あれこれ通信
ゲームの未来はどうなるの?

Google渾身の「STADIA」は何がスゴいのか? わかりやすく解説

Googleが2019年3月19日(日本時間20日)に発表したストリーミングゲームサービス「STADIA」。ゲーム機なしでAAA級タイトルをプレイできることから、ゲーム業界の根底を覆す可能性があるとして大きな話題になっています。

しかし、ストリーミングゲームを展開するのは、Googleが初めてではなく、ほかの企業と比べても遅めの参入と言えるでしょう。そこで、本記事では、ストリーミングゲームとはいったい何なのかを今一度振り返り、なぜGoogleの「STADIA」がここまでの注目を集めたのかを解説します。

ストリーミングゲームとは? メリットとデメリット

ストリーミングゲームとは、クラウドゲーミングサービスとも呼ばれており、クラウド上のサーバーでゲームを動作させ、プレイヤーがコントローラー経由で入力したデータを反映させた映像を、プレイヤーのデバイスにストリーミング配信するサービスです。

簡単に言うと、ゲーム機本体がサーバー上に設置されていて、ゲーム機をプレイヤーが遠隔で操作し、画面だけを手元の端末で再生するというイメージです。これにより、プレイヤーは高性能なPCやゲーム機を持たずとも、最新グラフィックを駆使したゲームを低スペックのPCやスマートフォンといったデバイスでプレイできます。

ストリーミングゲームサービスのメリットは、高性能なハードを必要としないこと以外にも、近年大容量になりつつあるゲームをダウンロードしたり、インストールしたりする必要がないことがあります。ゲームを発売日に購入しても、ダウンロードやインストールに時間がかかり、購入後すぐにプレイできないのはプレイヤーにとってストレスでしかありません。

ソニーが提供する「PlayStation Now」は、Windows PCなどでPS3、PS4のゲームをプレイできる

ソニーが提供する「PlayStation Now」は、Windows PCなどでPS3、PS4のゲームをプレイできる

しかし、ストリーミングサービスで快適なプレイをするには高速なインターネット回線が必要であり、速度が遅いと映像の乱れや入力の遅延(レイテンシー)が起こる可能性があります。最新グラフィックのゲームをいつでもどこでもプレイできると言っても、プレイヤーの回線環境に依存するのが、ストリーミングサービスの懸念点とも言えます。

また、プレイヤーがゲームを所持しないストリーミングサービスという性質上、プレイヤーが定期購入を停止したり、サービスそのものが終了してしまった場合、お気に入りのゲームをプレイできなくなる可能性があります。ライセンシーが切れてしまい、プレイ中のゲームがサービス上から削除されるなんてこともあるでしょう。

Netflixなどの動画サービスで、以前見た映画をもう1度見ようとしたら、すでに削除されていた、という経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか。ストリーミングゲームサービスも同じことが起こりうるわけです。

なぜ「STADIA」はこれほどまで話題になっているのか

ストリーミングゲームサービスは、すでにソニーの「PlayStation Now」やNVIDIAの「GeForce Now」(日本ではソフトバンクのサーバーで2019年末開始予定)が展開されており、マイクロソフトの「Project xCloud」やSteamの「Steam Link Anywhere」が発表されるなど、多くの企業が参入しています。

【関連記事】
PS4やPS3の名作ゲームを“PC”で遊び放題! 「PlayStation Now」レビュー

Googleは「STADIA」でゲームストリーミングに参入したわけですが、参入時期としては後発組に入ります。ではなぜ、これほどまでに注目を集めているのでしょうか。以下にポイントをまとめてみました。

プレイヤーが使えるゲーム機(ハード)のグラフィック性能が飛び抜けている

「STADIA」では、プレイヤー1人につき1インスタンスが割り当てられる。1インスタンスというのは、簡単に言うと、プレイヤーが利用できるゲーム機(ハード)とイメージしてください。

このゲーム機のスペックは、カスタムのx86 CPU(2.7GHz)、AMDと協力で開発した独自GPU、メモリー16GB(転送速度484GB/s)という構成。特に注目なのがGPUの演算処理性能で、10.7TFLOPSに達するとのこと。そして、ローンチ時には4K/60fpsで配信し、将来的には8K/120fpsを実現すると言います。

ユーザーに割り当てられるハードのスペック

ユーザーに割り当てられるハードのスペック

PS4 Proが4.14TFLOPS、Xbox One Xが6TFLOPSということを考慮すれば、10.9TFLOPSという「STADIA」のグラフィック処理性能は非常に高いと言えますし、Googleもプレスカンファレンスで「PS4 ProとXbox One Xを足した以上のグラフィック性能を備える」と強くアピールしていました。NVIDIAの最新GPU「GeForce RTX 2080」でも10.1TFLOPSとされており、「STADIA」のグラフィック処理性能はPC向けのハイエンドGPU並みとも言えます。

しかし、TFLOPSとは一体何なのでしょうか。「T(テラ)」は1兆を示す単位で、FLOPSは「Floating-point Operations Per Second」の略で、「1秒当たりの浮動小数点演算回数」という意味です。なんのことかよくわかりませんが、簡略すると「FLOP」は「コンピューターがグラフィックを画面に描くのに必要な計算処理」ということ。それを1秒間にどれくらい行えるのかを示すのが「FLOPS」になります。この数値が大きければ大きいほど、きれいなグラフィックをスムーズに画面に映し出せるというわけです。

もちろん、ストリーミングゲーム専用にカスタムされた「STADIA」と、ゲーム以外の用途も想定されて設計されたGPUのTFLOPSを単純比較することは難しいでしょう。しかし、「STADIA」は、プレイヤー1人に複数のインスタンスを割り当てることも可能だとアピールしており、ただでさえ高性能なGPUを複数使えるとなると、その可能性は大きく広がると言えます。

高度なグラフィックを楽しめるとなると、ストリーミングサービスでは回線速度による遅延が気になるところ。しかし、Googleはプレイヤー(ISP)とサーバーを直接接続し、トランジットを減少することで遅延を少なくするとアピール。このあたりは、実際にプレイしてみないとわかりませんが、世界中にサーバーを持つGoogleなら高画質/低遅延を実現する可能性は十分あるでしょう。

ブラウザー「Chrome」からゲームをプレイできる

ソニーの「PlayStation Now」は、PS4やWindows PCで利用できます。マイクロソフトの「Project xCloud」は、Androidスマートフォンやタブレット、Windows PCなどから利用できるようになるとされています。

いっぽう、Googleの「STADIA」は、Androidスマートフォンやタブレットに加え、Chromecastを接続したテレビ、そしてWindows/macOS/Linuxを搭載するPCからはブラウザー「Chrome」経由でプレイでき、対応デバイスはストリーミングゲームサービスの中でも最も多岐にわたると言っても過言ではありません。

プレスカンファレンスでは、ChromeのYouTubeで見ていた動画のリンクをクリックするだけで、すぐにゲームをプレイできるという驚きのデモが公開されました。ゲームを遊びたいと思ったら、ほんの数秒でプレイできるというのは、ほかのストリーミングゲームサービスにはない強みでしょう。

ゲームのトレイラーを見終わった後にそのままプレイできる

ゲームのトレイラーを見終わった後にそのままプレイできる

しかも、対応デバイスが多いということは、「PCのChromeでゲームをプレイし、続きはスマートフォンで」という遊び方も可能です。こういったゲームとプレイヤーを結ぶ“手軽さ”という点において、「STADIA」は他社サービスをリードしています。

ユーザーとクリエイターをつなげるコミュニティ重視の機能

「STADIA」は既存のコントローラーでプレイできますが、Googleは「STADIA」向けに「Stadiaコントローラー」を発表しました。このコントローラーには、「シェアボタン」が搭載されており、ボタンを押すだけでYouTubeへのライブ配信が可能です。

ゲームのライブ配信は、専用のハードウェアやソフトウェアを利用する必要があり、一般ユーザーにはなかなかハードルが高かったですが、ボタン一発でできることで、手軽にライブ配信が楽しめ、ゲーム配信コミュニティの活性化も期待できます。

YouTubeへのライブ配信ボタンを備える「Stadiaコントローラー」

YouTubeへのライブ配信ボタンを備える「Stadiaコントローラー」

また、「Crowd Play」という機能も秀逸です。これは、YouTubeでライブ配信中のゲームに参加できる機能のこと。あこがれのYouTuberと一緒にゲームをプレイしたり、配信中のゲームに飛び入り参加できます。

画面右下のメニューから「Join This Game」をクリックすれば、配信者のゲームにYouTubeから直接参加できる

画面右下のメニューから「Join This Game」をクリックすれば、配信者のゲームにYouTubeから直接参加できる

昔懐かしの画面分割マルチプレイまでもが、Googleの手により復活します。友達や家族と一緒に同じゲームを画面分割して遊ぶマルチプレイは、現在のゲームでは淘汰されつつある機能です。レンダリングに大きな負荷がかかるため、特にオンラインゲームでは不可能に近いでしょう。

しかし、Googleは「STADIA」がオンラインでも画面分割によるマルチプレイが可能であることをアピール。この機能は「Stream Connect」と呼ばれ、プレスカンファレンスでは、複数人で同じゲームを画面分割でプレイするデモが上映されました。

画面分割プレイのデモ

画面分割プレイのデモ

こういった機能の数々は、Googleのサーバー上で処理されるため、プレイヤーが使用するデバイスの性能に左右されません。

「STADIA」のローンチは2019年。日本では未定

ゲームの未来を変えてしまうポテンシャルを秘める「STADIA」は、2019年にアメリカ、カナダ、イギリス、欧州の一部でサービスを開始。ローンチ国に日本は含まれていません。

ローンチタイトルとしては、id softwareの「DOOM Eternal」の名前があがったほか、Ubisoftの参加も表明されましたが、そのほかは未定。新しいゲームハードが発表されると話題になるのがローンチタイトルであり、ここが弱いと話題性も低くなるので、続報に期待しましょう。

また、価格も未発表です。こちらは、「PlayStation Now」のように月額制になると予想されています。

水川悠士(編集部)

水川悠士(編集部)

最新ガジェットとゲームに目がない雑食系ライター。最近メタボ気味になってきたので健康管理グッズにも興味あり。休日はゲームをしたり映画を見たりしています。

関連記事
価格.comマガジン「動画」まとめページ
ページトップへ戻る