新製品レポート
Daydream対応でWorldSense搭載のスタンドアロン型VRヘッドセット

今度こそVR元年の予感!? レノボからPCやスマホが不要なVRヘッドセットと4K対応のVRカメラ

レノボ・ジャパンは2018年4月24日、スタンドアロン型VRヘッドセット「Lenovo Mirage Solo with Daydream」(以下、Mirage Solo)を5月11日に発売すると発表した。Googleのインサイドアウト式モーショントラッキング技術「WorldSense」を採用し、ケーブルレスでありながらリアルな映像を実現したという。前方180度の撮影に特化したVR向けフォーマット「VR180」に対応したデュアル魚眼カメラ「Lenovo Mirage Solo with Camera」(Mirage Camera)も合わせて発売する。価格はMirage Soloが51,200円、Mirage Cameraが35,800円(いずれも税別、同社のWeb直販価格)。

左がデュアル魚眼カメラのMirage Camera、右がスタンドアロン型VRヘッドセットのMirage Solo

左がデュアル魚眼カメラのMirage Camera、右がスタンドアロン型VRヘッドセットのMirage Solo

既存VRヘッドセットの不満点を解消した「Mirage Solo」

ここ数年、何度も訪れているVR元年。何度も「今年こそ来る」と言われているが、なかなか来ないのが現状だ。この現状を打破すべく、今回レノボが発表したのが、GoogleのVRプラットフォームであるDaydreamに対応したMirage Soloだ。パソコンやスマートフォンが不要なスタンドアロン型のVRヘッドセットで、ケーブルを接続したり、外部センサーを設置したりといった、既存のVRヘッドセットの煩わしさを解消したのが特徴だ。

ケーブルがないので、自由に動けるのがMirage Soloの特徴

GoogleのWorldSenseを採用しており、利用者の動きを6DoF(6Degrees of Freedom)と言われる高い精度で認識し、前後、左右、上下、ジャンプなどの動きに対応できる。同社によるとスタンドアロン型、Daydream対応、WorldSense搭載のVRヘッドセットの商品化は世界初という。

また、人間の視界に近い110度の視野角と2560×1440の高解像度ディスプレイにより、高い没入感を実現。CPUにはクアルコムの「Snapdragon 835」、メモリーは4GB、ストレージは64GBとハイスペックなスマートフォンと同等の性能となっている。外部インターフェイスは、充電などに利用するUSB Type-Cポート、ヘッドホン出力、microSDメモリーカードスロットを搭載。ネットワーク機能には、IEEE802.11ac/a/b/g/n準拠の無線LANとBluetooth 5.0を備える。

額や頬が触れる部分にはクッション材が使われており、やさしい装着感となっている。重量バランスもよく、ちょっと首を動かしたくらいでズレることはなかった

右側面には電源ボタンや音量調整ボタン、ヘッドホン出力端子が配置されている

右側面には電源ボタンや音量調整ボタン、ヘッドホン出力端子が配置されている

左側面のmicroSDメモリーカードスロットは、後述するMirage Cameraで撮影した写真などをすぐに視聴する場合に利用できる

付属するモーション・トラッキング・コントローラー。上部がタッチパッドになっており、ゲームなどで利用する。人気映画「ブレードランナー」のVRゲーム「Blade Runner: Revelations」をプレイしてみたが、映画の世界に入り込んだようなリアルで没入感のある映像を楽しめた

本体サイズは約269.5(幅)×204.01(奥行)×179.86(高さ)mm、重量は約645g。4000mAhのバッテリーを内蔵しており、約3時間使用できる(視聴するコンテンツにより使用時間は変わるという)。

VR漫画など、国内メーカーと協力しコンテンツの拡充にも注力

同社によると、Mirage SoloがGoogleのDaydreamを採用したのは、対応コンテンツが多いためだという。「Googleフォト」や「YouTube」のVRコンテンツなどを簡単に楽しめる。WorldSense対応アプリケーションは320本以上、6DoF対応は50本以上、日本語対応は40本以上がそろっているという。

また、同社はMirage Soloの発売に合わせて、国内のコンテンツベンダーや制作会社と協力し、コンテンツ拡充にも力を入れる。まず、今年6月4日から開催される国際短編映画祭ショートフィルムフェスティバル&アジア2018とのコラボレーションを実施。映画祭が厳選したVR作品12本をMirage Solo購入者に特別価格でレンタルする期間限定キャンペーンを実施する。今年の映画祭で新設されるVR部門の視聴用デバイスとして、Mirage Soloが使われる予定だ。

さらに、スクウェア・エニックスとは、漫画をVRで楽しむ「PROJECT HIKARI」をいっしょに立ち上げる。2Dのコマが立体的なものとなり、紙の漫画では見られない視点で漫画を楽しめるという。個人向けだけでなく、法人向けに関しても多くの企業と協力して、VRの普及に力を入れていく計画だ。

4月24日に開催された発表会には、国際短編映画祭ショートフィルムフェスティバル&アジア2018の代表で俳優の別所哲也さんがかけつけ、VRの可能性を熱く語った

スクウェア・エニックスが開発中のVR漫画。没入型漫画という新しいジャンルに挑戦している。どんなコンテンツになるのか注目だ

「このすば!めぐみんとおやすみVR」の開発が決定。発売日は2018年秋、価格は960円(税込)。6DoFでリアルな添寝体験を味わえる?

VRコンテンツを気軽に作成できる「Mirage Camera」

Mirage Cameraは、普通のデジタルカメラと同じ感覚で180度の広角写真や広角動画を撮影できる有効1300万画素のデュアル魚眼カメラ。左右180度、上下180度の広い視野角で、4K動画(3840×2160)を撮影できる。6軸手ブレ補正を搭載しており、ブレの少ない映像を取れるのも特徴。GoogleのVRフォーマットであるVR180に対応しており、前述のMirage Soloや他社製のヘッドセット、パソコンやタブレットなどで再生できる。

デュアル魚眼カメラのMirage Camera

デュアル魚眼カメラのMirage Camera

上下左右180度を撮影するので、持ち方には注意が必要。指を入れたくない場合は写真のように持たなければならないという

VRというと360度動画が主流だが、180度動画のほうがデータ容量が少なく、YouTubeへのアップロードやデータの転送がしやすいという点で180度動画を選択したという。

スペックはクアルコムの「Snapdragon 626」、メモリーが2GB、ストレージが16GB。撮影モードは静止画、動画、ライブの3種類。ライブはYouTubeを介した配信となる。底面には三脚穴も備える。本体サイズは105(幅)×55(奥行)×22(高さ)mm、重量は約139g。

Mirage Cameraにモニターはないが、ペアリングしたスマートフォンの画面を見ながら撮影できる

Mirage Cameraにモニターはないが、ペアリングしたスマートフォンの画面を見ながら撮影できる

バッテリー容量は2200mAhで、駆動時間は約2時間。スペアのバッテリーが同梱される

バッテリー容量は2200mAhで、駆動時間は約2時間。スペアのバッテリーが同梱される

三浦善弘(編集部)

三浦善弘(編集部)

パソコン関連を担当する双子の兄。守備範囲の広さ(浅いけど)が長所。最近、鉄道の魅力にハマりつつあります。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
関連記事
パソコン周辺機器のその他のカテゴリー
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る