「PlayStation VR」は5,000円値下げの新価格で登場!

「モンハン」「A列車」などPS4/PSVRの注目ソフトが続々! PlayStation発表会レポート

このエントリーをはてなブックマークに追加

ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア(SIEJA)は、2017年9月19日に「2017 PlayStation Press Conference in Japan」と銘打ったイベントを実施。PlayStationに帰ってきた「モンスターハンター:ワールド」の新作映像や発売日が明らかになったほか、今後PlayStation 4(以下、PS4)およびPlayStation VR(以下、PSVR)で発売される多数のタイトルが公開された。本記事では、イベントの詳細をレポートする。

PS4およびPSVRでリリースされる多数のタイトルが登場!

PS4およびPSVRでリリースされる多数のタイトルが登場!

モンハン新作の発売日は2018年1月26日!

イベントの目玉は、PlayStationに久々に帰ってくるカプコンの「モンスターハンター:ワールド」。価格はパッケージ版が8,980円(税別、以下同)、ダウンロード版が8,315円。発売日が明らかになったほか、パッケージモンスターの「ネルギガンテ」、数量限定で発売される「PlayStation 4 Pro リオレウス エディション」などが公開された。

新モンスター、ネルギガンテが初お目見えとなった動画が公開されているので、気になる人はチェックしていただきたい。

パッケージモンスターは新登場のネルギガンテ

パッケージモンスターは新登場のネルギガンテ

世界同時発売となる「モンスターハンター:ワールド」。ダウンロード版は予約特典として防具「オリジンシリーズ」と「追い風の護石」が用意される。パッケージ版も予約特典として同アイテムが用意されるが、こちらは数量限定となっている

ネルギガンテのフィギュアやアートブック、サントラCDがセットになったコレクターズボックスも登場。価格は15,980円

ダウンロード版のデラックスバージョンには特製の防具やジェスチャー、アバターが用意される。価格は9,241円

リオレウスをあしらった「PlayStation 4 Pro リオレウス エディション」は、本編よりひと足早い2017年12月7日に発売。本編を発売日から遊べるダウンロードコードが付属する。価格は49,980円

「A列車で行こう」最新作は「PSVR」で!

鉄道経営と都市開発を楽しめるシミュレーションゲーム「A列車で行こう」の最新作「A列車で行こうExp.」が、「PSVR」で登場することが発表された。会場では、Zゲージ、Nゲージ、HOゲージ、Oゲージと4種類の鉄道模型モードをVRで楽しめる特別映像が上映。これ以上の詳細は明らかにされておらず、どのようなゲーム内容になるのか気になるところだ。続報に期待したい。

「A列車で行こうExp.」はPSVR対応タイトル

「A列車で行こうExp.」はPSVR対応タイトル

VR鉄道模型モードはZゲージ、Nゲージ、HOゲージ、Oゲージが用意される

VR鉄道模型モードはZゲージ、Nゲージ、HOゲージ、Oゲージが用意される

PSVRは5000円の値下げで新価格に!

PS4用のヘッドマウントディスプレイ「PSVR」は、カメラ同梱版が44,980円の新価格で登場する。発売日は2017年10月14日。以前よりも5000円値下げされており、ユーザー層を拡大する狙いだ。昨年の発売時に比べると盛り上がりに欠ける「PSVR」だが、新価格で再び話題になりそうだ。

PSVRは新価格で普及の起爆剤となるのか?

PSVRは新価格で普及の起爆剤となるのか?

そのほかのPS4、PSVR向けタイトルのラインアップまとめ

ここからはイベントで発表された2017年後半から2018年にかけて発売予定のPS4およびPSVR向けタイトルを中心に紹介。さまざまなジャンルのタイトルが目白押しである上に、9月21日からは東京ゲームショウが控えている。今後もPS4とPSVRから目が離せなくなりそうだ。

PS4「コール オブ デューティ ワールドウォーII」は最新映像が上映された。発売日は2017年11月3日

PS4「コール オブ デューティ ワールドウォーII」は最新映像が上映された。発売日は2017年11月3日

迷彩柄をあしらった「コール オブ デューティ ワールドウォーII」エディションのPS4が数量限定で11月3日に発売。価格は39,980円

シリーズ初のオープンワールドを採用した最新作「真・三國無双8」は2018年初頭にPS4で登場。ソニーストア限定で「PlayStation 4 真・三國無双8 Edition」も発売される

人気サンドボックスゲームの新作「マインクラフト:ストーリーモード - シーズン2」は10月12日にPS4で発売。PS Storeで9月28日から予約受付開始

PlayStationで人気を博したタイトルのPS4リメイク「ワンダと巨像」は2018年内に登場

PlayStationで人気を博したタイトルのPS4リメイク「ワンダと巨像」は2018年内に登場

アトラスの2DアクションRPG「ドラゴンズクラウン・プロ」がPS4で登場決定。発売日は2018年1月25日

アトラスの2DアクションRPG「ドラゴンズクラウン・プロ」がPS4で登場決定。発売日は2018年1月25日

サプライズ発表となったのはPS4「ファイナルファンタジーIX」。9月19日から配信開始

サプライズ発表となったのはPS4「ファイナルファンタジーIX」。9月19日から配信開始

PS4「アイドルマスター ステラステージ」は12月21日にバンダイナムコエンターテインメントから発売。また同社は、「機動戦士ガンダム バトルオペレーション2」をPS4向けタイトルとして発表。2018年に発売予定

PlayStation 2用ソフトとして発売されたガンアクションゲーム「ガングレイヴ」が、今度はPSVR向けソフトとして2017年内に登場

「ANUBIS ZONE OF THE ENDERS : M∀RS」がPSVR専用タイトルとして2018年春に発売決定。開発はコナミとサイゲームスが担当する

大人気スマートフォン向けゲーム「ねこあつめ」がまさかの「ねこあつめVR」としてPSVRに登場決定。一体どのようなゲームになるのか気になる

まったく新しい試みのPS4向けゲーム「Hidden Agenda -死刑執行まで48時間-」は2017年発売。スマートフォンやタブレットをコントローラーにして最大6人までの同時プレイが可能。複数のプレイヤーが投票を行うことで物語が進行していくホラーアドベンチャーゲームになっている

漫画「北斗の拳」とゲーム「龍が如く」がコラボレーションしたPS4「北斗が如く」は2018年2月22日発売決定。完全新作のストーリーが展開されるとのことで、期待度が高いタイトルだ

アトラスとヴァニラウェアの完全新作プロジェクト「十三機兵防衛圏」はPS4およびPS Vita向けに2018年発売

アトラスとヴァニラウェアの完全新作プロジェクト「十三機兵防衛圏」はPS4およびPS Vita向けに2018年発売

近未来を舞台に人間とアンドロイドの関係を描くPS4向けタイトル「Detroit: Become Human」は2018年上期に発売。感情を抱くようになったアンドロイドが、人間にいいように扱われる立場に疑問を抱き行動を起こすというのがストーリーのアドベンチャーゲームだ

1995年にアーケードゲームで登場した「電脳戦機バーチャロン」シリーズの最新作「とある魔術の電脳戦機」は2018年2月15日に発売決定。電撃文庫「とある魔術の禁書目録」とのコラボレーションタイトルで、PS4およびPS Vitaで登場

「フロントミッション」シリーズの橋本真司氏、「アーマード・コア」シリーズの鍋島俊文氏が手を組んだ完全新作タイトル「LEFT ALIVE」がPS4で2018年に登場

「地球防衛軍」シリーズ最新作のPS4「EARTH DEFENSE FORCE: IRON RAIN」が発表された。発売日は2018年内となっている

水川悠士(編集部)

水川悠士(編集部)

最新ガジェットとゲームに目がない雑食系ライター。最近メタボ気味になってきたので健康管理グッズにも興味あり。休日はゲームをしたり映画を見たりしています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
新製品レポート最新記事
新製品レポート記事一覧
2017.12.11 更新
ページトップへ戻る