新製品レポート
「アイコス 3」「アイコス 3 マルチ」も、これからはコンビニで買える!

アイコス専用タバコスティックの新ブランド「HEETS(ヒーツ)」がまもなく全国発売

加熱式タバコ「アイコス(IQOS)」の販売元であるフィリップモリスから、「マールボロ」に続く新しいタバコスティック銘柄「HEETS(ヒーツ)」が、2019年1月28日より全国9店舗のアイコスストアにて販売開始。続く2月15日には、コンビニエンスストアを含む全国の主要タバコ取扱店にて販売される。また、1月28日には、昨年11月に発売された「アイコス 3」「アイコス 3 マルチ」も、コンビニエンスストアを含む全国の主要タバコ取扱店にて販売が開始された。今後、より手軽にアイコスを手に取ることができるようになりそうだ。

「ヒーツ」4種と、「アイコス3」(右)「アイコス 3 マルチ」(左)のデバイス。これらすべてが、まもなく全国のコンビニで手に入れられるようになる

【使ってみた】新型アイコスは、「コンパクト」「連続10本吸い可能」の2機種!

「マールボロ」よりも30円安い「ヒーツ」がついに全国発売

2018年秋より、北海道、中国、四国、九州の地域限定でテスト販売が行われていた「ヒーツ」だが、このたび、晴れて全国発売の運びとなった。「ヒーツ」は、すでに世界の30以上の国で販売されている銘柄。日本人好みの味わいを目指してブレンドされた「マールボロ」タバコスティックと違い、よりバランスの取れた味わいが特徴だという。なお、価格は、通常500円(税込)の「マールボロ」よりも30円安い470円(税込)となる。

今回発売となるのは、「ヒーツ・ディープ・ブロンズ」(レギュラー)「ヒーツ・バランスド・イエロー」(レギュラー)「ヒーツ・クリア・シルバー」(レギュラー)「ヒーツ・フレッシュ・エメラルド」(メンソール)の全4フレーバー。日本では、アイコスユーザーの多くがメンソールを好んでおり、4つの「ヒーツ」のうち、3フレーバーがレギュラーとなる点はやや気になるところ。

フィリップモリスによると、日本でメンソールのタバコスティックが人気なのは、レギュラーは、メンソールに比べて紙巻きタバコと加熱式タバコの味の差が大きいためだという。しかし、「これまでマールボロで好みの味に出会えなかったレギュラー派の人も、マールボロとはまた違った味わいを楽しめるヒーツなら好みの味わいに出会えるかもしれません。ぜひ2週間、ヒーツのみで過ごしてほしい」と、その味わいに自信をのぞかせた。

写真左から、「ヒーツ・ディープ・ブロンズ」「ヒーツ・バランスド・イエロー」「ヒーツ・クリア・シルバー」「ヒーツ・フレッシュ・エメラルド」。タバコ葉のブレンドはほかの国で発売されているものとまったく同じだが、フレーバーの視認性を高めるため、日本での発売に際して、パッケージのデザインを刷新したという

「ヒーツ」の発売をもって、アイコスのタバコスティックの種類は計11フレーバーになった

「ヒーツ」の発売をもって、アイコスのタバコスティックの種類は計11フレーバーになった

価格.comマガジンでは「ヒーツ」をお試し済み! よりくわしい情報は、こちらからチェック!
30円安い!「アイコス」の新ヒートスティック「HEETS(ヒーツ)」4フレーバーを一気吸い

「アイコス 3」「アイコス 3 マルチ」がコンビニで手に入る!

「ヒーツ」の全国展開と同時に、これまでアイコスストアやオンラインストアでしか購入できなかった「アイコス 3」「アイコス 3 マルチ」も、全国のコンビニエンスストアなどで手軽に手に入れるようになった。2019年1月28日より、取り扱いが開始されている。

「アイコス 3」(手前)と、「アイコス 3 マルチ」(奥)。コンビニなどでも取り扱うのは、写真の「ウォームホワイト」「ベルベットグレー」の2色のみ。残る2色については、ユーザーからの要望が多ければ、販売を検討するという

フィリップモリスによると、「アイコス 3」「アイコス 3 マルチ」の売れ行きは非常に好調。両モデル発売により、ユーザーのアイコス使用定着率は約10%アップし、アイコスオンラインストアへの累計ユニークユーザーは450万人を突破したという

壊れにくくなった!「アイコス 3(IQOS 3)」をヘビースモーカーがチェック

10本連続で吸える「アイコス3マルチ(IQOS 3 MULTI)」で、加熱式タバコ勢力図が変わる!?

新サービスで突然の故障も安心! より使いやすくカスタマイズもできる

フィリップモリスは、「アイコス 3」「アイコス 3 マルチ」の発売と同時に、サービス面でも刷新をはかっており、新サービス「アイコス ケア プラス」が開始されている。「アイコス 3」「アイコス 3 マルチ」は、Bluetoothでスマートフォンなどと接続することができ、「アイコス ケア プラス」に簡単に登録することができるという。

「アイコス ケア プラス」に登録することで、メーカー保証期間が1年間に延長されるほか、
これまでは保障外としていた“自損による”故障も、たとえばアイコス3の場合、ホルダーとチャージャーそれぞれ1回ずつであれば無償交換ができるようになるなど、より手厚いサービスを受けることができるという。なお、「アイコス ケア プラス」は、LINEアカウント「アイコスフィア」とつながることでより手軽に使用できるため、ぜひ積極的に利用してほしいとのこと。

「アイコス ケア プラス」では、24時間体制のチャット対応、電話での問い合わせ、自身でのデバイス診断もできるため、故障などにこれまで以上に迅速に対応できるという

接続したデバイスを介して、バッテリー残量の確認や、バイブレーションをカスタマイズすることもできる

大泉瑠梨(編集部)

大泉瑠梨(編集部)

美容・健康家電を中心に新製品レポートやレビュー記事を担当。時には体を張って製品の実力をチェックします。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン「動画」まとめページ
ページトップへ戻る