レビュー
タイムスリップものや「週刊少年ジャンプ」コラボ製品が誕生!

50周年記念「人生ゲームタイムスリップ」は、100年の時空を超える!

タカラトミーが1968年から発売してる国民的ボードゲーム「人生ゲーム」が、2018年に発売50周年を迎えた。これを記念して、“家族みんなでニッポンの50年を人生体験”できる新作「人生ゲームタイムスリップ」を、2018年3月31日に発売する。

メーカー希望価格は、4,298円(税込)。

3世代で楽しめる「人生ゲームタイムスリップ」

3世代で楽しめる「人生ゲームタイムスリップ」

また、同じく創刊50周年を迎えた集英社のマンガ雑誌「週刊少年ジャンプ」とコラボした「週刊少年ジャンプ人生ゲーム」も2018年7月に発売予定。メーカー希望価格は、4,860円(税込)となる。

現在連載中の作品から過去の人気作品まで登場する「週刊少年ジャンプ人生ゲーム」

現在連載中の作品から過去の人気作品まで登場する「週刊少年ジャンプ人生ゲーム」

さらに、2018年にデビュー30周年を迎えるロックバンド「B’z」とコラボした「B’z 人生ゲーム」も製作中。2018年4月1日から開催される展示会「B’z 30th Year Exhibition “SCENES” 1988-2018」にて限定販売される。価格は未定。

B’zの30年の歴史が詰め込まれた「B’z 人生ゲーム」。プレイヤーはB’zのスタッフとなり、バンドを盛り上げながらNo.1スタッフを目指す

シリーズ61作目「人生ゲームタイムスリップ」は1968年から100年の人生を疑似体験!

日本における累計販売数1500万個(2018年3月時点)を誇る「人生ゲーム」の50周年記念製品にして、シリーズ61作目となるのが、「人生ゲームタイムスリップ」。ゲーム内容は、プレイヤーが「人生ゲーム」が日本に登場した50年前の1968年にタイムスリップして、これまでの日本の流行や出来事を体感しながら現在を目指すというもの。また、追加ステージ「未来ステージ」をつなげることで、2068年までの“想像した未来”における人生も疑似体験できる。

「メインステージ」の一部。おなじみのルーレットには、時計の文字盤がくっついている

「メインステージ」の一部。おなじみのルーレットには、時計の文字盤がくっついている

「未来ステージ」のボードは、「メインステージ」のボードに隣り合わせにくっつけて使うようだ

「未来ステージ」のボードは、「メインステージ」のボードに隣り合わせにくっつけて使うようだ

コースは、1968年から始まり、1970〜2010年代まで、年代ごとの計5つのメインステージに分かれており、各年代に当時話題となったモノやコトにまつわるマス目が盛り込まれている。

各年代の象徴的なマス目


●メインステージ


・1970年代コース/安定景気でみんなハッピー
「オイルショック!買いだめに走る」
「ビデオデッキの使い方がわからなくて録画失敗」


・1980年代コース/ゲーム感覚でも絶好調!
「テレホンカードが便利で、長電話する」
「導入されたばかりの消費税をはらい忘れる」


・1990年代コース/バブルのピークで大儲け!からの…
「お立ち台の扇子で競り勝つ」
「着メロに凝ったのに電話が鳴らない」


・2000年代コース/21世紀、新時代に突入!
「パソコンが2000年をカウントできない」
「2000円札を使ってみたくて買い物に行く」


・2010年代コース/ネット活用で勝ち残れ!
「クラウドファンディングで商品開発」
「地上デジタル放送移行で、アイドルの笑顔も鮮明!」


●未来ステージ〜
「ロボット先生が登場。遅刻したらすぐばれた」
「宅配ドローンでラーメンを注文する」

未来ステージの一部。1年ごとにマス目が用意されており、どれもワクワクする内容ばかり!

未来ステージの一部。1年ごとにマス目が用意されており、どれもワクワクする内容ばかり!

また、盤面には時代を象徴する6つの建物を配置。「団地」(1960年代)や「東京ドーム」(1980年代)のほか、「東京スカイツリー」(2010年代)などがあり、これらはゲーム内で購入したり投資したりすることができる。ゴールには、完成前(2018年3月15日時点)の「新国立競技場」もひと足早く登場!

「人生ゲームタイムスリップ」の「ゴール」は、「新国立競技場」。ミニフィギュアがかわいい

「人生ゲームタイムスリップ」の「ゴール」は、「新国立競技場」。ミニフィギュアがかわいい

「人生ゲームタイムスリップ」は、新しい仕組みも採用されている。「職業カード」を裏返してランクアップすることで、多くの給料がもらえるようになる点はこれまでと同様だが、本製品では人生ゲームで初めて、年代によって給料が変動する仕組みを採用。資産となる「お宝カード」も、時代に応じて価値が変動する。

「職業カード」の一部。「ビジネスマン」は時が経つにつれて順調に給料が上がっていくが、「アイドル」や「野球選手」は1990年代、2000年代に給料が急落! バブル崩壊やリーマンショックが影響か……

「お宝カード」は20世紀と21世紀で価値が変動。「スーパーカー消しゴム」から「スマートフォン」まで、過去50年のアイテムがそろう

もうひとつ初登場するのは、「タイムリープチケット」。従来の「人生ゲーム」での「保険」アイテム(生命保険、自動車保険、火災保険)に代わるもので、止まったマス目のひとつ手前のマス(過去)に移動できるチケットだ。これを使えば、ラッキーなマスに止まることができたり、不運なマス目を避けたりできる。

「週刊少年ジャンプ」の超人気キャラクターが勢ぞろい!

「人生ゲーム」シリーズ62作目となる新製品 「週刊少年ジャンプ人生ゲーム」は、「ワンピース」や「僕のヒーローアカデミア」といった、現在「週刊少年ジャンプ」で連載中の作品を中心に、「DRAGON BALL」や「こちら葛飾区亀有公園前派出所」といった過去の人気作品も加わった、50作品が登場する。「週刊少年ジャンプ」のキャラクターやアイテム、名セリフが満載で、漫画を読むかのようにゲームを楽しめる。

「週刊少年ジャンプ人生ゲーム」

「週刊少年ジャンプ人生ゲーム」

収録マスの一例。人気作品のベストシーンがこれでもかというほど詰め込まれていて、贅沢すぎる……

収録マスの一例。人気作品のベストシーンがこれでもかというほど詰め込まれていて、贅沢すぎる……

「週刊少年ジャンプ人生ゲーム」では、「人生ゲーム」でおなじみの「自動車コマ」「お札」「お宝カード」は、「週刊少年ジャンプ」のキャラクターによるオリジナルデザインで制作されている。

「コマ」となった登場キャラクターは、前列左から「孫悟空(DRAGON BALL)」、「モンキー・D・ルフィ(ONE PIECE)」、「日向翔陽(ハイキュー!!)」、「緑谷出久(僕のヒーローアカデミア)」、後列左から「竈門炭治郎(鬼滅の刃)」、「エマ(約束のネバーランド)」、「アスタ(ブラック・クローバー)」、「両津勘吉(こちら葛飾区亀有公園前派出所)」の8種

「お札」の代わりに、「Jメダル」というメダルを使用。これをできるだけ多く集めたプレーヤーが勝利となる

「お札」の代わりに、「Jメダル」というメダルを使用。これをできるだけ多く集めたプレーヤーが勝利となる

「仲間カード」や「アイテムカード」にも人気キャラクターがてんこ盛り!

「仲間カード」や「アイテムカード」にも人気キャラクターがてんこ盛り!

フ、フリーザ様も、ついに「人生ゲーム」に降臨……!

フ、フリーザ様も、ついに「人生ゲーム」に降臨……!

牧野裕幸(編集部)

牧野裕幸(編集部)

月刊アイテム情報誌の編集者を経て価格.comマガジンへ。家電のほか、ホビーやフード、文房具、スポーツアパレル、ゲーム(アナログも含む)へのアンテナは常に張り巡らしています。映画が好きで、どのジャンルもまんべんなく鑑賞するタイプです。

関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る