特集
今や、カルチャーとしてもブームを呼んでいる電子タバコ

VAPEのおすすめベストバイ5機種を厳選!

加熱式たばこの「アイコス」、「グロー」、「プルーム・テック」の影に隠れつつも、人気が加速している「VAPE(ベイプ)」。どちらも“電子タバコ”と称されることが多いが、アイコスなどのニコチンを含む加熱式たばこは電子タバコとは呼べない。日本国内では薬機法上ニコチンリキッドを流通できないので、リキッドを気化させ、そのニコチンの入っていない蒸気を楽しむのが電子タバコのVAPEなのだ。今回はそんな中で、VAPE愛用者でもあるライター・清水りょういち氏が自信を持っておすすめできるという5機種を、選び方とともに紹介したい。

目次
・VAPE選びのポイント
└味が出やすい
└リキッド注入のしやすさ・携帯性
└煙(蒸気)の量
・おすすめVAPE5選

【関連記事】
電子タバコ「VAPE(ベイプ)」って何だ? 初心者向けモデルはコレ! 「アイコス」との違いは?

VAPE選びのポイント

味が出やすい

まずは味。VAPEは電子タバコ用のリキッドを蒸気化させて吸い込み、その味と香りを楽しむという、限りなくアロマに近い趣味である。日本国内で流通しているリキッドはニコチンもタールも入っていないので、おいしいと感じない限り意味がない。

VAPEの味わいは、「リキッド選びが半分、機種選びが半分」だ。リキッドにはタバコ系からメンソール風味、食品系からドリンク系などさまざまなフレーバーがある。「好きな味のリキッドを選べばいいだけじゃないか」と思うかもしれないが、実は機種ごとに味の出方が違うから厄介だ。

では、どんなものがよいのだろうか。以前は小型タイプよりも大型タイプのほうが設計に余裕があっていいと言われていたが、最近はあまり当てにならない。それよりも、蒸気を発生させるコイルの性能によって味が左右されることが多い。ただそのコイルも規格が合えば交換可能なので、機種としてどれがよいとは言い切れないのが現状だ。ただ、コイル交換・改造はVAPEにくわしい人のすることVAPEビギナーなら、最初から味の出やすい機種を選ぶのが1番楽だ。

リキッド注入のしやすさ・携帯性

VAPEの使いやすさは、リキッドの注入(チャージ)のしやすさに左右される。そして、リキッドチャージのしやすさは、注入口の大きさに比例する。なるべくならリキッドボトルから直接入れられる注入口の大きいものを選びたいが、注入口が小さく狭い場合は、注射針のようなニードルボトルにリキッドを詰め直して入れたほうが楽だ。

リキッド漏れの最大の原因は、リキッドの入れすぎ。また、リキッドが切れたまま吸おうとすると空炊きになり、コイルが焦げ付いて交換しなければならなくなってしまう。入れすぎ防止と残量確認のためにも、リキッド量がひと目でわかるタイプが便利だ

使用方法は、電源のオン/オフはボタン5回(もしくは3回)連打、吸う際にボタンを押しながら吸うのが基本だ。「プルーム・テック」で採用している、吸うと自動的にオンになるオートスイッチは、搭載機種が少ない。喫煙者なら圧倒的にオートスイッチのほうが使いやすいのだが。

また、持ち歩きやすさも考慮に入れたい。問題になるのはリキッド漏れだ。VAPEはリキッドを本体内に保持する構造のため、ちょっとした隙間から漏れやすいのだ。リキッドは油性なので漏れると手がベタベタになるし、カバンの中が悲惨なことになる可能性もある。それを避けるために、なるべくVAPE本体を縦に保持できるケースを使用したい。ケースに入っていれば、万が一漏れても被害を食い止めることができる。専用ケースでなくとも本体が入れば十分。100円ショップのペンケースなどでも代用可能だ。

煙(蒸気)の量―爆煙か適煙か

VAPE利用者は、大きく2つのタイプに分けられる。VAPEカルチャーとも言うべき、なるべくたくさんの蒸気をもうもうと立たせるのをよしとするタイプ。「喫煙経験のないままいきなりVAPEを使い始めた」という人も珍しくない。もうひとつは、紙巻きたばこやアイコスなどの加熱式タバコからの移行組。

VAPEの吸い方も異なり、前者はダイレクトラング(肺吸い)と呼ばれる深呼吸するように蒸気を肺まで送り込んで吐き出すのが主流。いっぽう、後者の元喫煙者組は紙巻きたばこ同様、いったん口の中に蒸気を溜め込んで、その後に多過ぎれば少し吐き、適量を改めて肺まで吸い込む口吸い(マウストゥーラング)が基本。前者は爆煙タイプを好み、後者は近年の嫌煙傾向を意識してか、あまりタバコで目立ちたくないというタイプが多いのか、適度な煙量を選ぶ傾向にあるようだ。

通常の紙巻きタバコとほぼ同サイズの「Malle S Lite」。吸い方にもよるが蒸気は控えめ。喫煙所で目立ちたくない、上司の前でモクモクとさせると偉そうに見えてしまって気が引けるという人にはこの程度で十分だ

純粋にモクモクを大量に出していい環境なら、蒸気量の多い、いわゆる爆煙タイプも選択肢になる。要は目立ちたいのか、目立ちたくないのかということだ。

濃厚で量の多い蒸気が発生する「Breeze」。ドリップチップ(吸い口)も大きく開口しており、思い切り吸い込みやすい。VAPEファンの間では喜ばれるが、街中や会社の喫煙所ではけっこう恥ずかしい

おすすめVAPE5選

ここからは、筆者がセレクトしたおすすめVAPE5機種を、実際に使用してみた感想も含めて紹介しよう。なお、使用したリキッドは下記の3種類。

左から、国産有名メーカー・KAMIKAZE(カミカゼ)のガツンと来る強力清涼感が持ち味の「KAMIKAZE スーパーハードメンソール」。VAPEユーザーに人気の高い、エナジードリンク「レッドブル」を再現した「KAMIKAZE R-BULL(レッドブル)」。タバコからの移行組に評価の高い、6種類のタバコの葉のフレーバーをブレンドした甘さ控えめの「Rocket Fuel Vapes Reaper Blend」。もちろん、すべてニコチンは入っていない

1.JustFog(ジャストフォグ)「Fog1(フォグワン)」
「思った以上の味が出る」とネット上でも評判のペンタイプは肺吸い・口吸い両対応!

ゴツく太いルックスがワイルドな雰囲気を醸し出す「Fog1」。定電圧出力を実現しているため安定した味を出し続けることができ、味自体の出やすさもペンタイプ随一とネット上でも評価が高いペンタイプのVAPEだ。ずっしりと重いが、それが逆にかっこよく感じるデザイン。コイルは肺吸い用の0.5Ωと、口吸い用の0.8Ωの2種類が付属する(抵抗値が小さくなるほど煙の量は多くなるのが原則。ただリキッド消費量も多くなるのでコスパは悪くなる)。

JustFog「Fog1」。カラーバリエーションはブラック、シルバー(写真はシルバー)。リキッド残量がひと目でわかるタイプ

スライド調整可能なエアフロー付き。この小窓で取り込む空気量を調整する。穴を大きくすると蒸気量は増えるが、ドロー(吸い込みの重さ)は軽くなる

実際に0.8Ωで吸ってみたところ豊かな蒸気を生み、0.5Ωだとさらに増えた。何よりリキッドの味がしっかりと感じられるのがよい。「スーパーハードメンソール」は目が覚めるほどの強烈な清涼感でありつつ、ベースになっているPG、VGなどのグリセリンの甘味まで表現できている。「R-BULL」は貧弱な機種では感じ取ることの難しい、炭酸のようなニュアンスまで出ていたのは驚き。錯覚だが、元気が出そうだ。最後の「Reaper Blend」は、6つのタバコ葉の香りが混じり合う複雑なテイストを芳醇に味わえて素晴らしい。

唯一惜しいのは、リキッドが入ったままだとコイル交換ができないこと。コイルは消耗品なので、2週間から1か月程度で交換するタイミングがあるのだが、その時に残ったリキッドは捨てなくてはならなくなる。リキッドタンクは樹脂製で、柑橘系やメンソール系でヒビが入る(クラック)可能性がゼロではないが、厚手で丈夫なせいか、10日以上使用しても1度もヒビは入らなかった。

サイズ:20(直径)×113.5(長さ)mm
重量:82.9g
リキッドタンク容量:1.99ml
バッテリー:1,500mAh
コイル:0.8/0.5Ω付属
リキッドタンク:樹脂製(交換可能)
ドリップチップ:510規格
エアフロー調整:○
上ブタを外すだけでリキッド補充可能なトップ構造:○
タンク取り外し:○
定電圧出力:○

2.Eleaf(イーリーフ)「iStick Trim(アイスティック トリム)」
ふんわりシルキーな蒸気で、じわじわ味わうのに適した3段階出力調整可能機種

VAPE慣れしていない人には不思議なフォルムに見えるかもしれないが、このタイプは主流のひとつ。下部が四角く幅がある分、バッテリー内蔵に余裕があるのが特徴で、この「iStick」シリーズも人気ラインアップだ。シリーズの中では機能がシンプルなタイプだが、出力が3段階に調整できるのがうれしい。同じリキッドでも出力次第で味が変わるので、楽しみが増える。

Eleaf「iStick Trim」。カラーバリエーションはブラック、シルバー、ローズゴールド、レッド、グリーン(写真はローズゴールド)。リキッド残量がひと目でわかるタイプ

持ってみると、意外にも手のひらにしっくり来て持ちやすい。加熱式タバコ「グロー」のような感覚だ

持ってみると、意外にも手のひらにしっくり来て持ちやすい。加熱式タバコ「グロー」のような感覚だ

吸ってみると、蒸気の出方がふんわりとシルキーで、音も静か。というのも、多くのVAPEは蒸気を生み出す際に少なからずパチっとリキッドが弾ける音がして、知らない人はびっくりするものだが、この機種は連用してもパチパチ音が1度も起こらなかった。

味もまた強力な、というよりも包み込まれるように味わえるタイプ。やわらかな蒸気は、強烈なメンソールよりも「R-BULL」のような甘みのあるリキッドに合うようだ。「Reaper Blend」では、さながら葉巻をくゆらせているような優雅な気分が味わえた。

サイズ: 35(幅)×15(厚さ)×126(高さ)mm
重量:96.7g
リキッドタンク容量:1.8m
バッテリー:1,800mAh
コイル:1.5/0.75Ω付属
ドリップチップ:510規格
エアフロー調整:○
リキッド補充:バッテリー取り外し後、ボトムから可能
タンク取り外し:×
定電圧出力:×

3.Eleaf(イーリーフ)「iCare140(アイケア 140)」
リキッド漏れに強いタンク一体型。手軽でスタイリッシュなペンタイプ

「iCare140」は、リキッドを注入するタンクがバッテリーと一体化されており、隙間がないことからリキッド漏れがしにくいペンタイプのVAPE。ポケットに入れておいても大丈夫なので気軽に携帯できる。洗練されたフォルムは葉巻感覚の太さ、長さ。もしくは輸入高級万年筆といったところ。別売りになるが510規格のプルーム・テック対応ドリップチップ(吸い口)に交換することでプルーム・テックのたばこカプセルが使える。

Eleaf「iCare140」。カラーバリエーションはブラック、シルバー(写真はシルバー)。リキッド残量がひと目でわかるタイプ

ドリップチップを交換すれば、「プルーム・テック」のたばこカプセルも使用可能

ドリップチップを交換すれば、「プルーム・テック」のたばこカプセルも使用可能

本体がスリムな分、バッテリー容量は少ない。そのため、がっつりヘビースモーカーというよりも、ライトなスモーカーに向いた機種だ。味も比較的出るが、そこまでしっかり出るほうではない。その点でもライトなVAPEユーザー向きかも。複雑な味わいを楽しむというよりは、気軽な気分転換として「スーパーハードメンソール」でスキッとするのがちょうどいい。

サイズ: 14(直径)×122(長さ)mm
重量:44g
リキッドタンク容量:2ml
バッテリー:650mAh
コイル:1.1Ω
リキッドタンク:ガラス製(交換不可)
ドリップチップ:510規格
エアフロー調整:×
リキッド補充:上ブタを外せば可能だが、コイルごと外れるので手が汚れる
定電圧出力:×

4. Vapeonly(ベイプオンリー)「Malle S Lite(マールエスライト)」
タバコサイズのシックなデザイン。それでいてけっこう味も出る!

たばこサイズのVAPEは「EMILI」シリーズが有名だが、タンクが樹脂製のため柑橘系やメンソールリキッドでヒビが入る可能性がある。柑橘系やメンソールが好きな人は、ガラスタンクを採用した「Malle S Lite」がいい。

タバコサイズなので、蒸気量は多くない、タンク容量が少ない、バッテリーの持ちが悪い、リキッド注入部が小さい、などのデメリットがある。しかし、喫煙者にとって「吸えば蒸気が出る」オートスイッチ搭載は非常に魅力的。重さはあるのでさすがにくわえタバコは無理だが、読書やPC操作など、何かしながらでもボタンを探さずにいきなり吸える便利さは捨てがたい。また、このタイプとしては味の出もいい。

VAPE ONLY「Malle S Lite(マールエスライト)」。カラーバリエーションはブラック(本体ブラック×2本)、ゴールド(本体ゴールド×2本) 、シルバー(本体シルバー×2本)、ピンク(本体シルバー×2本) 。容量、バッテリーの問題は2本で1本と考えればいい

メーカーのVapeonlyは製品の質感もよく、持つ喜びも満たされる細部にまでこだわったデザインが特徴。前モデルはリキッドが逆流して口に入る“ジュルり”という現象が多発していたが、解決された。メンソール系もいい選択だが、「R-BULL」のようなポップな味わいのものよりも、「Reaper Blend」でタバコ感は増す。デメリットをあげると、小さいがゆえに連続でチェーンスモークすると構造的に上半分が過熱しやすい。そんな時は、もう1本のほうに切り替えれば済む。デメリットばかりを書いている気がするが、それでも愛着を感じてしまうのは、筆者が喫煙者であり、紙巻きたばこに一番近いフィーリングを持っているからかも。

サイズ:9.0(直径)×100.5(長さ)o/本
重量:19g/本
リキッドタンク容量:0.8ml/本
バッテリー:180mAh/本
コイル:1.5Ω
リキッドタンク:ガラス製※ドリップチップ一体型(交換可能)
ドリップチップ:一体型
エアフロー調整:×
リキッド補充:中央分割
タンク取り外し:×
定電圧出力:×

5.Aspire(アスパイア)「Breeze(ブリーズ)」
ヘンテコなルックスでありながら、爆煙可能な手のひらサイズのモンスター!

まさに異色な形状のVAPE。手に持つとずっしりと重いが、一応人間工学に基づいたデザインというだけあり、なじみはよくて持ちやすい。蒸気はたっぷりの爆煙タイプで、ドロー(吸い込むときの抵抗)は軽く、キャップ付きでそのままポケットに入れられる。一見タバコにもVAPEにも見えないので、普段は目立たないだろう。

しかし、これを吸っている様子はかなり目立つ。さらに蒸気がたっぷり出るのでより目立つ。ただ、「これぞVAPE」ともいうべき濃厚な蒸気に巻かれる感覚は、捨てがたい。こんなにコンパクトなのに味もよく出る。

Aspire「Breeze」。カラーバリエーションはブラック、グレー、レッド、ブルー(写真はレッド)

Aspire「Breeze」。カラーバリエーションはブラック、グレー、レッド、ブルー(写真はレッド)

たとえば「R-BULL」を吸うとわかるが、まるでレッドブルの霧の中に入り込んだよう。メンソールは「スーパーハードメンソール」だとキツすぎて目に染みるほど。「Reaper Blend」は味はわかるものの、雰囲気が合わない気が。

最近では、ジャスミンなどのアロマ感のあるリキッドも多いご時世。自分の半径1mをお気に入りの香りで満たすというVAPEならではの使い心地を味わうのに適したモデルと言えよう。

吸い方は、ドリップチップが大きく横に広いので肺吸いに向く。電源が入っている状態なら吸い込むだけでスイッチが入って蒸気が出るセミオートだが、口吸いの場合は起動するまで多少時間差があるのでコツがいる。ただボタンを押しても蒸気は出るので、素直にボタン式と思って使うほうが楽かも。

サイズ :33(幅)×18(厚さ)×93(高さ)mm
重量:82g
リキッドタンク容量:2ml
バッテリー:650mAh
コイル:0.6Ω
リキッドタンク取り外し:×
ドリップチップ:一体型
エアフロー調整:×
リキッド補充:ドリップチップを外してコイルごと外す
タンク取り外し:×
定電圧出力:×

協力:ベプログショップ

価格.comマガジン編集部

価格.comマガジン編集部

パソコン・家電からカップ麺に至るまで、何でも自分で試してみないと気が済まないオタク(こだわり)集団。常にユーザー目線で製品を厳しくチェックします!

関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る