レビュー
ゲームと工作が融合!

「Nintendo Labo」レビュー。 スイッチでこんなことができるなんて!

任天堂のダンボール工作キット「Nintendo Labo」が2018年4月20日に発売されました。ダンボール製の部品を「Nintendo Switch」(ニンテンドースイッチ)のJoy-Conに組み合わせて「Toy-Con」を作って遊ぶという、今まで任天堂の製品とは毛色が異なる斬新な製品であり、発表当時から高い注目を集めていました。編集部では、発売日当日に5種類の「Toy-Con」を作れる「Nintendo Labo Toy-Con 01: Variety Kit」を手に入れたので、一体どのように作って遊ぶのか、その魅力に迫りました。

話題の「Nintendo Labo」をレビュー

話題の「Nintendo Labo」をレビュー

「Nintendo Labo」開封の儀から「Toy-Con」を作る

「Nintendo Labo Toy-Con 01: Variety Kit」は、「リモコンカー」「つり」「おうち」「バイク」「ピアノ」という5種類の「Toy-Con」を作るダンボール製の工作キットと、これらの「Toy-Con」を遊ぶためのソフトがセットになっています。

「Nintendo Labo Toy-Con 01: Variety Kit」のパッケージ。右上のニンテンドースイッチと比べるとわかると思いますが、サイズは結構大きめ。ダンボールしか入っていないので軽いと思っていたのですが、ズッシリとした重さがあります

開封してみて重さの理由が判明。ダンボールのシートが28枚も入っていました。そりゃあ重いですよね。ダンボールシートのほかには、輪ゴムやヒモなどの部品とソフトが入っています

ダンボールシートは、よく見かける段ボール箱よりも薄いタイプ。というか、これを使ってどう遊ぶんだろうと、まだ頭の中は?マークだらけです

開封したら同梱されているソフトをニンテンドースイッチで起動。「つくる」「遊ぶ」「わかる」という3つのメインメニューがあり、まずは、「つくる」から始めます。「つくる」では、「リモコンカー」「つり」「おうち」「バイク」「ピアノ」それぞれの作成にかかるおおよその時間を表示。昔から工作が苦手な筆者でもきちんと作れるのかちょっと心配です。

「つくる」では、「リモコンカー」は10分、「つり」は90〜150分というふうに組み立て終わるまでの時間が表示されています

最初は組み立て時間が一番短い「リモコンカー」に挑戦。作り方を動画で説明してくれるのですが、どのダンボールシートからどのパーツを使うのか、どこを折り曲げて、どう組み立てるのかをアニメーションで順番に、かつ、ていねいに解説してくれるので、手順がわからなくなるということはありません。わからなければ巻き戻して再確認できるのも安心ですね。

28枚もあるダンボールシートから必要なパーツを見つけるのは大変そう、と思っていましたが、どのシートのどのパーツを使うのか動画で説明してくれるのでまったく問題ありませんでした

子どもでも理解できる言葉で作り方を説明してくれるので、親子で遊ぶ人たちも安心です

子どもでも理解できる言葉で作り方を説明してくれるので、親子で遊ぶ人たちも安心です

動画の説明どおりに、ダンボールシートからパーツを外して組み立てていきます

動画の説明どおりに、ダンボールシートからパーツを外して組み立てていきます

動画は再生中でも自由にズームイン、回転といった操作が可能です。たとえば、ツメを内側に入れる部分を説明している上記の画像の場合、肝心の部分(赤枠)がダンボールで隠れて見えません

しかし、タッチ操作で回転させて、ズームインすれば、ツメをどのように折りたたむかが丸わかりです

しかし、タッチ操作で回転させて、ズームインすれば、ツメをどのように折りたたむかが丸わかりです

最後に「Joy-Con」を左右に取り付けると、「リモコンカー」は完成。大人だと組み立てまで10分かからないでしょう

気をつけたいのは、力を入れすぎてダンボールシートを破損してしまうこと。ダンボールシートや各種パーツは任天堂の公式サイトで販売されていますが、なるべく余計な出費は抑えたいところなので、作るときは注意しましょう。

作った「Toy-Con」で「あそぶ」、そして「わかる」

「リモコンカー」は、ニンテンドースイッチ本体で操作するラジコンのようなおもちゃ。ニンテンドースイッチのタッチパネルに表示された仮想コントローラーで操作します。「Joy-Con」の振動機能を利用して前に進んだり、左右に曲がったりする、いたってシンプルなおもちゃなのですが、操作してみると「よくできてるなー」と感心しっぱなしでした。

また、操作するだけではなく、もう1台の「リモコンカー」と対戦するモードや、自動運転モードも搭載されています。ただ、「Nintendo Labo」の真髄は、自分で遊び方を見つけるところにあります。自分でコースを作ってみたり、暗所でも明るく見えるIRカメラの長所を生かして真っ暗な場所を探検させてみたりなど、遊び方はユーザー次第。親子でさまざまな遊び方を考えるのも楽しそうです。

「リモコンカー」で遊んでみた様子は以下の動画から確認できます。

「あそぶ」メニューから「リモコンカー」を選択

「あそぶ」メニューから「リモコンカー」を選択

ゲームが始まると、ニンテンドースイッチ本体にリモコンカーのコントローラーが表示されます。左右のパッドをタッチすると「Joy-Con」が振動して「リモコンカー」を操作可能。振動数はパッドの隣にあるつまみで調節できます。

Joy-Conに備えられたIRカメラで捉えた映像をリアルタイムで表示してくれるので、「リモコンカー」視点であちこち探検するのも面白そうですね

別のパーツを使って「リモコンカー」をカスタマイズすることもできます。パーツを取り付けてデコレーションし、自分だけの「リモコンカー」を作るのも楽しそう。

別のパーツを使ってカスタマイズ(左からトラック、象、ショベルカー)

別のパーツを使ってカスタマイズ(左からトラック、象、ショベルカー)

「リモコンカー」に加えて、「つり」も作ってみました。「つり」は、組み立て時間が90〜150分と、かなり時間がかかる「Toy-Con」です。輪ゴムやひもなどダンボール以外の部品も使い、「リモコンカー」よりも仕組みは複雑。しかし、工作が苦手な筆者でも一度も間違うことなく完成。時間がかかった分、「リモコンカー」と比べて完成したときの達成感もひとしおです。

「つり」で遊んでみた動画は以下から確認できます。

「つくる」「あそぶ」を楽しんだら、最後は「わかる」のパート。ここでは、作った「Toy-Con」がどのような仕組みで動いているのか、そしてどのような遊び方ができるのかを、キャラクターとの対話と動画で説明してくれます。「わかる」で仕組みを理解してから遊ぶと、面白さは倍増。大人が見ていても、「ほほーなるほど」と感心すること間違いなしです。

「わかる」では、各「Toy-Con」の仕組みや詳細な操作方法、遊び方などを教えてくれます

「わかる」では、各「Toy-Con」の仕組みや詳細な操作方法、遊び方などを教えてくれます

個性豊かなキャラクターとの対話と動画で説明してくれるので、わかりやすい

個性豊かなキャラクターとの対話と動画で説明してくれるので、わかりやすい

「Nintendo Labo」は創造力を養うのにピッタリ

実際に「Nintendo Labo」を遊んでみて、「これが子どものころにあったらなあ」と切に感じました。自分で作ったものが実際に動いて、さらに仕組みまでも楽しく学べるのは、創造性を養うのにピッタリでしょう。しかも、これなら「ゲームばっかりして!」と怒られることはなさそうですし、現代の子がうらやましいです(笑)。

今回は「リモコンカー」と「つり」のみでしたが、それでも相当なボリュームだと思います。これに「おうち」「バイク」「ピアノ」まで加わると、作るだけでも相当な時間を要するでしょう。自分自身で遊び方を見つければ、さらに楽しみは広がります。「Nintendo Labo」には、ダンボールのロボットを作れる「Nintendo Labo Toy-Con 02: Robot Kit」もありますが、まずは本記事でレビューした「Variety Kit」から体験してみてはいかがでしょうか。

水川悠士(編集部)

水川悠士(編集部)

最新ガジェットとゲームに目がない雑食系ライター。最近メタボ気味になってきたので健康管理グッズにも興味あり。休日はゲームをしたり映画を見たりしています。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
関連記事
ページトップへ戻る