新製品レポート
映画レベルの壮大なスケールはゲームの枠を超えた

アンドロイドに命はあるのか? PS4ソフト「Detroit: Become Human」レポート

“アンドロイドやロボットが感情を持つ”という題材は、SF映画や小説では定番とも言えるほど昔から扱われてきたテーマですが、現実世界では人工知能(AI)が大きく進歩し、こういったテーマも空想の話ではなく、リアリティを感じられるトピックになってきました。

そんな話題のアンドロイドを題材にしたPS4向けアドベンチャーゲーム「Detroit: Become Human」が2018年5月25日に発売されます。都内で開催された体験会でひと足先にプレイする機会を得たので、そのファーストインプレッションをお届けします。

アンドロイドに命はあるのか、そもそも命とは一体何なのか? という倫理的、社会的なテーマのゲーム「Detroit: Become Human」

「Detroit: Become Human」とは?

「Detroit: Become Human」の舞台は、近未来2038年のデトロイト。人工知能の発展により人間と変わらない外見や知性を備えたアンドロイドが、人間に代わって労働を担うようになった世界です。しかし、人間の生活が豊かになるいっぽうで、アンドロイドに職を奪われた人々の間で反アンドロイドの感情が高まり、新たな社会問題も生まれます。

物語の舞台は2038年のデトロイト。現在から20年後という決して遠くない未来は、リアリティがあります

物語の舞台は2038年のデトロイト。現在から20年後という決して遠くない未来は、リアリティがあります

この世界では、人間と同レベルの外見と知能を備えたアンドロイドが“モノ”として扱われ、人間に代わって労働を行っています

そんな中、家庭用アンドロイドがオーナーに反逆し、仕えていた家族の子どもを人質に立てこもる事件が発生。感情を持つはずのないアンドロイドの中に、みずからの意思で行動する“変異体”が現れたというわけです。この事件をきっかけに、物語は大きく動き始めます。

アンドロイドの中にモノとして扱われることに反発する“変異体”が登場し、人質事件が発生。これを機に、アンドロイドの中に意思を持つ個体が現れ始める

本作は、「HEAVY RAIN」や「BEYOND:Two Souls」で数多くの賞を受賞したフランスのQuantic Dreamが手がけるオープンシナリオ・アドベンチャーゲーム。プレイヤーの感情に訴えるストーリーテリングに定評があり、本作もアドベンチャーゲームとは一線を画した表現方法が取り入れられています。

物語の主人公は、コナー、マーカス、カーラという3体のアンドロイド。主人公それぞれのチャプターが交代に進んでいくのですが、プレイヤーはそれぞれのチャプターで選択や行動を迫られます。プレイヤーが下したすべての選択や行動は、その場の状況や物語の展開、そして結末まで影響を与えるわけです。

“変異体”捜査のスペシャリストとして警察と行動をともにするコナー

“変異体”捜査のスペシャリストとして警察と行動をともにするコナー

有名な老人画家のもとでライフサポートを行うマーカス

有名な老人画家のもとでライフサポートを行うマーカス

暴力的な夫と子どもの父子家庭に使える家庭用アンドロイドのカーラ

暴力的な夫と子どもの父子家庭に使える家庭用アンドロイドのカーラ

ここまではよくあるアドベンチャーゲームと変わらないでしょう。筆者もゲームの説明を聞いて分岐多めのアドベンチャーゲームね、くらいにしか思っていなかったのですが、体験会が終わるころにはストーリーが気になりすぎて「体験会よ、終わらないでくれ」と感じるほどの衝撃受けました。

次項では、なぜ「Detroit: Become Human」が一般的なアドベンチャーゲームとは一線を画すタイトルになっているのか、体験プレイから紐解いてみました。

映像、物語、ゲームプレイが織り成すインタラクティブな体験はゲームの枠を超えている

体験会ではゲーム冒頭から2時間ほどプレイ。冒頭は、アンドロイドが仕えていた家族の子どもを人質にして立てこもる事件からスタートします。コナーを操作して事件の解決に挑むのですが、冒頭から衝撃的な展開が待ち受けており、ド迫力の音楽も相まってグイグイとストーリーに引き込まれていきます。引き込まれるというより、引きずり込まれるに近い感覚です。ゲームの中にも冒頭から一気に見入ってしまう作品と、なかなかストーリーが入ってこない作品がありますが、「Detroit: Become Human」は完全に前者のほうでしょう。

プレイヤーの選択に子どもの命がかかるという緊迫過ぎる冒頭シーン。プレイ中はドキドキしっぱなし

プレイヤーの選択に子どもの命がかかるという緊迫過ぎる冒頭シーン。プレイ中はドキドキしっぱなし

人間とアンドロイドの対立を描く構図で進んでいく重厚な物語が、尋常ではない没入感を生み出しているのは間違いありません。しかし、それに加えてPS4最高レベルのグラフィック、もはや映画レベルのカメラワークとカット割りが生み出す映像にも注目です。登場人物のキャラクターも、モーションキャプチャーで実際の俳優の演技を再現しており、映画を見ているような感じです。

モーションキャプチャーにより本物の人間のような表情を見せるキャラクター

モーションキャプチャーにより本物の人間のような表情を見せるキャラクター

特筆すべきなのは、キャラクターの目の動きでしょう。目はモーションキャプチャーで再現できないため、ゲームではあまり動かないのが一般的です。そのため、どこか作りモノっぽさが残ってしまいます。しかし、「Detroit: Become Human」は、キャラクターの表情に合わせて眼球がしっかりと動きます。そこにグラフィック表現が加わることで、キャラクターの感情さえもプレイヤーに伝わってきます。

眼球が動くだけでリアリティは一気に増す

眼球が動くだけでリアリティは一気に増す

ここまで聞くと「それってただの映画だよね」と突っ込まれそうですね。しかし、これらの要素にゲームプレイが加わることで、映画とは違うインタラクティブな体験をもたらしてくれるわけです。プレイできないムービーシーンのほうがゲームプレイより多いなんてことは、少なくとも冒頭の2時間では一切ありませんでした。

アドベンチャーゲーム特有の選択による物語の分岐ですが、すべての分岐を体験することは不可能と言っていいほど用意されているとのこと。日常的なシーンから生死を分けるようなシーンにおいてもプレイヤーの選択や行動が重要な役割を担い、決められたストーリーをただ追っていくのではなく、プレイヤー自身が物語を作っていくわけです。もちろん、ゲームオーバーはありません。

ゲーム中から“情報”を得ることで物語の選択肢が増えることも

ゲーム中から“情報”を得ることで物語の選択肢が増えることも

ひとつのチャプターをクリアすると、自分がたどった物語のフローチャートを確認できます。ここで、どこで物語が分岐したのか確認でき、後から再プレイすることも可能です

題材がアンドロイドに命はあるのか、そもそも命とは何か? という倫理的、社会的な内容になっているため、ときには非常に心苦しい選択を迫られるときもあります。その選択自体に、自分の倫理観が問われているようなものもあります。しかも自分の下した選択が、物語の展開に影響を与えるというのだから、もう大変です。ものすごく悩みます。だからこそ、普通のゲームではありえないほど感情移入してしまうのでしょう。

と、ここまで褒めっぱなしなのも癪なので、気になった点をあげておきましょう。アクションをともなうシーンでは、制限時間内に特定のボタンや操作を行うQTEが取り入れられていることがありました。アドベンチャーゲームのイベントシーンではおなじみのQTEですが、QTEの失敗でも物語が分岐してしまうため、自分が望まない方向に進んでいくこともあります。会話や行動の選択はプレイヤー自身によって決めることができるものの、QTEは反射神経などプレイヤーの意思とは関係のない要素がからんでくるため、失敗したときは少し残念な気持ちになります。

しかし、こうして原稿を書いていると、体験プレイを思い出して続きが気になって仕方がありません。「Detroit: Become Human」は、アドベンチャーゲーム好きだけではなく、誰しもが体験する価値のあるゲームになっています(少なくとも冒頭2時間は)。SFやサスペンス映画が好きな人にも向いているでしょう。5月25日の発売が今から待ち遠しいです。

水川悠士(編集部)

水川悠士(編集部)

最新ガジェットとゲームに目がない雑食系ライター。最近メタボ気味になってきたので健康管理グッズにも興味あり。休日はゲームをしたり映画を見たりしています。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
関連記事
ページトップへ戻る