞台は、タイムパトローラーが集う「コントン都」。広大なマップでは、ほかのプレイヤーたちとコミュニケーションをとったり、プレイヤー同士のバトルを繰り広げたり、レイドボスを相手に最大6人の協力バトルなど、楽しい要素が満載! ニンテンドースイッチ版ならではの機能として、ローカル通信でのマルチプレイ(最大6人)、Joy-Conによるモーションコントロール、おすそ分け対戦などが追加されています。キャラクターゲームにとどまらない徹底した作りこみで、「ドラゴンボール」への愛がヒシヒシと伝わってくるタイトルになっています。これを機に「ドラゴンボール」の世界にドップリとはまってみてはいかがでしょうか。

■格闘ゲーム

7.「ウルトラストリートファイターII ザ・ファイナルチャレンジャーズ」

カプコン
メーカー希望小売価格(税別):4,990円
プレイ人数:1〜2人
(2017/5/26発売)

c CAPCOM U.S.A., INC. 2017 ALL RIGHTS RESERVED.

c CAPCOM U.S.A., INC. 2017 ALL RIGHTS RESERVED.

対戦格闘ゲームの金字塔“ストII”こと「ストリートファイターII」シリーズの最新作「ウルトラストリートファイターII ザ・ファイナルチャレンジャーズ」。「スーパーストリートファイターIIX」を現代風に作り直し、新要素を加えてニンテンドースイッチに登場しました。

ストIIと言えば熱い対戦プレイが盛り上がるのですが、ニンテンドースイッチにプラットフォームを移したことで、外出先でも手軽に友達やオンライン上のプレイヤーと対戦することができます。

グラフィックやBGMは現代風にリファインされているものの、オリジナルのグラフィックと音源を使用したプレイモードが用意されているので、昔プレイしていた人は思わず「懐かしい!」と声を上げるはず。また、1人称視点でプレイする「放て! 波Do拳」というまったく新しいモードが加っており、Joy-Conを両手で握ってリアル波動拳を撃つこともできます。今年の夏は、久しぶりに“俺より強いヤツ”に会いに行ってもいいかも!

なお、「ウルトラストリートファイターII ザ・ファイナルチャレンジャーズ」のレビュー記事を掲載しているので、気になる人は以下のURLから確認可能です。

Nintendo Switchの「ストII」をプレイ!俺より強いヤツに約20年ぶりに会いに行ってみた!

8.「ARMS」

任天堂
メーカー希望小売価格(税別):5,980円
プレイ人数:1〜4人
(2017/6/16発売)

c 2017 Nintendo

c 2017 Nintendo

初週売上本数が10万本越えという格闘ゲームでは異例の大ヒットを記録した「ARMS」。Joy-Conを左右の手で「いいね持ち」をして遊ぶという格闘ゲームでは新しい直感的なボクシングスタイルを採用しているものの、かわいい見た目とは裏腹に奥が深いということで高評価を得ています。

現在のところプレイ可能なキャラクターは15人で、それぞれが個性豊かな能力を持っており、左右別々に付け替えられる“アーム”を組み合わせて自分好みのバトルスタイルを極められます。体を動かしてプレイするためか、ものすごく熱中し勝利したときの爽快感は格別。Joy-Conを分け合って家族や友達と対戦したり、腕を磨いてオンラインで世界の猛者を相手にしたりするのも楽しいタイトルです。

9.「ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT DX」

ポケモン
メーカー希望小売価格5,980円(税別)
プレイ人数:1〜2人
(2017年9月22日発売)

(C)2018 Pokemon. (C)1995-2018 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.(C)2018 BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

あのポケモンが「ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT DX」としてニンテンドースイッチに登場しました。おなじみのポケモンたちを操作して1対1の熱いバトルを繰り広げる対戦アクションゲームになっています。

現実世界にポケモンがいたらどんな姿かを想像し、リアルを追及したモデリングで作られたグラフィックのポケモンたちは、迫力満点で見ているだけでも感動もの。そのポケモンたちを、プレイヤー自身が操作できるのですから、感動ゲージはマックスを振り切っちゃいます。

対戦格闘ゲームと言えば、ゲーム初心者からするとハードルが高いと思われがちですが、「ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT DX」は、コマンドやコンボの入力が簡単で、子どもでも楽しめるよう敷居が低くなっています。それでいて、対戦格闘ゲームとしての駆け引きがしっかりと成立するため、対戦格闘ゲーマーでも十分楽しめるはずです。

■レースゲーム

10.「マリオカート8 デラックス」

任天堂
メーカー希望小売価格(税別):5,980円
プレイ人数:1〜4人
(2017/4/28発売)

c 2017 Nintendo

c 2017 Nintendo

Wii U用ソフト「マリオカート8」本編と、二度にわたって配信された有料追加コンテンツをひとまとめにして、さらに新要素を加えた「マリオカート8 デラックス」。ニンテンドースイッチが1台あれば、Joy-Conを分け合って家でも外出先でもプレイできます。

新キャラクターとして、スプラトゥーンの「ボーイ」や「ガール」が参戦し、使用可能なキャラクターは全部で42キャラクター! コースは48種類用意されていて、ボリュームもたっぷりです。

今作で特におすすめしたいのがローカルおよびオンライン対戦に対応した「バトルモード」。定番の「ふうせんバトル」はもちろん、「パックン VS スパイ」「ドッカン! ボムへい」「あつめてコイン」「いただきシャイン」なお、5つのルールで熱いバトルを楽しめること間違いなしです! また、美麗なアニメーションで繰り広げられるレースを、外出先でも携帯機で楽しめるのは非常にうれしいポイント。運転をサポートする「ハンドルアシスト」機能を使えば初心者でも楽しめます。

■パズル

11.「ぷよぷよテトリス S」

SEGAゲームス
メーカー希望小売価格(税別):4,990円
プレイ人数:1〜4人
(2017/3/3発売)

Tetris R & c 1985〜2017 Tetris Holding.Tetris logos, Tetris theme song and Tetriminos are trademarks of Tetris Holding.The Tetris trade dress is owned by Tetris Holding.Licensed to The Tetris Company.Tetris Game Design by Alexey Pajitnov.Tetris Logo Design by Roger Dean.All Rights Reserved.

あの「ぷよぷよ」と「テトリス」がまさかのコラボ! と聞けばおのずとテンションが上がる人も多いのではないでしょうか。それぞれの基本ルールはそのままに、「ぷよぷよ」と「テトリス」で対戦する「VS」、時間経過で「ぷよぷよ」と「テトリス」のルールが入れ替わる「スワップ」など多数のゲームモードが楽しめます。もちろん、「ぷよぷよ」と「テトリス」の単体ゲームとして遊ぶことも可能です。

Joy-Conを分け合って友達と対戦、オンラインで世界のツワモノたちと熱いパズルバトルを堪能。ストーリーを進める「アドベンチャーモード」が用意されており、1人でも熱中してプレイできます。友達とサクッと対戦プレイするのもよし、1人でガッツリとオンライン対戦に興じるもよし! 定番のパズルゲームなので、誰でも楽しめるというのがいいですね。

12.「いっしょにチョキッと スニッパーズ プラス」

任天堂
パッケージ版(数量限定でステッカー付)メーカー希望小売価格3,280円(税別)
ダウンロード版:2,778円(税別)
※すでに「いっしょにチョキッと スニッパーズ」を持っている人は、1,111円(税別)で追加ステージパックのみを購入可能
プレイ人数:1〜4人
(2017年11月10日発売)

c 2017 Nintendo

c 2017 Nintendo

ニンテンドースイッチのローンチタイトルのひとつとして発売され、ユーザーから高い評価を得たアクションパズルゲーム「いっしょにチョキッと スニッパーズ」が、新しい要素を追加し「いっしょにチョキッと スニッパーズ プラス」として登場しました!

「スニップ」と「クリップ」という2体のキャラクターを操作し、お互いのカラダをチョキチョキ切り合ってカタチを変え、ステージ内のモノを運んだり、仕掛けを作動させたりしながらクリアを目指すゲーム。1人で2体を切り替えながら操作できるほか、2人でそれぞれのキャラクターを操作する協力プレイも可能です!

1人で遊ぶのもいいですが、2人でプレイすると楽しさは倍増。相談しながらアイデアをひねり出す必要があり、2人でアレじゃない、コレじゃないと話しつつ大盛り上がりすること間違いなしです! 文房具や科学、2Dゲームをモチーフしにした前作の69ステージに加えて、漫画や工作をイメージした40ステージが新たに追加されています。また、2〜4人で遊べる「PARTY」モードも用意されており、大人数で遊ぶのにもピッタリなゲームです。

■パーティー

13.「1-2-Switch」

任天堂
メーカー希望小売価格(税別):4,980円
プレイ人数:1〜4人
(2017/3/3発売)

c 2017 Nintendo

c 2017 Nintendo

ニンテンドースイッチと同時に発売された「1-2-Switch」。「画面を見ずにお互いが見つめ合う」という今までにない全く新しいコンセプトで作られたゲームで、大人から子供まで一緒になって楽しめるゲームになっています。

細かな振動を表現できる「HD振動」や、モノの形や動きを判別できる「モーションIRカメラ」といったJoy-Conの機能を体験できるゲームが全部で28種類用意されており、パーティーゲームとして最適。「1-2-Switch」をプレイすると、「Joy-Conってすげー!」となること間違いなし。ニンテンドースイッチの入門ゲームとして一度はプレイしておきたいタイトルです。

■アクションRPG

14.「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」

任天堂
メーカー希望小売価格(税別):6,980円
プレイ人数:1人
(2017/3/3発売)

c2017 Nintendo

c2017 Nintendo

ニンテンドースイッチのローンチタイトルとして発売された「ゼルダの伝説」シリーズ最新作の「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」。広大な世界を舞台にしたオープンワールドを採用しており、どこで何をしても自由というのが大きな特徴です。

ゼルダの伝説シリーズの世界観が、オープンワールド型の新しいゲームシステムに絶妙なバランスで落とし込まれており、レビューサイトでは軒並み高得点をあげ、全世界のゲームメディアが選ぶゲームアワード“The Game Awards 2017”ではゲーム・オブ・ザ・イヤー(年間最優秀作品)を含む3冠を達成。多彩なアクション、美しいアニメーション、ほぼすべてのオブジェクトに登れてパラセールで空を滑空する移動システム、プレイヤーの頭を悩ませる仕掛けが満載の「試練の祠」など、本作の魅力をあげればきりがありません。

メインクエストおよびサブクエストすべてをクリアするには膨大な時間が必要で、さらに追加コンテンツの第1弾「試練の覇者」と第2弾「英傑たちの詩(バラッド)」が配信中。まさに「これをプレイせずして何をプレイするのか」というのにふさわしいタイトルです。

15.「聖剣伝説コレクション」

スクウェア・エニックス
メーカー希望小売価格(税別):4,800円
プレイ人数:1〜3人
(2017/6/1発売)

c 1991,1993,1995,2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

c 1991,1993,1995,2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

アクションRPGの名作「聖剣伝説」シリーズの初期3作品を1タイトルにまとめた「聖剣伝説コレクション」がニンテンドースイッチに登場! ゲームボーイで発売された「聖剣伝説 〜ファイナルファンタジー外伝〜」、スーパーファミコンで登場した「聖剣伝説2」と「聖剣伝説3」が1本に収録されており、非常にお得なタイトルになっています。

「聖剣伝説」シリーズの重厚なストーリーはそのままに、ゲーム中にいつでもどこでもセーブ、ロードできる便利な機能を追加。また、各タイトルのサウンドドラックを試聴できる「ミュージックモード」は往年のファンにとってうれしい機能です。

「聖剣伝説2」と「聖剣伝説3」はオフラインでのマルチプレイに対応しているため、友達とJoy-Conを分け合って気軽に協力プレイを楽しめます。昔プレイしていた人なら懐かしい気分になること間違いなし。アクションRPGの名作として語り継がれるタイトルであり、初めて遊ぶ人でも存分に楽しめます。

16.「バイオハザード リベレーションズ コレクション」

カプコン
メーカー希望小売価格4,990円(税別)
プレイ人数:1人(オンラインプレイ時1〜2人)
※「バイオハザード リベレーションズ2」のみオフライン2人プレイに対応
(2017年11月30日発売)

(C)CAPCOM CO., LTD. 2012, 2017 ALL RIGHTS RESERVED.

(C)CAPCOM CO., LTD. 2012, 2017 ALL RIGHTS RESERVED.

ホラーアクションRPG「バイオハザード」シリーズの「バイオハザード リベレーションズ アンベールド エディション」と「バイオハザード リベレーションズ2」の2タイトルがセットになった「バイオハザード リベレーションズ コレクション」。オリジナル版で別途販売されたダウンロードコンテンツをすべて収録しているほか、ニンテンドースイッチならではの要素が追加されています。

ニンテンドースイッチ版の新要素として、従来の操作方法に加えJoy-Conを両手に握って遊ぶ直感的な操作に対応。ナイフを振ったり、銃で狙ったり、銃と弾装に見立ててリロードしたりなどのアクションをJoy-Conで繰り出すことができ、オリジナル版をプレイした人でも楽しめるようになっています。

アクションの楽しさや緊迫したストーリー展開、バイオハザードならではの謎解きや恐怖演出は、時間を忘れて熱中すること間違いなし。「バイオハザード リベレーションズ2」には、ローカル2人協力プレイが可能な「レイドモード」が搭載されており、友達や家族と遊ぶこともできます。2タイトルを楽しめるのに、価格は1タイトル分というのもコスパが高くておすすめです。

■RPG

17.「Xenoblade2 (ゼノブレイド2) 」

任天堂
メーカー希望小売価格7,980円(税別)
プレイ人数:1人
(2017年12月1日発売)

c 2017 Nintendo / MONOLITHSOFT

c 2017 Nintendo / MONOLITHSOFT

人気RPGシリーズの最新作となるタイトル「ゼノブレイド2」は、世界樹を中心に広がる雲海の世界「アルスト」を舞台に繰り広げられるRPG。「人々が巨神獣(アルス)と呼ばれる巨大生物に国を築き生活している中で、アルスが寿命を迎えつつあるため、人々は窮地に陥っていた。プレイヤーは15歳の少年、レックスとなり、亜種生命体「ブレイド」の少女ホムラとともに、世界樹の上に存在するという楽園を目指し壮大な冒険へと旅立つ」というのがおおまかなストーリーになっており、まさに王道のRPGと呼ぶのにふさわしい作品です。

広大な世界は細部の作り込みが徹底されており、探究心をガンガン刺激してきます。不気味な洞窟や深い湖、そびえ立つ崖を探索していると、必ずと言っていいほど“驚き“が隠されており、探索しているだけでも超絶楽しいです。

戦略性の高いバトルは「ゼノブレイド」ならでは。最初は複雑かもしれませんが、慣れてくるとピンチとチャンスが交互にやってくる展開に爽快感を覚えるはず。1作目の「ゼノブレイド」と直接的なつながりがないため、前作をプレイしていない人でもスッとストーリーに入っていけるでしょう。1人で腰を据えてじっくりとプレイするRPGが大好きな人なら、プレイしてみてはいかがでしょうか。

18.「ドラゴンクエストX オールインワンパッケージ」

スクウェア・エニックス
メーカー希望小売価格4,800円(税別)
プレイ人数:1人
(2017年 8月17日)

c2012-2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.cSUGIYAMA KOBO ?SUGIYAMA KOBO

c2012-2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.cSUGIYAMA KOBO ?SUGIYAMA KOBO

国民的RPG「ドラクエ」初のオンラインタイトルとして展開している「ドラゴンクエストX」シリーズ。バージョン1の「ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン」に加えて、3つの追加パッケージのうち「ドラゴンクエストX 眠れる勇者と導きの盟友 オンライン」「ドラゴンクエストX いにしえの竜の伝承 オンライン」を含めたオールインパッケージがニンテンドースイッチに登場しました。

世界中から集まったプレイヤーとともに冒険に旅立ち、協力しながら強敵に挑めるのは、ほかのドラクエシリーズにはない体験。冒険以外にも、自分の家を建てたり、カジノで楽しんだり、季節ごとに発生する特別イベントに参加したりなど、ずーっと長い間プレイし続けられる遊びがてんこ盛りです。

「ドラゴンクエストX」は、後から始めた人でも追いつきやすいシステムになっており、ゲームを始めた時期はゲームを楽しむのにほとんど影響を及ぼさないため、オンラインRPG初心者がデビューするのにピッタリな1本。ドラクエファンなら間違いなくプレイすべきタイトルです。

※さらにニンテンドースイッチの最新情報をチェック!

Nintendo Switchに「ポケモン」や「メトロイド」新作が登場! 任天堂がE3 2017で発表した最新ゲームまとめ

価格.comマガジン編集部

価格.comマガジン編集部

パソコン・家電からカップ麺に至るまで、何でも自分で試してみないと気が済まないオタク(こだわり)集団。常にユーザー目線で製品を厳しくチェックします!

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
ページトップへ戻る