特集
実写化される漫画はやっぱり、おもしろい

漫画コンシェルジュが選ぶ! 実写化してほしい名作漫画10選

このエントリーをはてなブックマークに追加

「漫画の実写化は、イメージと違うとがっかりするからいや」という声も多いですが、漫画が原作でヒットしたドラマや映画は数知れず。そして、実写化される漫画はやっぱり、おもしろいですよね。では、ガチの漫画好きが「実写で観たい」と思う漫画はどんなものなのでしょう? 年間1,000冊以上の漫画を読むという漫画コンシェルジュ・小林琢磨が選ぶ、実写化してほしい漫画10選をご紹介します。

1.彼方のアストラ/篠原健太

西暦2063年を舞台に、男女9人の高校生が繰り広げる冒険物語。宇宙版「トムソーヤの冒険」といったイメージですね。SFなので映像化が難しい部分もあるとは思いますが、ギャグあり、シリアスあり、友情、努力からのラストまで、内容的には映画化するにはちょうどいい作品です。全5巻というほどよい短さなので、映画1本に無理なく収まりそう。それぞれのキャラも魅力的で、子どもと一緒に安心して楽しめる娯楽作品になりそうです。

(C)篠原健太/集英社

(C)篠原健太/集英社

あらすじ
宇宙への往来が当たり前になった近未来。高校生のカナタ、アリエスら9名は“惑星キャンプ”に旅立つ。未体験の宇宙旅行に胸を躍らせながら惑星に降り立った彼らを待ち受ける、予想外の事態とは!? 近未来SFサバイバルストーリー、始動!! (集英社作品ページより)/単行本は全5巻が刊行。

2.恋は光/秋★枝

これはもう、「逃げ恥」にハマった方は絶対好きだと思います。ぜひ、連続ドラマで観たい作品ですね。「恋をしている人間から放たれる光が見える」という素敵な特異体質を持っている非モテな男子大学生と、3人の女性が織り成すラブコメなんですが、とにかくキュンキュンします。ムズキュンです。主人公を取り巻く女性は三者三様なのですが、いずれも魅力的。実はハーレム状態な主人公ですが、非モテ体質ゆえに鈍感、そして苦悩する。3人の女性たちも悩む。そんな4人に共感したりやきもきしたり、大いにムズキュンしてください!

(C)秋★枝/集英社

(C)秋★枝/集英社

あらすじ
「恋の光」が見えてしまう大学生・最上は、恋を探求する女の子・東雲に恋をした。見えるからこそ切なくて苦しい。いままでにないラブストーリーが始まる。(集英社作品ページより)/単行本は全7巻が刊行。

3.ザ・ファブル/南勝久

超一流の殺し屋・ファブルが自分の正体を隠し、1年間一般人として日常生活を送れるのか――。という設定なんですが、すごくおもしろいんですよ! 1話完結型の連続ドラマでも、映画でもいけそうです。平和に暮らそうとするファブルですが、やっぱり身のまわりでいろいろ起こるわけで、日常とバトル描写のバランスが絶妙ですね。ファブルは武器の携帯を禁じられているのですが、そこは超一流の殺し屋。特別な武器を使わずとも、会話をするかのごとく次々とトラブルを解決していきます。「一流の殺し屋は体ひとつあればいい」を体現する主人公の絶対的な強さにしびれますね。

(C)南勝久/講談社

(C)南勝久/講談社

あらすじ
鈍色の愛銃ナイトホークを手に、“殺し屋ファブル”が町にやってくる──!! どんな敵も鮮やかに葬り去る“殺しの天才”通称ファブルは、相棒の女とともに、日々、裏社会の仕事をこなす日々……。だがある日、ボスの突然の指令を受け、“一般人”として、まったく新しい生活を送るハメに……。そしてファブルの野蛮で、滑稽で、奇妙な“寓話”が弾け出したッ……!!! (講談社作品ページより)/2018年5月現在、13巻まで刊行済み。

4.SHIORI EXPERIENCE(シオリ エクスペリエンス)ジミなわたしとヘンなおじさん/
長田悠幸、町田一八

生徒や同僚教師からも名前を覚えてもらえないほど地味なアラサー教師(ジミセン)が、ロック界のレジェンド、ジミ・ヘンドリクス(ジミヘン)の霊に憑依されるところから始まる、激アツバンド漫画。主人公がバンド結成によって生徒と心を通わせ、演奏することで魂を開放する描写には胸が熱くなります。映画「スクール・オブ・ロック」を彷彿とさせるロック愛に満ちた作品で、ロックの伝説的な洋楽が登場したり、実話に基づいた音楽ネタが散りばめられているのも、ジミヘンファンやロック好きにはたまらないはず。

(C)Yuko Osada/Kazuya Machida/SQUARE ENIX

(C)Yuko Osada/Kazuya Machida/SQUARE ENIX

あらすじ
“ジミ”なアラサー高校教師・本田紫織は、 アフロヘアの“ヘン”なサイケおじさんに取り憑かれちゃって生活一変。私の人生、この先どうなるの!? (スクウェア・エニックス作品ページより)/2018年5月現在、13巻まで刊行済み。

  • 「SHIORI EXPERIENCE(シオリ エクスペリエンス)ジミなわたしとヘンなおじさん」

  • 参考価格 -

  • 2018年5月30日 14:05 現在

5.地雷震/高橋ツトム

ハードボイルドな刑事の奮闘を描いた作品。ほぼ1 巻でひとつの事件が解決する構成になっているので、1話完結型の連続ドラマなんていいんじゃないでしょうか。冷徹で、犯人に近い思考も持ちながら、芯にはしっかりと刑事の心がある主人公がとにかくかっこいい! 少年事件やカルト教団など、連載当時話題になっていた社会問題も扱われるためリアルで、犯人を追い詰めていくシーンはスリル満点です。また、主人公に負けないくらい犯人たちのキャラが立っているのも、この漫画のおもしろいところ。犯罪者の心理をていねいに描いているため、非常に読み応えがあります。

(C)高橋ツトム/講談社

(C)高橋ツトム/講談社

あらすじ
警視庁新宿署刑事・飯田響也。非情で冷酷、事件解決のためには手段を選ばない飯田の銃口が「殺意」を撃ち抜く――。(講談社作品ページより)/単行本は全28巻が刊行。

6.東京卍リベンジャーズ/和久井健

うだつのあがらないダメフリーターが、唯一イケていた中学時代にタイムリープ! かつての彼女を救うため、過去と現在を行き来しながら奮闘・成長する姿を描いています。ヤンキー×タイムリープって珍しくないですか。今の時代、ヤンキー漫画って正直流行りにくいんですが、SFの要素をかけ合わせることで、ただのヤンキー漫画とは一線を画す作品になっています。とはいえヤンキー漫画の真髄も忘れてはいないので、30対30の乱闘シーンなど、疾走感のあるバトルシーンも圧巻。「クローズZERO」のように、若手のかっこいい俳優さんを集めて映像化すれば、非常に見どころの多い作品になるのではないでしょうか。

(C)和久井健/講談社

(C)和久井健/講談社

あらすじ
花垣タケミチは、中学時代に付き合っていた人生唯一の彼女・橘ヒナタが、悪党連合“東京卍會”に殺されたことをニュースで知る。壁の薄いボロアパートに住み、バイト先では6歳年下の店長からバカ扱い。極めつけはドーテー……。そんなどん底人生まっただ中のある日、12年前の中学時代にタイムリープする!! ヒナタを救うため、逃げ続けた人生を変えるため、ダメフリーター・タケミチが、関東最凶不良軍団の頂点を目指す!!(講談社作品ページより)/2018年5月現在、6巻まで刊行済み。

7.左ききのエレン/原作:かっぴー、作画:nifuni

広告代理店で働く人々を描いた群像劇で、仕事をすることの意味、喜びに気づかせてくれる名作です。登場人物がみんな魅力的なので、どのキャラをどんな俳優が演じるのかを想像するだけでワクワクしますね。ファンタジー要素が強い作品の場合、実写化すると原作イメージと違う! ということも多いのですが、この作品は働く人たちのリアルを描いた作品。世界観を無理なく表現してくれそうという点でも、満足度の高い実写化が期待できそうです。

(C)かっぴー、nifuni/集英社

(C)かっぴー、nifuni/集英社

あらすじ
広告代理店勤務の若手デザイナー・朝倉光一。納得できない理由で自ら勝ち取った仕事を取り上げられた彼は、やりきれない気持ちを抱えて横浜の美術館へと向かう。そこは、彼が始めて「エレン」という才能とであった場所で……。大人の心もえぐるクリエイター群像劇。(集英社作品ページより)/2018年5月現在、3巻まで刊行済み。

8.BLUE GIANT(ブルージャイアント)/石塚真一

ジャズに魅了された少年が、世界一のサックスプレーヤーを目指す物語です。この作品は「音が聴こえる漫画」と言われるほど力強い描写が魅力なのですが、ならばやはり、実際に聴いてみたい。作品中にジャズの名曲が多数登場するので、原作ファンはもちろん、ジャズや音楽が好きという人にはたまらない作品になりそうです。2006年に「のだめカンタービレ」がドラマ化、ヒットしたことでクラシックブームが起こったように、「BLUE GIANT」の実写化で、ジャズが注目されるきっかけになったらうれしいなと思います。

(C)石塚真一/小学館

(C)石塚真一/小学館

あらすじ
ジャズに心打たれた高校3年生の宮本大は、川原でサックスを独り吹き続けている。雨の日も猛暑の日も毎日毎晩、何年も。「世界一のジャズプレーヤーになる……!!」努力、才能、信念、環境、運……何が必要なのか。無謀とも言える目標に、真摯に正面から向かい合う物語は仙台、広瀬川から始まる。(小学館作品ページより)/単行本は全10巻が刊行。2016年からは「BLUE GIANT SUPREME」のタイトルで、舞台をドイツに移しての続編が連載されている。

9.マイホームヒーロー/原作:山川直輝、作画:朝基まさし

家族を守るため、犯罪組織に立ち向かう中年男の物語です。この漫画を初めて読んだ時から、「いつかきっと映像化する」と思っているのですが、それくらい刺激的な作品。愛する者のためなら手段は選ばないという主人公・哲雄の姿に、思わず感動させられる場面も。趣味である推理小説から得た知識を駆使して完全犯罪に挑んでいくわけですが、ハラハラドキドキ、どんでん返しもあり、ストーリーとして完璧にまとまっているので、映画化もスムーズではないでしょうか。

(C)山川直輝、朝基まさし/講談社

(C)山川直輝、朝基まさし/講談社

あらすじ
鳥栖哲雄は、ひとり娘・零花を愛するしがない会社員。 ある日、彼は零花の顔に殴られた痕を見つける。 誰にやられたのかと問い詰めても、零花ははぐらかすばかり。その帰り道、哲雄は犯人らしき男を見つけ、後を付けていく。しかし、それが家族の運命を変える事件の始まりだった。 父は娘のため、家族のため、修羅の道へと歩き出す。 『100万の命の上に俺は立っている』山川直輝×『サイコメトラー』朝基まさしが贈るジェットコースター・クライム・サスペンス!(講談社作品ページより)/2018年5月現在、3巻まで刊行済み。

10.ランウェイで笑って/猪ノ谷言葉

パリコレモデルを目指す少女と、ファッションデザイナーを夢見る少年の物語。ファッション業界を舞台とした作品なので、キラキラと華やかなシーンが楽しめる作品になると思いますよ。とくに主人公がランウェイを歩くシーンは鳥肌モノなので、ぜひ実写で見たい! 「背は低いけど存在感がある」という主人公・千雪を演じる役者さんの人選がすごく重要ですね。華やかな雰囲気だけでなく、その裏で努力・葛藤するキャラクターの心情がていねいに描かれ、ストーリー自体もしっかりと作られている作品なので、ファッションにそれほど興味がない人でも感動できるはずです。

(C)猪ノ谷言葉/講談社

(C)猪ノ谷言葉/講談社

あらすじ
身長は、158cmから伸びなかった……。藤戸千雪の夢は「パリ・コレ」モデル。モデルとして致命的な低身長ゆえに、周囲は「諦めろ」と言うが、千雪は折れない。そんなとき、千雪はクラスの貧乏男子・都村育人の諦めきれない夢「ファッションデザイナー」を「無理でしょ」と切ってしまい……!?「叶わない」宣告をされても、それでも一途に夢を追って走る2人の物語。(講談社作品ページより)/2018年5月現在、5巻まで刊行済み。

小林琢磨

小林琢磨

(株)ナンバーナイン代表取締役社長。大切な事は全て漫画から教わりました! 情熱こそ全てであり最優先。魂が震える作品が好きです。マンガサロン「トリガー」のオーナーと(株)人狼の代表も兼任。サーチフィールド創業者。アイコンはうめ先生制作。

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
ページトップへ戻る