ガンプラカレンダー
今月発売される新製品がわかる「ガンプラカレンダー」

トレミーが隠しギミック!? 重量級ガンプラ「セラヴィーガンダムシェヘラザード」降臨

本連載「ガンプラカレンダー」は、今月発売されるガンプラの新製品と、現在予約受付中の公式オンラインショップ販売製品がひと目で把握できる発売日カレンダー。MS(モビルスーツ)のキットを中心に毎月最新情報をお届けする。2018年5月の注目製品は、最新テレビアニメ「ガンダムビルドダイバーズ」に登場する重量級MS「HGBD 1/144 セラヴィーガンダムシェヘラザード」だ!

※本記事の価格表記はすべて税込価格となります

【過去の連載記事】
2018年2月2018年3月2018年4月

2018年5月の注目製品はこのMS!

高火力の重量級MSをキット化

「HGBD 1/144 セラヴィーガンダムシェヘラザード」は、2018年4月より放映中のテレビアニメ「ガンダムビルドダイバーズ」に登場する機体のキット。「機動戦士ガンダムOO[ダブルオー]」に登場した「セラヴィーガンダム」に、高火力なカスタマイズが施された重量級のMSだ。

2018年5月発売
HGBD 1/144 セラヴィーガンダムシェヘラザード
2,376円

武装は「GNフィジカルバズーカ」が付属

武装は「GNフィジカルバズーカ」が付属

背中と腰に装備された「GNコンテナビーム」は付け替え可能。砲撃形態や腕武装に変形できる

背中と腰に装備された「GNコンテナビーム」は付け替え可能。砲撃形態や腕武装に変形できる

隠しギミックが満載か!?

公式サイト「バンダイホビーサイト」の同キットの説明には、「まだ見ぬギミックが秘められている」と書かれている。製品の機能をあいまいに説明するのは、同サイトにしては珍しいこと。さらに、テレビアニメの公式サイトの「セラヴィーガンダムシェヘラザード」自体の説明文にも、「(前文省略)セラヴィーの前身にあたるヴァーチェから連綿と受け継がれてきた隠しギミックは、本機にも備わっているのだろうか」とも書かれている。

以下は予想にはなるが、ギミックのひとつは脚部の延長であろう。こちらも説明はないが、「バンダイホビーサイト」には写真のみ掲載されており、付属品と照らし合わせてもまず間違いないだろう。

公式に詳しい説明はないが、脚部が伸びているような写真が掲載されている

公式に詳しい説明はないが、脚部が伸びているような写真が掲載されている

もうひとつは、付属品に秘密が隠されている。写真を見ると、先述の「GNフィジカルバズーカ」や「GNコンテナビーム」のほか、脚部の延長パーツのようなもの以外にも、細かいパーツが散見されるのだ。

同製品の付属品

同製品の付属品

そして、決定的な証拠となるのが、2018年6月に発売予定のカスタムパーツ「HGBC 1/144 プトレマイオスアームズ」の存在だ。クローやバックパックなどのあらゆる武装にカスタム可能なブースターで、組み合わせると「機動戦士ガンダム00」に登場する母艦「プトレマイオス」(通称「トレミー」)によく似ているのだ。

2018年6月発売
HGBC 1/144 プトレマイオスアームズ
972円

「HGBC 1/144 プトレマイオスアームズ」の内容物。上記の「HGBD 1/144 セラヴィーガンダムシェヘラザード」の付属品と同じパーツのようだ

パーツを組み合わせると、小型戦艦のようなMA(モビルアーマー)ができあがる

パーツを組み合わせると、小型戦艦のようなMA(モビルアーマー)ができあがる

「HGBD 1/144 ガンダムダブルオーダイバー」にも装備可能

「HGBD 1/144 ガンダムダブルオーダイバー」にも装備可能

つまり、「HGBD 1/144 セラヴィーガンダムシェヘラザード」の装備品も、組み合わせれば「プトレマイオス」に似たMAを作れることが予想されるわけだ。

5月の新製品情報を発売日順に一挙紹介!

以下、そのほかの新製品を紹介していこう。

2018年5月発売
MG 1/100 ガンダムF91 Ver.2.0
4,320円

F1をモチーフにデザインされたシルエットが特徴の「MG 1/100 ガンダムF91 Ver.2.0」

F1をモチーフにデザインされたシルエットが特徴の「MG 1/100 ガンダムF91 Ver.2.0」

「MG 1/100 ガンダムF91 Ver.2.0」は、劇場版映画「機動戦士ガンダムF91」の主人公機を、「GUNPLA EVOLUTION PROJECT」で培った最新技術を凝縮させて再現した進化モデル。導光素材を用いた発光演出や、塗装による質感向上、そして極小パーツを用いたフェイスオープンギミックの搭載など、Ver.2.0らしい仕様に仕上がっている。

2018年5月発売
HGBD 1/144 オーガ刃-X(ジンクス)
2,160円

「HGBD 1/144 オーガ刃-X」には、ビームエフェクトが付属

「HGBD 1/144 オーガ刃-X」には、ビームエフェクトが付属

「HGBD 1/144 オーガ刃-X」は、「ガンダムビルドダイバーズ」に登場するMSのキット。「GN-XIV」をベースに、鬼をモチーフとした近接戦特化のカスタマイズが施されている。頭部バイザーが下がり、「一ツ目モード」に変化可能。また、2本の「GNオーガソード」は連結ギミックを搭載する。

2018年5月11日発売
HGAC 1/144 リーオー
1,080円

1995年に放送されたテレビアニメ「新機動戦記ガンダムW」に登場した量産型MSをキット化

1995年に放送されたテレビアニメ「新機動戦記ガンダムW」に登場した量産型MSをキット化

「HGAC 1/144 リーオー」は、抜群の可動域と組み立てやすさを両立させたガンプラを創出するシリーズ「GUNPLA EVOLUTION PROJECT」の第4弾モデル。新しい関節構造により広い可動域を実現しつつ、関節の組み立て時間を短縮。関節部をあとからはめ込むことができ、塗装派ユーザーにもやさしい仕様に仕上がっている。また、部位ごとに集約されたランナー構成となっており、効率的に組み立てることができる。

いま予約できる! 公式ショップ販売製品

ここでは、公式オンラインショップ「プレミアムバンダイ」限定で販売される製品を紹介。これらの製品は、事前予約が必須で、生産準備数に達し次第、予約の申し込みが終了するので早めのチェックが必要だ。ここでは、2018年4月26日時点で予約ができるアイテムをピックアップした。

2次予約受付中/2018年7月発送
HGUC 1/144 ガンダムピクシー
2,160円

「ガンダムピクシー」の特徴的な頬部スリットや胸部の2段ダクトも再現

「ガンダムピクシー」の特徴的な頬部スリットや胸部の2段ダクトも再現

スーパーファミコン用ソフト「機動戦士ガンダム CROSS DIMENSION 0079」に登場するMSをキット化。特徴的な武装「ビーム・ダガー」とその斬撃エフェクトパーツ、そして「90mmサブ・マシンガン」が付属。「90mmサブ・マシンガン」は、マガジンを外し、「ビーム・ダガー」の柄に変えることで特殊な銃剣状態にできるギミックを搭載する。

予約受付中/2018年7月発送
MG 1/100 ザク・キャノン(イアン・グレーデン専用機)
5,400円

付属武装は、「ザク・バズーカ」「ザク・マシンガン」「ヒート・ホーク」の3種類

付属武装は、「ザク・バズーカ」「ザク・マシンガン」「ヒート・ホーク」の3種類

メカニックデザイン企画「機動戦士ガンダム MSV(モビルスーツバリエーション)」より、北米戦線で活躍したジオン公国軍エースパイロット、イアン・グレーデン中尉専用の「ザク・キャノン」を製品化。「MSV」の画稿に合わせたオリーブグリーンを基調とした機体色を、MG(マスターグレード)シリーズ準拠の成形色の色分けで再現している。

2次予約受付中/2018年8月発送
HGUC 1/144 リゲルグ
2,160円(税込)

「ゲルググ」の系譜を継ぐ、特徴的な機体形状や武装を再現

「ゲルググ」の系譜を継ぐ、特徴的な機体形状や武装を再現

「機動戦士ガンダムZZ」に登場する「リゲルグ」を、HGUCシリーズでキット化。従来の「ゲルググ」の2倍以上に延長させた「ウイング・バインダー」を新規造形で再現しており、内部には両肩に3基ずつバーニアを内蔵している。追加武装となる腕部の「グレネード・ランチャー」は、シャッター開閉の再現が可能。

  • HGUC 1/144 リゲルグ

  • 参考価格 -

  • 2018年12月10日 12:33 現在

予約受付中/2018年7月発送
MG 1/100 ガンダムX3号機
4,320円

主人公・ガロード・ランがかつて搭乗していた「ガンダムX」を改修した機体「GX-9900 ガンダムX3号機」をキット化

「機動新世紀ガンダムX」の「Blu-rayメモリアルボックス」の特典である、新規描き下ろしコミック「あなたと、一緒なら」に登場したMSをキット化。肩部装甲にライトブルーを配した3号機用のカラーリングを成形色で再現し、肩アーマー部分は配色の変更に合わせて、ランナーを追加している。コミックの原作者、ときた洸一先生による新規デザインのマーキングを収録した水転写式デカールが付属。

【NEWS】「UC」の先を描く宇宙世紀サーガ最新作を発表!

注目のニュースは、何と言っても、人気シリーズ「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)」の続編を描いた新作劇場版映画「機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)」が11月に公開されること。「機動戦士ガンダムUC」のストーリーを担当した福井晴敏氏が脚本を手がけ、サンライズ第1スタジオが制作を担当する。そもそも「機動戦士ガンダムUC」は、「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」の3年後の宇宙世紀0096年が主な舞台で、「一年戦争」の発端にも関わる「ラプラス事件」が物語の中核。その続編となる「機動戦士ガンダムNT」は、「ラプラスの箱」が開かれた宇宙世紀0097年が舞台となるという。

劇中に登場する主要MSのガンプラとしては、「HG 1/144 ナラティブガンダム(仮)」と「HGUC 1/144 シナンジュ・スタイン(ナラティブVer.)(仮)」が、2018年秋に発売予定だ。

「機動戦士ガンダムNT」に登場する、新型アームド・アーマーを備えたMSのガンプラ「HGUC 1/144 ユニコーンガンダム3号機 フェネクス(デストロイモード)(ナラティブVer.)」は、2018年6月に発売される

(C)創通・サンライズ

【過去の連載記事】
2018年2月2018年3月2018年4月

牧野裕幸(編集部)

牧野裕幸(編集部)

月刊アイテム情報誌の編集者を経て価格.comマガジンへ。家電のほか、ホビーやフード、文房具、スポーツアパレル、ゲーム(アナログも含む)へのアンテナは常に張り巡らしています。映画が好きで、どのジャンルもまんべんなく鑑賞するタイプです。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
  • HGUC 1/144 リゲルグ

  • 参考価格 -

  • 2018年12月10日 12:33 現在

関連記事
模型・フィギュアのその他のカテゴリー
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る