特別企画
SSDが値下がっている今こそベストタイミング!

「PS4 Pro」をSSDに換装して高速化する方法を徹底解説!

転送速度6Gbps(理論値)のSATA3に対応している「PlayStation 4 Pro」(PS4 Pro)は、内蔵HDDをSSDに交換するとゲームの起動やロード時間が速くなります。しかし、システムを再インストールするなど、PC関連に詳しくない人にとっては、なかなかハードルが高く、躊躇しがちなのではないでしょうか。

ということで、今回は「PS4 Pro」のHDDをSSDに換装する方法を徹底解説。これを読めば、詰まることなく換装できるはずです。

SSD換装の一連の手順は以下の動画からも確認可能です。動画を見ながら、換装にチャレンジしてみてください。

なお、「PS4」をお持ちの人は、SSD換装よりも外付けSSDを用いるほうが、手間を省けます。詳細は以下の記事をご覧ください。
>>PS4を外付けSSDで高速化させる方法を解説。内蔵HDD換装より手軽にできる!

「PS4 Pro」をSSDに換装:準備編

「PS4 Pro」のHDDをSSDに換装する全体の大まかな流れは、「USBメモリーにアップデートファイルを保存」→「PS4 ProのHDDをSSDに交換」→「アップデートファイルをUSBメモリーから再インストール」になります。すでに「PS4 Pro」にデータを保存している場合は、バックアップと復元を行う必要があります。

用意するのは、「SSD」「USBメモリー×2」「プラスドライバー(H型1番)」の4点。本記事では、価格.comのSSD人気ランキングで常に上位をキープしているcrucialのSSD「MX500 CT1000MX500SSD1/JP」(1TB)を使用しました。500GBモデルもありますが、昨今のゲームは容量が大きくなる傾向があるため、1TBをチョイス。「PS4 Pro」に使用できるSSDの仕様は以下の通りです。

本体の厚さ:9.5mm以下
サイズ:2.5インチ
容量:160GB以上

換装に使用するのはcrucialのSSD「MX500 CT1000MX500SSD1/JP」(1TB)

換装に使用するのはcrucialのSSD「MX500 CT1000MX500SSD1/JP」(1TB)

なお、昨今はSSDの値下がりが顕著であり、SSD換装を行うのは絶好の機会でしょう。

USBメモリーを2つ用意すると述べましたが、そのうちひとつは既存データのバックアップに用います。新品の「PS4 Pro」をSSDに換装する場合は、USBメモリーはひとつでかまいません。また、有料会員サービスの「PlayStation Plus」に加入しているユーザーはオンラインストレージにバックアップ(セーブデータのみ)できるので、そちらも活用しましょう。

なお、ゲーム本編のデータは容量が大きく、かつ、PS Storeやディスクから再インストールできるため、バックアップするのはセーブデータやキャプチャーなどにとどめておくのがベターです。

バックアップ用ではないほうのUSBメモリーは、PS4のアップデートファイルをSSDにインストールするときに使用します。アップデートファイルは約1GBなので、これ以上の容量のUSBメモリーを用意してください。「PS4 Pro」は、FAT32/exFATというファイルシステムに対応しているため、USBメモリーをFAT32もしくはexFATにフォーマットする必要があります。

なお、FAT32は1ファイルあたり最大4GB、exFATはファイルサイズの制限なし、という違いがありますが、SSDの換装ではアップデートファイルを保存するのに使うだけなので、どちらでフォーマットしても問題ありません。

使用するUSBメモリーは、高さ(厚さ)が8mm以下のものを用意してください。どうしてかというと、「PS4 Pro」の本体はUSBポート部分が溝のようになっており、厚さが8mm以上あるUSBメモリーだと、その溝に入らない可能性があるからです。

この写真赤枠の溝より高さが大きいと、きちんと差し込めないので注意が必要です

この写真赤枠の溝より高さが大きいと、きちんと差し込めないので注意が必要です

少し前置きが長くなりましたが、USBメモリーのフォーマットからアップデートファイルを保存するまでの一連の流れは以下から確認してください。

SSD換装で用意するのはSSD、USBメモリー(アップデートファイルインストール用)、USBメモリー(バックアップ用)、プラスドライバー(H型1番)

まずは、USBメモリーをフォーマットします。今回は、MacBook Pro(macOS Mojave 10.14.3)で行いました

まずは、USBメモリーをフォーマットします。今回は、MacBook Pro(macOS Mojave 10.14.3)で行いました

MacOSの場合は、ディスクユーティリティからUSBメモリー(画像ではNO NAME)を選び、上部メニューバーから「消去」をクリック。立ち上がったウィンドウからフォーマット形式「MS-DOS(FAT)」選んで、「消去」をクリック

フォーマットが終わったら、USBメモリー内に「PS4」のフォルダーを作成し、この直下に「UPDATE」というフォルダーを作成。スペルを間違えると、PS4がアップデートファイルを認識しないので注意してください

続いて、PS4のシステムソフトウェアアップデートのページを開き、ページ中段にある「パソコン経由でのアップデート」をクリックします

開いたページを下にスクロールし、「アップデートファイル(再インストール用)ダウンロード」をクリックして、アップデートファイルをダウンロードします。このページ上部には「アップデートファイル(通常アップデート用)ダウンロード」というボタンがあり、間違えやすいので注意してください

ダウンロードした「PS4UPDATE.PUP」というファイルを、フォーマットしたUSBメモリーの「UPDATE」フォルダーの中に保存します

これでSSD換装の準備は完了です。ただし、換装を行う前にPS4に保存したデータをUSBメモリー、もしくはPS Plus会員向けオンラインストレージにバックアップしておくと安心です。

ホーム画面から「設定」→「システム」と進み、「バックアップ/復元」というメニューからデータをバックアップ可能です

「PS4 Pro」のHDDをSSDに換装する

準備ができたら、いよいよ「PS4 Pro」のHDDをSSDに交換する作業です。基本的には、HDDを取り出す→SSDに換装→USBメモリーからアップデートファイルをインストール、という流れです。以下の手順どおりに行えば、特に難しいことはないでしょう。

HDDは「PS4 Pro」背面(画像赤枠部分)に格納されています。作業を行う際は、「PS4 Pro」をひっくり返して行うとスムーズ。必ず電源をオフにし、電源アダプターを外した状態で行ってください

次はカバーを取り外します。少し硬めに固定されていますが、カバーの右側に指をかけて、手前に引くようにすれば取り外しやすいです

HDDケースを固定しているネジをプラスドライバーで取り外します。余談ですが、ネジの頭部にはPSのシンボルである「×○△□」が彫られていました

ネジを外したら、ケースごと手前に引いてHDDを取り外します

ネジを外したら、ケースごと手前に引いてHDDを取り外します

HDDは4つのネジでケースに固定されているので、これらを取り外します

HDDは4つのネジでケースに固定されているので、これらを取り外します

HDDを取り外したら、次はSSDをケースに格納します。SSDの背面が上、コネクタ部分がケースの手前になるようにセットしてください

あとはネジ留めしていくだけですが、SSDはHDDよりも薄いため、少し浮かすような感じでネジを留めます。筆者としては、ここが一番の難所でした

「PS4 Pro」にSSDをセットしてネジ留め

「PS4 Pro」にSSDをセットしてネジ留めし、カバーを取り付けたら換装完了

いかがでしたでしょうか。HDDをSSDに換装、と言うと少し難しそうですが、やってみると意外と簡単です。換装後は、USBメモリーからアップデートファイルをインストールするだけ。詳細は以下から確認してください。

「PS4 Pro」の電源ボタンを7秒以上押しっぱなしにしてセーフモードを起動します。押すと「ピッ」と鳴り、そのまま7秒押し続けてもう一度「ピッ」と鳴ったらOKです

セーフモードで起動すると「DUALSHOCK 4をUSBケーブルで接続して、PSボタンを押してください。」と表示されます

「DUALSHOCK 4」をUSBケーブルで接続して「PSボタン」を押します

「DUALSHOCK 4」をUSBケーブルで接続して「PSボタン」を押します

セーフモードのメニューが表示されたら、「PS4を初期化する(アップデートファイルを再インストールする)」を選択

上記画面が表示されたら、アップデートファイルを保存したUSBメモリーを「PS4 Pro」に差し込んで、「OK」を選択します

初期化が始まり、その後にアップデートファイルのインストールが開始

初期化が始まり、その後にアップデートファイルのインストールが開始

「PS4 Pro」が再起動してセットアップ画面が表示されたらSSD換装は無事成功です

「PS4 Pro」が再起動してセットアップ画面が表示されたらSSD換装は無事成功です

SSD換装後は、購入したときと同じ状態になっているので、セットアップを行う必要があります。バックアップを行った人は、データを保存したUSBメモリーを「PS4 Pro」に接続し、「設定」→「システム」→「バックアップ/復元」からデータの復元を行いましょう。

SSD換装で高速化できたのか!?

「PS4 Pro」をSSD換装することでどれくらい高速化したのか、実際にSSD導入前と後の速度を測定してみました。ソフトは「バイオハザード RE:2」「Falout 76」「Apex Legends」の3タイトルです。

「Falout 76」と「Apex Legends」は、ホーム画面で○ボタンを押して起動するのと同時にストップウォッチをスタートさせ、メニュー画面が表示(ボタン操作ができるようになる瞬間。ネットワーク接続開始の直前)されるところまでの時間を計測。「バイオハザード RE:2」については、起動後にオートセーブの注意画面が表示される(○ボタンを押さないと先に進めない)ので、起動後に○ボタンを連打し、メニュー画面が表示されるまでの時間を計測しました。可能な限り公平にするため、各ゲーム5回ずつ測定してその平均を結果としています。

「バイオハザード RE:2」
SSD導入前:31.41秒
SSD導入後:19.82秒

「Falout 76」
SSD導入前:27.06秒
SSD導入後:23.03秒

「Apex Legends」
SSD導入前:19.62秒
SSD導入後:16.63秒

測定の結果、「バイオハザード RE:2」は約12秒という大幅な短縮に成功。しかし、「Fallout 76」と「Apex Legends」は、それぞれ約4秒、約3秒の短縮にとどまりました。ゲームデータのロードに関しては、タイトルによって短縮できる時間が異なります。ただし、セーブデータやマップの切り替え、ムービーシーンなど、プレイ中にもロードは発生するため、SSDの恩恵は十分に受けられるでしょう。ロード時間を少しでも短くしたい人は、一度試してはいかがでしょうか。

水川悠士(編集部)

水川悠士(編集部)

最新ガジェットとゲームに目がない雑食系ライター。最近メタボ気味になってきたので健康管理グッズにも興味あり。休日はゲームをしたり映画を見たりしています。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン「動画」まとめページ
ページトップへ戻る