話のネタになる最新ITニュースまとめ
ITの最新情報をキャッチアップ

賞金総額110億円! 人気ゲーム「フォートナイト」が史上最大規模のeスポーツ大会を開催へ

「話のネタになる最新ITニュースまとめ」は、主に海外のIT業界で先週話題になったニュースを紹介する連載です。知っておいて損はない最新情報から、話のネタになりそうな事柄まで、さまざまなニュースをお届けしていきます。

賞金総額110億円! 人気ゲーム「フォートナイト」がかつてない規模のeSports大会を開催

100万円じゃありません。110億円です。アメリカのゲーム企業、EpicGamesが、自社ゲーム「Fortnite(フォートナイト)」の大規模eスポーツ大会の開催を発表しました。しつこいようですが、用意される賞金は、総額1億ドル。日本円にして約110億円です。にわかには信じがたい金額です。

かつてない規模でeSports大会が行われることになったゲーム「フォートナイト」(画像は公式サイトより)

かつてない規模でeSports大会が行われることになったゲーム「フォートナイト」(画像は公式サイトより)

ゲームに詳しい人なら知っていると思いますが、「フォートナイト」は、現在世界でも最も人気と言っても過言ではないゲームです。PS4、Xbox One、PC、スマートフォンで展開されており、先日6月12日よりニンテンドースイッチでの配信もスタート。ニンテンドースイッチでは、配信初日で200万ダウンロードを突破するという、尋常ではない人気っぷりです。

そもそも「フォートナイト」とは、「PUBG」や「荒野行動」を代表とするバトルロイヤルというジャンルのオンラインゲームです。簡単に言えば、100人で争い生き残った1人が勝ちというルール。お察しの通り、映画「バトル・ロワイアル」の影響を色濃く受けています。

「フォートナイト」がほかのバトルロイヤルゲームと違うのは、クラフト要素を取り入れた点です。プレイヤーは、武器を使ってほかのプレイヤーと戦うだけでなく、建築物を作って隠れたり敵の攻撃を防御したりできます。このクラフト要素とバトルロイヤルが見事に融合し、欧米を中心にゲーマーの心をがっちりつかみ、ついには一般ユーザーにまで浸透し始めてきたわけです。

そして今回発表されたのが「フォートナイト」のeSports大会「フォートナイト ワールドカップ」。2018年秋に予選を、そして2019年に本戦を開催するとのことです。ソロ戦やチーム戦など、さまざまなトーナメントが予定されており、これらの賞金総額が約110億円になります。

筆者は、過去にアメリカのゲーム企業、Blizzardが開催したeスポーツ大会を取材しましたが、賞金総額は1億円でした。それでも衝撃的だったのに、「フォートナイト ワールドカップ」はレベルが違うと言えるでしょう。

今からでも遅くありません。2018年秋の予選に向けて、「フォートナイト」を始めてみてはいかがでしょうか。

ソース:EpicGames

ワールドカップが開幕! 優勝国をAIが予想した結果は?

4年に1度開催されるサッカーの大会、「2018 FIFAワールドカップ」(以下、ワールドカップ)が6月15日に開幕し、各国が熱戦を繰り広げており、寝不足になっている人も多いのではないでしょうか。このワールドカップを人工知能(AI)に計算させて優勝国を予想する試みが企業や大学によって行われています。AIが予想する優勝国はどこなのでしょうか?

今回紹介するのは、アメリカのマサチューセッツ工科大学により運営されている科学情報誌、MITテクノロジーレビューで紹介されていた、ドルトムント工科大学でデータ分析と統計アルゴリズムを研究するアンドレアス・グロール教授によるAI予想です。

グロール教授率いる研究チームは、ランダムフォレストと呼ばれる機械学習のアルゴリズムと統計学を使ってAIに各国の優勝確率からグループリーグ突破の確率を計算させました。AIが計算する数学的モデルに使用するデータは、FIFAランキングやチームの平均年齢、チャンピオンズリーグに出場したプレイヤーの数、ホームアドバンテージの有無といったサッカーに関する要素から、各国のGDPや総人口など経済的な要素まで多岐にわたります。

ビッグデータを使ってAIに10万回シミュレートさせ、優勝する確率が最も高いとされたのは、スペインで17.8%。それにドイツが17.1%、ブラジルが12.3%、フランスが11.2%と続きます。我らが日本は、グループリーグ突破の確率が20.5%(ベスト16)、ベスト8が4.1%、ベスト4が0.9%、準決勝到達が0.2%、優勝確率が0%という結果でした。

各国のベスト16、準々決勝、準決勝、決勝進出確率と優勝確率

各国のベスト16、準々決勝、準決勝、決勝進出確率と優勝確率

しかし、グロール教授によれば、グループリーグの後に行われる決勝トーナメントだけでAIに計算させると別の結果が導き出されたとのことです。最も起こりうる確率が高い決勝トーナメントの組み合わせにおいて、スペインが強豪国とあたる可能性は限りなく低く、反対にドイツが強豪国とあたる可能性は、ほかの国より高くなります。

このことから、ドイツが決勝トーナメント1回戦を突破する確率は、スペインよりも低くなります。しかし、ドイツとスペインの両方が決勝トーナメント1回戦を突破すると、ドイツのほうが優勝する確率は高くなるのです。

つまり、決勝トーナメント1回戦の時点では、ドイツが敗退する確率はスペインよりも高くなり、スペインが優勝する確率はドイツよりも高くなります。しかし、ドイツとスペインの両チームが準々決勝まで進むと、ドイツの優勝する確率がスペインよりも高くなるとのこと。これを総合的にみると、優勝する確率が最も高いのはドイツになるというわけです。

AIが予想した最も可能性が高い決勝トーナメント表。この場合だとドイツの優勝確率が最も高くなります。残念ながら日本はここに含まれていません

とは言っても何が起こるかわからないのがサッカーであり、スポーツです。レッドカードによる退場や、累積警告による出場停止、けが人などデータと計算では計り知れない部分もあります。実際に、すでに行われたグループリーグ所初戦では、前回優勝国のドイツが敗れたり、ブラジルやアルゼンチンが引き分けたりするなど、おおかたの予想を覆す結果が生まれました。日本も、AIの予想を覆して素晴らしい成績を残してほしいものです。

なお、日本のワールドカップ初戦となるコロンビア戦は6月19日(火)21時キックオフです。

ソース:コーネル大学図書館(論文データベース)

水川悠士(編集部)

水川悠士(編集部)

最新ガジェットとゲームに目がない雑食系ライター。最近メタボ気味になってきたので健康管理グッズにも興味あり。休日はゲームをしたり映画を見たりしています。

関連記事
ページトップへ戻る