レビュー
加熱式タバコの代表機種に、新たな味わいが3種類追加

【吸い比べ】アイコスの新ヒートスティック「イエローメンソール」「ブラウン」「オレンジ」

加熱式タバコの中で最大シェアを誇るブームの火付け役、「アイコス(iQOS)」(フィリップ モリス ジャパン)。その喫味の重さから、タバコ感を重視するユーザーにとっての最大有力選択肢なのは間違いないだろう。そんな紙巻きタバコからのスイッチ組に最適化されたアイコスには、レギュラーライン3種と、メンソールライン3種という6種類のヒートスティックが用意されている。今回そこに、新たなフレーバー3種、「イエローメンソール」「ブラウンのレギュラー(ブレンド26)」(以下、ブラウン)「オレンジのレギュラー(ブレンド05)」(以下、オレンジ)が加わった。

緑色パッケージの「イエローメンソール」(写真上)、「ブラウン」(左下)「オレンジ」(右下)

緑色パッケージの「イエローメンソール」(写真上)、「ブラウン」(左下)「オレンジ」(右下)

同じ加熱式タバコの部類に入る「グロー(glo)」(BATJ)は、メンソールばかりのラインナップを追加、「プルーム・テック(JT)」はVAPE(ベイプ)寄りのカフェモカ風味やアップルミント風味を追加しているが、さて、アイコスはどのようなフレーバーで勝負に出たのか。3種類を吸い比べしてみたいと思う。

ヒートスティック本体にも、イメージカラーでの印がほどこされている

ヒートスティック本体にも、イメージカラーでの印がほどこされている

ひっくり返すと「マールボロ」のロゴだけになって判別がつかなくなるのは、ほかのフレーバーと同じ

ひっくり返すと「マールボロ」のロゴだけになって判別がつかなくなるのは、ほかのフレーバーと同じ

メンソール1種+レギュラー2種の内訳。3種類をきっちり吸い比べてみた

2018年6月7日現在、3フレーバーともアイコスオンラインストア・全国のアイコスストア・アイコスショップLABI 1日本総本店 池袋にて販売されている。なお、「イエローメンソール」は2018年6月29日から全国のコンビニなどでも販売を開始予定。「ブラウン」と「オレンジ」は、現在コンビニなどでの取り扱いは宮城県仙台市内のみ。全国のコンビニでの展開時期は未定となっている。

「イエローメンソール」は爽快感を存分に味わうことができる万人受けしそうな味わい

目にしみるほど強烈な清涼感が持ち味。「緑のイエロー」とでも呼べばいいのか

目にしみるほど強烈な清涼感が持ち味。「緑のイエロー」とでも呼べばいいのか

まずは、イエローと言いながら、緑色のパッケージというのが紛らわしい「イエローメンソール」を試してみよう。

アイコスは燃焼しないので煙は出ないし、紙巻きタバコほどには髪や服などにニオイが付着しにくいとはいえ、それなりの「特有のポップコーン臭」とも「木の燃えるニオイ」とも称されるニオイがあるのが実情だ。吸う方にとっても、あまりなじみのないニオイだけに、できるなら避けたいという人も多い。その場合の有力な選択肢となるのがメンソール。スースーする清涼感が、アイコス臭を和らげてくれるからだ。

そうしたメンソール系、今までは王道の「メンソール」と、爽やかさを主体にした「ミント」、アロマ的なくせのある「パープルメンソール」をリリースしてきたが、今回の「イエローメンソール」はシトラスメンソールとのこと。「パープルメンソール」のパフューム的な香りが苦手だったメンソールファンにとっては、待望の新作ではないだろうか。

箱を開けると、すでにスースー感が目にしみるほど強力。この段階ではシトラスはあまり感じられない。実際に吸ってみると、強烈なメンソールが喉にもしみるのだけれど、後味のアイコス臭に柑橘系の香りがたしかに感じられる。風邪を引いて喉を痛めている時でなければ、爽快感を存分に味わうことができる。「パープルメンソール」のように人を選ばず、万人受けしそうな味わいだ。

最強濃厚味「ブラウン」

ワンポイントのブラウンでしか判別がつきにくいのは不親切では?

ワンポイントのブラウンでしか判別がつきにくいのは不親切では?

嗜好品というものは、慣れが重要。苦いコーヒーにも慣れるし、煙たい紙巻きタバコにも慣れることによって、おいしく感じるようになる。その意味でいえば、この「ブラウン」はパッケージの白基調がまったく似合わない濃い味わい。アクセントカラーにブラウンを持ってきているが、ブラウンもしくはブラックのパッケージこそ似合う、アイコス・ヒートスティックの中の最強濃厚味だ。

燻した酸っぱさが強烈なこの味わいは、アイコス臭に慣れている筆者でも強烈に感じたほど。普段から「レギュラー」1本やりでアイコス臭に慣れきった人のみがおいしく味わえるタイプだろう。くれぐれも初心者が手を出すものではない。

前回のヒートスティック追加で、「スムースレギュラー」というアイコス臭を抑えた方向に転換すると思いきや、くせのある方に舵を切ったこの決断。果たしてどう出るか。

比較的軽い喫味の「オレンジ」

オレンジ色のワンポイントで判別する。でもスティックにプリントされているカラーはどちらかというと黄色なのがわかりにくい!

「ブラウン」を味わったあとだったので、比較的軽い喫味の「オレンジ」は吸いやすく感じたものの、ポップコーン臭が前面に出た味わいはまた、強いくせ。香ばしさに関しては非常に洗練されているが、中途半端といえば中途半端な気も……。

「バランスド レギュラー」の系列に入ると思うが、「スムース レギュラー」の紙巻きタバコの風味に近づけるタイプではなくて、よりアイコス特有の味わいを感じさせるタイプ。軽めの喫味を求める人には、新しい選択肢になりそうだ。

くせのあるレギュラーを2味追加した、アイコス文化の成熟を感じさせるラインアップ

3種類吸い終えてみて感じたことは、「イエローメンソール」はともかく、アイコス味を極めるためのレギュラーラインが2つも追加になったということは、紙巻きタバコとも違うアイコス特有の味わいに自信を持ち、より深いアイコス味を追求した結果と思えた。

加熱式タバコユーザー、とくにアイコスユーザーにとって、選択肢が増えることは大歓迎なはず。ともするとメンソールに傾きがちな市場においてもレギュラーを愛し続ける人々にとって、うれしい追加になったと思う。

吸い比べは、やっぱり楽しい

吸い比べは、やっぱり楽しい

【関連記事】
・【新旧比較】新型アイコス「IQOS 2.4 Plus」はどこが変わった? どう変わった?
・ヘビースモーカーが話題の加熱式タバコ「iQOS(アイコス)」に2週間完全移行してわかったこと
・メーカーに聞いた! アイコスの本当に正しい掃除の仕方&新製品速報
・やばっ「アイコス」故障かも! 症状別対処法をメーカーに聞いてきた
・加熱式たばこ「アイコス」の非喫煙者への影響は? フィリップ モリス ジャパンが研究結果を発表

清水りょういち

清水りょういち

元「月刊歌謡曲(ゲッカヨ)」編集長。今はめおと編集ユニット「ゲッカヨ編集室」として活動。家電や雑貨など使って楽しい商品のレビューに命がけ!

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る