イベントレポート
AIやAR、IoTを駆使したホビー系製品&サービス

ガンダムの「ハロ」もAIロボットで登場!CEATEC 2017レポート

2017年10月3日(火)〜6日(金)に開催されている、先進技術の見本市「CEATEC JAPAN 2017」。近年のトレンドである、「AI」「AR」「IoT」といった先進技術を駆使したさまざまな製品やサービスが一同に介する一大イベントとなっている。そんな「CEATEC 2017」の会場で見かけた最新技術を駆使したホビー系製品を紹介する。

発売が待ち遠しい!初代ガンダムの知識に最適化されたAIによる会話が可能
バンダイナムコ「BN・Botガンシェルジュ ハロ」

バンダイナムコが開発中のAIロボット「BN・Botガンシェルジュ ハロ」。初代「機動戦士ガンダム」で登場していた球形ロボット「ハロ」を、現代の技術で再現するという野心的なプロジェクトである。ガンダムに関する知識に最適化されたAIを備えており音声による会話が可能だ。「ザクについて教えて?」とか「シャアの話をしたい」といった質問に受け答えてくれるほか、ちょっと踏み込んだガンダムネタの会話も可能とのこと。また、ガンダムにちなんだクイズ機能も備えている。

本体は原作どおりほぼ球形だが、転がらないようなボディの制御がなされており、ゆらゆらゆれて、「ハロ」らしい動きを再現しているほか、会話の相手に向かって顔の向きを直してくれる機能も。付属する手足のパーツの装着も可能だ。なお、ボディの製造には、ソニーのロボット犬「AIBO」のノウハウを持つ株式会社VAIOが関わっている。このほか、スマートフォント連携して、スピーカーや目覚まし時計としても利用可能だ。

発売は2018年の予定、価格は未定。コストとクオリティの両立など、いくつか課題があるようだが、発売が楽しみだ。

現在の技術で「ハロ」を再現するというプロジェクト「BN・Botガンシェルジュ ハロ」

現在の技術で「ハロ」を再現するというプロジェクト「BN・Botガンシェルジュ ハロ」

日本アイ・ビー・エムが構築したAIを使って音声による会話が可能。ガンダムに関する質問に答えてくれるほか、クイズを出してくれる。なお、音声は「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」などでハロ役を演じる新井美里さんが担当している

光を求めてのろのろ動く癒し系ロボ
バンダイナムコ「NOROBO(ノロボ)」&「OTENTORON(オテントロン)」

センサーを備えた小型の癒し系ロボット。いずれも肉眼ではわからないほどゆっくりと動く。ナマケモノとパンダをモチーフにした「NOROBO」は、PCのディスプレイの上に設置しておくことで、1日(8時間)かけて棒をゆっくりと伝い、大まかな時間がわかると言うもの。いっぽう、植木鉢をモチーフにした「OTENTORON」は、本体上部に植物の入った鉢を置いておくと、光のある場所にゆっくりと移動して、植物の成長をうながすというものだ。」

発売時期や価格はいずれも未定となっている。

目ではわからないほどゆっくり動き、棒を伝うパンダタイプのNOROBO。写真のようにディスプレイの上に設置することで、大まかな時間を知るのに役立つ

こちらはナマケモノバージョン。機能はパンダと同じ

こちらはナマケモノバージョン。機能はパンダと同じ

光に向かってゆっくり動き、植木鉢をセットすれば植物の育成にも役に立つというOTENTORON。実用性はあるがこちらも癒しグッズだろう

感情表現を持つAIロボット
タカラトミー「COZMO(コズモ)」

タカラトミーが2017年9月23日に発売したばかりの小型のAIロボット「COZMO」。ロボット本体にはカメラや液晶ディスプレイが備わっており、周囲の状況を認識して表情を表現する。アームなど体の動きと組み合わせることで1000パターン以上の感情表現が行えるという。ロボット本体は自律AIによって自由に動き回る。また、スマホやタブレットを使って操作も可能だ。認識したパワーキューブを器用に持ち上げたり、人の顔を認識して名前呼んでくれたりもする。価格は26,980円(税別)。

ボディは小さいが、自律して動き、周りを認識して動く様子はまさにロボット!

ボディは小さいが、自律して動き、周りを認識して動く様子はまさにロボット!

AIはクラウド型ではないので、インターネット環境は必須ではない。ただし、制御用のスマートフォンまたはタブレットが必要

「マジカルミライ2017」で実演された初音ミクの仕様の「iD」システム
三井住友銀行「初音ミクカードウェアラブルiDスタンプラリー」

初音ミクの大型イベントである「マジカルミライ2017」でも出展されていた、電子決済システム「iD」を使ったスタンプラリーシステムが展示されていた。「iD」のインターフェイスは初音ミクのカラーをまとったリストバンドで、中に円形の小さなFeliCaチップが埋め込まれている。

電子決済システム「iD」を使った初音ミクのスタンプラリーシステムを展示。マジカルミライ2017ではかなり好評だったという

ファン的にはこちらのリストバンドは集めたい一品かも?

ファン的にはこちらのリストバンドは集めたい一品かも?

auのおはなしアシスタント「レナ」が、ARキャラクターとしてauブースに登場

auのAndroidスマホ専用アプリ「おはなしアシスタント」や、Twitterのアカウントでも使われているキャラクター「レナ」が拡張現実「AR」としてauのブースに登場。GoogleのARテクノロジー「Tango」を使ったもので、Tango対応タブレットをかざせば、カメラで映し出した映像の中にレナが現れる。対話AIも備えているため音声による受け答えもでき、KDDIが準備中の次世代通信技術「5G」についてレクチャーをしてくれた。

展示ブースの一角にあるレナのテーブルと椅子。何もないが対応タブレットの画面を通してみると……

展示ブースの一角にあるレナのテーブルと椅子。何もないが対応タブレットの画面を通してみると……

カメラの映像の中には、椅子に腰かけたレナが現れる。筆者の前にたまたまいた体験者が「かわいい!!」と、思わず言ってしまうのも納得できるほどモデリングや動きがキュート。レナが好きなら一見の価値がありそうだ

レナとのツーショット写真の撮影も可能。レナと並べて皆うれしそうだ(被写体の男性はauスタッフとのこと)

レナとのツーショット写真の撮影も可能。レナと並べて皆うれしそうだ(被写体の男性はauスタッフとのこと)

田中 巧(編集部)

田中 巧(編集部)

FBの友人は4人のヒキコモリ系デジモノライター。バーチャルの特技は誤変換を多用したクソレス、リアルの特技は終電の乗り遅れでタイミングと頻度の両面で達人級。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
関連記事
ページトップへ戻る