いいモノ調査隊
チューニングがもう苦にならない

ペグに添えるだけ!! ギターチューナー「Roadie 2」が超絶便利だった

アコースティックギターを始めてみたものの、ギター演奏の第一歩であるチューニングの難しさ(面倒くささ)に早々に挫折。かれこれ30年以上技術的に停滞したままの自動車ライター、マリオ高野です。

ギターに限らず、インターネットがなかった時代に独学で何かを学ぶのは難しかったものですよね。
30年前は学校で使う音楽の教科書のような堅苦しい教本を読みながら「音叉」で音を合わせる作業でチューニングをしていたのですが、6本もの弦を完璧に調律させるのは、頭も耳も悪いワタシにとっては至難の業でありました。


しかし、このほど「ギターのチューニングは難しい&面倒」という悩みを100%完璧に解消してくれるアイテム「Roadie 2」との出合いによって、30年来の悩みがついに解決!(涙)

チューニングを“自動化”するアイテム

「Roadie 2」は、製品紹介でうたっているとおり、チューニング作業を完全に自動化することでミスを防ぎ、手早く、正確で楽しいチューニングを提供してくれます。30年前に「Roadie 2」があれば、ワタシの音楽人生も大きく変わっていたことでしょう。チューニング作業に阻まれた才能が開花した可能性はゼロではなく、生まれるのが30年早すぎたことが悔やまれてなりません。

「Roadie 2」は、本当に夢のような自動チューニング機です。ペグに取り付けて弦の音を鳴らすだけで微調整を自動で行い、完璧な音に合わせてくれる様子は、にわかに信じられないレベルの高精度。使うたびに、人類の叡智(えいち)に感動させられます。

こちらがRoadie 2。箱はなかなかしっかりとした作り。意外とそういう質感に気を使っている雰囲気です。40種類以上のプリセット、オープンチューニング、また独自のカスタムチューニングの作成も可能とあります

電源のON/OFFはダイヤル横のスイッチで。暗い場所でも使いやすいよう、スイッチは割と明るめに光ります。ライブなどでコッソリ使いたいときにはじゃまになるかも、しれません……?

ペグを回す部分。アコギの5〜6弦などの太く硬い弦もガンガン巻けるトルクを発揮します。巻く速度の調節は3段階あり、ダイヤルで簡単に行えます

プロミュージシャンに試してもらった!

最先端のピッチ検出アルゴリズムと機械精度で、常に完璧で正確なチューニングが超簡単にできる「Roadie 2」。神の道具として、ただひたすら褒めたたえたいモノですが、製品紹介によると、世界的に著名なギタリストたちも絶賛しているとのこと。はたして、本当にプロフェッショナルも認める名機なのかどうかを確かめるべく、プロのミュージシャンにも試してもらってきました。

今回、「Roadie 2」のインプレッションをお願いしたのは、アッキー(あきづき・かおる)さん。
1990年代半ばからCM音楽作家として活動され、ドラマや映画、アニメやゲームなど活動の幅を広げておられるミュージシャンです。フォークからジャズ、エレクトロニカから長唄まで「幅広くなんでも演奏する男」として知られ、現在は「トラ&アッキー」などのバンドでも活躍中。

プロミュージシャンのアッキー(あきづき・かおる)さん。「なんでも演奏する男」として活躍中です

プロミュージシャンのアッキー(あきづき・かおる)さん。「なんでも演奏する男」として活躍中です

「音が合う感覚が感性にリンクするよ!」

アッキーさんに「Roadie 2」を試してもらったところ、「これは超ビックリ! 音が合う瞬間の感覚が自分の感性とも見事にリンクするし、こんなにいいモノはほかにないね!」と大変驚かれた様子。

「Roadie 2」は弦の張り替え時の巻き取り作業も自動で行うので、弦の張り替え作業の効率化が図れる点も高く評価されました。

本体上部のディスプレイに文字が表示され、ダイヤルを回すと操作できます。直感的に扱えました。これは楽器を選択するところ

音を大まかに合わせたのち、モードを切り替えて弦の音を鳴らすだけで、自動で調整をし始めます

音を大まかに合わせたのち、モードを切り替えて弦の音を鳴らすだけで、自動で調整をし始めます

ある程度音が近い状態なら、弦の認識精度はとても高く、すぐに自己判断して調整をしてくれます

ある程度音が近い状態なら、弦の認識精度はとても高く、すぐに自己判断して調整をしてくれます

アッキーさんも「これはマジでいいね!」と即座に絶賛。プロミュージシャンの感覚から評価しても驚きの高精度でした

そもそもチューニングとは何?

アッキーさんには「そもそもチューニングとは何ぞや?」と、まずはギターのチューニングの根本的な部分から質問したところ、チューニングとは「常にやるもの」らしく、演奏前に行うのはもちろん、演奏中にも行うことがあると聞いて驚きました。

どんな高価なギターでも、温度や湿度の変化や、弦の取り付け部の物理的なズレや緩みなどで音は狂ってしまうものなので、プロはそれをいち早く察知して修正しているとのこと。

曲の合間にサッと調整したり、あるいは弾きながら直すフィンガーチューニングという高度な技術を駆使したりするようです。弦は、強く押さえると微妙に音程が上がるなど、弦を押さえる力を調整することでもわずかなチューニングの狂いを補正できるのだとか。プロフェッショナルは、そこまでしていたのですね!

演奏していてチューニングが狂っているのに気がつかないのは問題外。チューニングが狂っているのがわからない、あるいは直せないのは音痴の歌手と同じとのこと。筆者がチューニングで挫折をしたのも納得という感じです。才能がなかったからこそ、チューニングで挫折をしたのでしょう。

プロでも昔は音叉で音を合わせていたとのことですが、現在はレコーディングなどではチューニングメーターを使うようです。プロも今では機械の叡智を利用するのですね。

アッキーさんが使用するチューニングメーター。スマホのアプリなどと合わせて、さまざまなチューナーがプロミュージシャンたちの間で使われているようです

プロのミュージシャンの場合、湿気や汗が多くなる夏場は2週間に1回ぐらいは弦を交換するとのこと。場合によっては半日で弦がダメになるときもあり、やはり交換頻度は高いもようです。

筆者としては、なるべく弦を長持ちさせながら張り替え作業を減らしたいと思っていましたが、それは大間違い。

弦がさびて(酸化して)本来の音が出なくなると、チューニングも合わなくなるので、それを感じたら迷わずにすぐ交換するのが理想とのこと。昔と違って今は弦の単価も安いため、筆者のように弦を長持ちさせたいなどという発想は捨てましょう。

弦の張り替え方についても教わりました。やはり、動画で見るより直接教わるほうがわかりやすいですね

弦の張り替え方についても教わりました。やはり、動画で見るより直接教わるほうがわかりやすいですね

12弦ギターにも普通に使えました。ベースギターについては「Roadie Bass」という製品が向いているようです。なお、木製ペグの楽器には対応してないとのこと

もう、煩わしいチューニング作業はいらない!

素人のギターは、苦労の末におおむねチューニングが合ったとしても、弾いてるうちに微妙に狂ってきますし、部屋に置いておくだけでも徐々に狂ってしまうのは厄介な問題です。弾こうとするたびに納得のいくチューニングができるまで時間がかかり、チューニングをするだけで時間や気力を消費してしまうことが、技術の停滞の要因のひとつになっておりました。チューニングに妥協をして、音に違和感を覚えたままの状態で弾くと、楽しさも半減します。

しかし、Roadie 2でチューニングをして、最初の一発目の「ジャラーン」から違和感が皆無の完璧な音が出る喜びは、筆舌に尽くしがたいものがありました。これを作りたもうたは、神の手か……?(涙)

チューニングという積年の障壁が解消されたということで、30年停滞していた筆者の技術もついに向上することが期待されます。アッキーさんのレッスンを受けながら、精進したいです

このように、「Roadie 2」があれば交換作業も楽になるし、チューニングをやり直すことへの恐怖は完全に解消されるので、今後はマメに交換しようと思いました。「Roadie 2」のような自動チューニング機を使えば、正しい音を覚えることにもつながるので、機械に頼ることの弊害はないと思えるとのことでありました。

プロのミュージシャンにとっても重要なチューニングが、プロと同じレベルで完璧に行える夢のマシン「Roadie 2」。

今度こそ、これを機にギター練習のモチベーションを維持して、技術の向上を図りたいと思います。

山の中で夜な夜な練習に励むも、チューニングを合わせることだけで朝になってしまうこともありましたが、もうそんなことはありません!

また、今回アッキーさんには「初心者でも簡単に弾けるカッコイイフレーズ」を1つ教えていただきましたが、やはりネットなどから得られる情報による独学に励むよりも、有識者から直接レッスンを受けることは大変効果的だと実感しました。

自分の現状を客観的に評価していただき、それに合わせた指導を受けることは、技術の停滞を打破するのにきわめて有効だと思います。

「ギターを知らない人に、まるでギターがうまい人だと勘違いさせられるようなフレーズをお願いします!」などという低次元なリクエストにも即座に対応していただけたなど、アッキーさんは「幅広くなんでも教えてくれる男」でもあるので、首都圏在住の人で、ギターのレッスン教室を探している人にオススメしたいと思います。

アッキーさんのギターレッスンの相談については、こちらまでguitargenjin@mac.comご連絡を!

マリオ高野

マリオ高野

1973年大阪生まれの自動車ライター。免許取得後に偶然買ったスバル車によりクルマの楽しさに目覚め、新車セールスマンや輸入車ディーラーでの車両回送員、自動車工場での期間工、自動車雑誌の編集部員などを経てフリーライターに。2台の愛車はいずれもスバル・インプレッサのMT車。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン「動画」まとめページ
ページトップへ戻る