真の勇者は両方遊ぶべき!?

「ドラクエ11」のPS4版と3DS版の違いとは? 実際にプレイしてわかったこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

ついに発売されたファン待望のシリーズ最新作「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」(以下、ドラクエ11)。本作は、「PlayStation 4」(以下、PS4)、「ニンテンドー3DS」(以下、3DS)の両ハードで同時発売というシリーズ初のマルチプラットフォーム展開が行われています。

PS4版と3DS版は、ストーリーこそ同じですが、グラフィックやゲーム内の要素が異なり、どちらを購入するか現在進行形で迷っている人もいると思われます。そこで本記事では、PS4版と3DS版の序盤をプレイして見つけた両ハードで異なる要素をピックアップしてみました。

PS4版と3DS版をプレイしてみると、グラフィックだけでなく異なる点をたくさん発見しました!

PS4版と3DS版をプレイしてみると、グラフィックだけでなく異なる点をたくさん発見しました!

※これ以降は、ゲーム画面のスクリーンショットが多数登場します。ゲーム序盤の画像を選別しており、ストーリーに関する重大なネタばれなどは一切含みませんが、気になる人は今すぐページを閉じてください。

美麗なグラフィックのPS4版と3D/2Dモードの両方を遊べる3DS版

PS4版と3DS版は、基本的にグラフィックがまったく異なります。PS4版はキャラクターが高い頭身で表現されており、最新のゲームエンジン「Unreal Engine 4」を使った美麗なグラフィックが特徴です。

3DS版は、キャラクターが3〜4頭身にデフォルメされており、グラフィックこそPS4版に劣るものの、3Dモードに加えて昔懐かしいドット絵表示の2Dモードが用意されています。ゲーム序盤は上の画面が3D、下の画面が2Dで表示され、2つのモードが連動しながらゲームが進んでいきます。ある程度ストーリーを進めると、3Dモードと2Dモードの切り替えが可能になるという、今までのドラクエにはない特徴を備えています。

なお、プレイしてわかりましたが、PS4版は「シェア機能」を使ったスクリーンショット、およびプレイ動画の撮影が可能になっているものの、3DS版は従来の「Miiverse」(ミーバース)を使ったスクリーンショットの撮影ができなくなっています。

PS4版はキャラクターがリアル頭身で、美麗なグラフィックが特徴。遠い場所にある山や建物まで緻密に描写されており、壮大なスケールを感じられます。コントローラーの「Rスティック」をグリグリ動かせば、視点を上下左右に動かせます

草木が風になびく様子や、水面のグラフィックはものすごくリアルで、光の表現が非常に豊か

草木が風になびく様子や、水面のグラフィックはものすごくリアルで、光の表現が非常に豊か

3DS版はキャラクターが3〜4頭身で描かれており、「これぞドラクエ!」というかわいい印象。ゲーム序盤は上が3D、下が2Dで表示。「スライドスティック」が上の画面、「十字ボタン」が下の画面の操作に対応しています。「Cスティック」を動かすと、上の画面の視点を左右方向にのみ移動可能です

3DS版はゲームを進めると、3Dモードと2Dモードを切り替えられるようになります。この写真は3Dモードで、上がゲーム画面、下がマップを表示。「スライドスティック」と「十字ボタン」のどちらを使っても操作可能です

この写真は2Dモード。スーパーファミコンのドラクエのような懐かしいドット絵表示です。こちらも3Dモードと同じように、「スライドスティック」と「十字ボタン」のどちらでも操作できます

フィールドでは、PS4版と3DSの3Dモードはモンスターが表示されていて接触するとバトルスタート。2Dモードはモンスターがー表示されないおなじみのエンカウント方式になります

これはPS4版のバトル中の画面。特定のエリア内を動き回れる「フリー移動バトル」と、視点がオートで移動する「オートカメラバトル」の2つのモードを選択できます

3DS版の3Dモードのバトルシーン。剣で切りつけたり魔法を唱えたりといったアクションが描かれます

3DS版の3Dモードのバトルシーン。剣で切りつけたり魔法を唱えたりといったアクションが描かれます

これは3DS版の2Dモードのバトルシーン。懐かしいドット絵表示で、剣や魔法のエフェクトは表示されるものの、モンスターが動くことはありません

PS4版と3DS版の違いはグラフィックだけにあらず!

グラフィックや3Dモードと2Dモードなどの違いは、発売前から判明していましたが、実際にそれぞれをプレイすると、グラフィック以外の違う点が見えてきました。大きな違いは村や町、フィールドなどのデザインです。全体的な大枠のデザインは同じなのですが、オブジェクトやNPC(プライヤーが操作しないキャラクター)の位置などが異なります。

また、同じ村を移動していても、PS4版のほうが明らかにオブジェクトが多くスケールも大きくて、3DS版よりも広く感じます。そのため、PS4版のほうが自分の現在地を把握しづらく、さらに、マップが小さいサークル内にのみ表示されているためか、迷いやすくなっています。写実性が高く実写映像に近いリアルなグラフィックのゲームをプレイしていない人は、慣れるまでストレスを感じるかもしれません。

3DS版は、3Dモードでも2Dモードでも下の画面に大きなマップが表示されるため、自分がどこにいるか迷ったりすることは少ないです。全体を真上からの構図で表示する2Dモードは、さらに迷いにくくなっており、ストレスなくサクサクプレイできます。

PS4版はマップが左下のサークル内に小さく表示されているだけのため、全体図を把握しにくく自分の現在地がわかりづらい。3DS版は3D、2Dモードともに下画面に大きなマップが表示され、非常にわかりやすいと感じました

これはPS4版と3DS版でまったく同じ場所の画像。PS4版のほうがよりオブジェクトが多く、スケールも大きめ。また、両ハードの画面を見比べると、建物や木などオブジェクトの位置が異なるのもわかります

これもまったく同じ場所の画像。PS4版で表示されている坑道が、3DS版にはありません

これもまったく同じ場所の画像。PS4版で表示されている坑道が、3DS版にはありません

NPCのキャラクターデザインもPS4版と3DS版で異なる場合があります。画像のように、同じNPCでも髪の毛が生えていたり、生えていなかったり。また、教会のシスターが3DS版だと若い女性のように見えるのに、PS4版だと年老いた女性だということもありました

ちなみに、3DS版にはPS4版では体験できない「すれちがい通信」が用意されていて、詳細は言えませんが、ドラクエの過去シリーズの世界に行けるとか

ゲーム序盤だけでもたくさんあったPS4版と3DS版の相違点

ストーリーの序盤をプレイしただけでもPS4版と3DS版には、大きな違いが多数見受けられました。PS4版は、ドラクエの世界を写実的なアニメーションで描いたグラフィックが美しく、景色を眺めているだけでも感動できます。

3DS版は、グラフィックがPS4版より劣るものの、3Dモードと2Dモードの両方をプレイできるのが非常に魅力的。特にドット絵の2Dモードは、往年のドラクエファンなら懐かしい気分に浸れること間違いなし。PS4版は「PlayStation Vita」のリモートプレイに対応していますが、外出先からインターネットに接続する必要があり、携帯性は3DSのほうがすぐれています。どっしり腰をすえてプレイしたい人はPS4版、学校や会社の行き帰りなど外出先でプレイしたい人は3DS版を購入するのがベターだと思います。

3DS版の「すれ違い通信」、本記事では触れなかったPS4版の「ボウガンアドベンチャー」(ミニゲーム)、「マジックスロット」(カジノゲーム)など、それぞれの独自要素も捨てがたいところ。ストーリーを進めれば、まだまだたくさんの異なる点がでてくるでしょう。「ドラクエ11」のすべてを遊びつくす真の勇者になるには、PS4版と3DS版の両方を買うしかなさそうです。

水川悠士(編集部)

水川悠士(編集部)

最新ガジェットとゲームに目がない雑食系ライター。最近メタボ気味になってきたので健康管理グッズにも興味あり。休日はゲームをしたり映画を見たりしています。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
特別企画最新記事
特別企画記事一覧
2017.10.20 更新
ページトップへ戻る