47都道府県! ご当地カップ麺だけで全国制覇(岡山編)

“闘将”星野仙一さんの岡山ご当地ラーメン? やっぱり、激辛だったりするの!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

「ひるぜん焼きそば」や「津山ホルモンうどん」といったB級ご当地グルメが人気の岡山。そんな岡山で見つけたのが、あの“闘将”星野仙一さんが大きく描かれたパッケージのご当地ラーメン! いったい、どんな味がするのでしょうか?

“闘将”星野仙一さんのラーメンとは?

“闘将”星野仙一さんのラーメンとは?

“闘将”の顔が大きく目立つ「星野仙一ふるさと倉敷ラーメン」

岡山は、山陽道の中央に位置する中国・四国地方の交通の要所。北は山陰地方、南は瀬戸内海に面していて、自然の恵みも豊かです。

そのため、岡山には古くから多くの人が集まっていました。弥生時代には、西日本屈指の複合集落が形成され、古墳時代には大和朝廷に対抗できるだけの力を持つ「吉備国」が繁栄したと言われています。それだけ多くの人を育むだけの海の幸、山の幸があったということでしょう。

岡山のご当地グルメと言えば、サワラの刺身や牡蠣といった海産物が有名ですが、最近では、「ひるぜん焼きそば」や「津山ホルモンうどん」といったB級ご当地グルメも注目を集めています。

そんな岡山で見つけたのが「星野仙一ふるさと倉敷ラーメン」(てんりょう食品)。カップ麺ではなく生麺タイプですが、とてもユニークだったので衝動買いしてしまいました。

パッケージに描かれた星野仙一さんは、ご存知のとおり、中日ドラゴンズ、阪神タイガース、東北楽天ゴールデンイーグルスの監督を務め、プロ野球史上にその名を残す“闘将”。実は、岡山県倉敷市出身だったころから、このラーメンが発売されたようです。

それでは、星野仙一ふるさと倉敷ラーメンを作っていきましょう!

「星野仙一ふるさと倉敷ラーメン」のスープは、豚骨と醤油ベース。中太麺によくからみます

「星野仙一ふるさと倉敷ラーメン」のスープは、豚骨と醤油ベース。中太麺によくからみます

麺は生麺タイプで120g。2パック入っています。2〜3分ほど、ゆでればできあがり

麺は生麺タイプで120g。2パック入っています。2〜3分ほど、ゆでればできあがり

パッケージには、倉敷の観光スポットやグルメスポットなどを紹介する「星野仙一のふるさと倉敷ガイドマップ」が同梱。その中には「星野仙一記念館」の姿も

“闘将”と呼ばれた星野仙一さんだけに、身の毛もよだつような激辛ラーメンを覚悟していましたが、そうではなかったようです。パッケージの星野仙一さんは笑顔で、選手・監督モードというよりは、キャスター時代の穏やかな雰囲気が漂います。

スープは、とんこつ醤油味でした。醤油ベースのスープは、豚骨や旨みが感じるものの、どちらかといえば、クセのないオーソドックスな味付け。特に強い個性は感じられませんが、日常使いのラーメンとしては好印象。岡山に住んでいて、星野仙一ファンだったら、これを毎日食べても飽きないだろうなと思いました。

倉敷の有名店の味を再現

次に、「倉敷味のてんりょう」(五十嵐製麺)をご紹介。倉敷ラーメンの有名店「味のてんりょう」の味を再現したラーメンです。それではさっそく作っていきましょう。

倉敷ラーメンの有名店「味のてんりょう」の味を再現したという、五十嵐製麺の「倉敷味のてんりょう」を食べてみます!

熟成乾麺(80g)を使ったインスタントラーメン。ゆで時間を変えることで、好みの麺の硬さに仕上げられます

熟成乾麺(80g)を使ったインスタントラーメン。ゆで時間を変えることで、好みの麺の硬さに仕上げられます

スープは、豚骨炊きだし醤油仕立て。豚骨を炊き出したスープと、チャーシューを炊き込んだ醤油ダレから作っています

スープは、星野仙一ふるさと倉敷ラーメンと同じ、とんこつ醤油味ベース。脂の旨みが効いていますが、あっさりした味わい。豚骨が苦手という人も、これなら美味しく食べられそうです。

コシが強い熟成乾麺は、ゆで時間を調整することで、固めから柔らかめまで、好みに合わせて作ることができます。今回は「カタ」でも「ヤワ」でもない「普通」の固さにしてみましたが、モチモチした歯ごたえがしっかり残っていました。これならきっと、お店のラーメンも美味しいはず。いつか、行ってみたい……。

岡山といえば「桃太郎」!

今回は老舗の「きびだんご」をご紹介

今回は老舗の「きびだんご」をご紹介

今回は、桃太郎の重要アイテム「きびだんご」をチョイスしました。「元祖きびだんご」(廣榮堂)は、創業160年となる老舗が販売。1856年からきびだんごを販売していたというから驚きです。パッケージは、「たべたの だあれ」でしられる絵本作家・五味太郎氏によるもの。「黒糖」や「海塩」を用いたタイプも用意されています。ほかのきびだんごも試してみたい!

連載43回目は岡山でした。全国制覇まで、あと4県です!

連載43回目は岡山でした。全国制覇まで、あと4県です!

オフィスマイカ

オフィスマイカ

編集プロダクション。「美味しいもの」と「小さいもの」が大好物。 好奇心の赴くまま、良いモノを求めてどこまでも!(ただし、国内限定)

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
連載最新記事
連載記事一覧
2017.9.22 更新
ページトップへ戻る