レビュー
令和時代初の夏は無重力&インフィニティで楽しむ!

上に向かって麺を噴射! 「流しそうめん」の巨大な半永久機関が完成した

タカラトミーアーツ「ビッグストリーム そうめんスライダー」

タカラトミーアーツ「ビッグストリーム そうめんスライダー」

流しそうめんのトイシリーズ「ビッグストリーム そうめんスライダー」は、2013年から毎年ユニークな新製品を発売し、もはや夏の風物詩となりました。

2019年の夏、令和時代初めての夏の新製品もぶっ飛んでいます。

シリーズ9作目となる最新作「ビッグストリーム そうめんスライダー ギャラクシー」は、従来は重力に従って上から下へと流れる流しそうめんの常識を覆し、そうめんが下から上に昇り流れる“無重力機能” 「ハイパードライブチューブ」を搭載した流しそうめんマシンです。

水をモーターの力で一気にジェット噴射。そうめんはその勢いにのって筒状のコース「ハイパードライブチューブ」中を下から上へ向かって駆け上がります。チューブは透明仕様なので、そうめんが勢いよく昇り流れる豪快な様子がのぞけます

流しそうめんは従来、そうめんが流れ落ちて下のタンクに溜まるか、円形コースを回り続けるかのいずれかでした。本モデルは、そんな世界をひとひねり。昇流という重力に反する動きを追加することで、そうめんが8の字の「∞(インフィニティ)」を描きながら流れる不思議な流しそうめんマシンなのです。

そうめんが8の字のスライダーを循環する不思議な様子は、まるで画家マウリッツ・C・エッシャーの代表作「Waterfall」や「Ascending and Descending」のよう!(言い過ぎか……)。少なくとも見ている者に「新しい流しそうめんの世界」を見せてくれることは間違いありません。

ここでは、本体のセッティングから実際にそうめんを流す様子までを動画内で実演。さらに、「ビッグストリーム そうめんスライダー ギャラクシー」と同時発売された「ビッグストリーム そうめんスライダー エクストラネオ」をなんとドッキングさせて、巨大な「流しそうめん」の半永久機関を作ってみました! そうめんがジェット噴射の勢いで上昇するシーンは、驚きなしでは見られません。

なお、「ビッグストリーム そうめんスライダー ギャラクシー」のデザインは、「宇宙」をテーマに「地球」と「火星」をモチーフにしています。さらに「NPO法人 日本火星協会」監修のもと、「火星」と「地球」の関係性をしっかりと表現したこだわり仕様です。

価格.comマガジン「動画」まとめページはコチラ
牧野裕幸(編集部)

牧野裕幸(編集部)

月刊アイテム情報誌の編集者を経て価格.comマガジンへ。家電のほか、ホビーやフード、文房具、スポーツアパレル、ゲーム(アナログも含む)へのアンテナは常に張り巡らしています。映画が好きで、どのジャンルもまんべんなく鑑賞するタイプです。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン タイムセール
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る