レビュー
やっぱりメインモンスターは超強敵!

PS4「モンハン:ワールド」のメインモンスター「ネルギガンテ」狩猟レポート

カプコンの国民的狩猟ゲーム「モンスターハンター」シリーズの最新作「モンスターハンター:ワールド」、が「PlayStation 4」で2018年1月26日にいよいよ登場。発売よりひと足先に、新メインモンスター「ネルギガンテ」を狩猟するクエストのメディア向け体験会が実施されたので、その詳細をレポートする。

「モンハン:ワールド」が今までのシリーズとどう違うのかは、「東京ゲームショウ 2017」のレポート記事から確認してほしい。

PS4「モンスターハンター:ワールド」プレイレポート、面白さはそのままに超絶進化!

「モンスターハンター:ワールド」の新メインモンスター「ネルギガンテ」

「モンスターハンター:ワールド」の新メインモンスター「ネルギガンテ」

メインモンスター「ネルギガンテ」に4人で挑戦!

本作の新メインモンスター「ネルギガンテ」は、リオレウスやジンオウガ、ライゼクスといった歴代のメインモンスターに見劣りしない凶暴な見た目のモンスター。大きな角と、翼、そして鋭い爪が特徴。PVでは、強靭な爪でハンターを殴り倒す様子が確認できる。

この「ネルギガンテ」に4人のマルチプレイで挑戦した。クエスト名は「渇欲のネルギガンテ」で、レベルは「★5」。ほかのクエストは「初級者向け」「中級者向け」などと記載されているが、「ネルギガンテ」は「DANGER」と書かれており、厳しい戦いになる雰囲気がプンプンしている。

「ネルギガンテ」討伐にいざ出発。制限時間は、体験会仕様の15分。15分で討伐できるのか……

「ネルギガンテ」討伐にいざ出発。制限時間は、体験会仕様の15分。15分で討伐できるのか……

「モンスターハンター:ワールド」では、これまでのシリーズと違い、クエストに出発した後でも装備を整えることができる。今回は、派手なものをということで大剣をチョイスした。これが後に足かせにあろうとは、このときは気づいていなかった。

大剣を装備して討伐へ。操作方法を右上に表示してくれるのは、ビギナーにもやさしいUI

大剣を装備して討伐へ。操作方法を右上に表示してくれるのは、ビギナーにもやさしいUI

ベースキャンプでは、装備を整えたりアイテムを入手したりできるほかに、料理を食べることもできる。食事でステータスを強化してから討伐に向かおう

「ネルギガンテ」に遭遇! その素早さに大剣では……

ベースキャンプを出発しモンスターの痕跡をたどっていくと、キラキラと光る導蟲(しるべむし)がターゲットのもとまで導いてくれる。モンスターを探して迷い続けることがないので、ストレスなく非常に快適だ。PS4で進化した美しいグラフィックの世界を進んでいった先に「ネルギガンテ」を発見した。

導蟲(青い光)の先に大きなモンスターを発見。あれが「ネルギガンテ」だ

導蟲(青い光)の先に大きなモンスターを発見。あれが「ネルギガンテ」だ

「ネルギガンテ」は、大きな図体のわりに動きがとても素早い。遠く離れていても、一瞬で距離を詰められてしまう。また、両腕の爪を振り回す、突進などの攻撃は非常に強力で、一撃で3分の1から、大きいときだと2分の1ほど体力を削られてしまう。

両腕と角を振り回す攻撃は非常に危険。距離をとっても一瞬で詰められるのでやっかいだ

両腕と角を振り回す攻撃は非常に危険。距離をとっても一瞬で詰められるのでやっかいだ

プレイした後に知ったのだが、「ネルギガンテ」は古龍種なので、シビレ罠が効かない。しかも素早いので、モーションが大きい大剣だと、攻撃を与える隙がほとんどないのだ。さらに、「ネルギガンテ」は体の表面がトゲで覆われており、非常に堅く、なかなかダメージが通らない。こういうときは弱点を優先的に狙うのがベター。本作では、与えたダメージが数値で表示されるので、弱点を見つけやすくなっている。おそらく、ダメージ数値の大きい尻尾の先が弱点ということまでわかったのだが、尻尾を振り回して攻撃してくるので、背後でも安心できない。

2回ほど体力がゼロになった後、時間切れで終了。初めての「ネルギガンテ」狩猟は、失敗に終わってしまった。大剣が厳しいということがわかったので、今度は操虫棍(そうちゅうこん)でチャレンジしてみることに。

操虫棍は、大剣とは違い高い機動力を持つ武器だ。モンスターの上に乗って連続攻撃を行う乗り攻撃も行いやすく、猟虫を飛ばしてステータスを強化することも可能だ

操虫棍を装備し「ネルギガンテ」討伐2回目へ。やはり、先ほどとは違い操虫棍の攻撃は当てやすい。しかし、いかんせん「ネルギガンテ」は堅すぎて、攻撃がはじき返されることもあった。

ダメージを与え続けていると、「ネルギガンテ」は攻撃力や俊敏性が大幅に強くなる怒り状態へ移行。怒り状態になると、攻撃パターンも変化し、よけるのが難しくなる。よけられないうえに、こちらが受けるダメージも増えるので、難度が格段に上がった。それでも4人で攻撃し続け、「ネルギガンテ」が2回ほど逃亡し討伐まであと少し! というところでまたもや時間切れ。

「ネルギガンテ」はメインモンスターということだけあり、相当強かった。スタッフによれば、12月16、17日に開催された「ジャンプフェスタ 2018」にも出展していたのだが、2日間のイベント中に「ネルギガンテ」を討伐できたのは、わずか2回だったという。本編ではどのような場面で「ネルギガンテ」が登場するのか、討伐するのが今から楽しみだ。

水川悠士(編集部)

水川悠士(編集部)

最新ガジェットとゲームに目がない雑食系ライター。最近メタボ気味になってきたので健康管理グッズにも興味あり。休日はゲームをしたり映画を見たりしています。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン「動画」まとめページ
ページトップへ戻る