ニュース
ポケモンの事業戦略発表会レポート!

“移動”の次にポケモンが狙うのは“睡眠”。眠りをどうやってエンタメ化するのか?

ポケモンは、2019年5月29日に事業戦略発表会を都内で開催し、今後予定しているサービスやプロジェクトを発表しました。ポケモンが描く未来とは一体何なのか、発表されたプロジェクトを振り返りながらひもといてみます。

ポケモンの事業戦略発表会レポート!

ポケモンの事業戦略発表会レポート!

“移動”の次にポケモンが狙うのは“睡眠”。眠りをどうやってエンタメ化するのか?

複数発表されたプロジェクトの中でも、特に注目なのが睡眠に関する2つのサービスでしょう。位置情報を活用した「ポケモンGO」で、“歩く”ことをゲーム化し大成功を収めたポケモンが、今度は睡眠、つまり“寝る”ことをエンタメ化するゲーム「Pokémon Sleep」(ポケモン スリープ)を発表しました。

これまでにない試みの「Pokémon Sleep」

これまでにない試みの「Pokémon Sleep」

ポケモン代表取締役社長の石原氏は「朝起きてゲームを開くと楽しいことが起きる」と話すにとどまり、多くは語られませんでしたが、移動時間をエンタメ化することに成功したポケモンが、睡眠時間をどのようにエンタメとして成立させるのか、非常に気になるところです。

「Pokémon Sleep」は、AndroidとiOSにて、2020年にサービス開始の予定です。

そして、配信中の「ポケモンGO」にも新しく睡眠と連動した機能を実装することが発表されました。睡眠をどのように「ポケモンGO」と結びつけるかは現在開発中とのこと。睡眠をトラッキングするデバイスとして、「Pokemon GO Plus+」が任天堂から発売されることも明らかにされました。これは、加速度センサーを内蔵し、睡眠時に枕元に置くことで睡眠時間などのデータをトラッキング。そのデータをBluetoothでスマートフォンに転送し、「ポケモンGO」の睡眠連動機能に活用すると言います。

発売中の「ポケモンGO Plus」に睡眠トラッキング機能が加わった「Pokemon GO Plus+」

発売中の「ポケモンGO Plus」に睡眠トラッキング機能が加わった「Pokemon GO Plus+」

なお、睡眠と連動した「ポケモンGO」の新機能や、「Pokemon GO Plus+」の発売時期に関しては言及されませんでした。

テレビや動画、ゲームといったエンタメ系サービスにとって、良質なコンテンツを提供し、いかにしてユーザーの空き時間に利用してもらうかは非常に重要です。1日のうちには、たとえばご飯を食べている間、電車やバスなどの移動時、帰宅して寝るまでの時間など、多数の空き時間があります。この時間にテレビを見るのか、スマホで動画を見るのか、ゲームで遊ぶのか、それとも本を読むのか、それはユーザーによりさまざまです。

「ポケモンGO」は、電車やバスの移動だけでなく、ユーザーが歩いている時間でさえもプレイできるのが特徴です。この領域には、Googleマップなどツール系サービスがあるものの、エンタメ系サービスは入り込めませんでした。「ポケモンGO」は、ほかのエンタメ系サービスが入り込めなかった、ユーザーとの新しい時間の接点を作り出したと言えます。

もちろん、家にいる間はプレイできませんが、そのあたりはゲーム性やコンテンツ力の高さ、地域コミュニティと協力したイベントなどを駆使して、ユーザーを外出させることでカバーしています。

この「ポケモンGO」が、今度は睡眠時間でもユーザーとの接点を作りだそうとしているのが、今回の発表で面白い点ではないでしょうか。ユーザーが睡眠中も「ポケモンGO」や、新サービスの「Pokémon Sleep」に接続すると考えると、1日のプレイ時間は一般的なゲームやアプリより多くなることは間違いありません。スマホ向けゲームには、放置系のゲームもありますが、コンテンツ力で「ポケモン」に太刀打ちできるゲームはないでしょう。

もしかして、レベルを上げるのに寝まくる必要がある、なんてことがあるかもしれません。ゲームをプレイするのに眠るのが楽しみになる、そんな今までにはないゲームの楽しみ方が生まれる可能性もあります。

しかし、寝ている間にゲームが進んでしまって果たしておもしろいのか?という疑問もあります。寝ることがゲームの面白さにつながるというのは、想像しがたいこと。ただし、いくつものヒットコンテンツを生み出してきたポケモンのことですから、そこは安心して大丈夫なのではないでしょうか。続報に大いに期待したいところです。

すべてのポケモンが集まる場所「Pokémon HOME」

このほか、ポケモンシリーズや「ポケモンGO」で捕まえたポケモンを預けることができるクラウドサービスとして、「Pokémon HOME」が発表されました。「Pokémon HOME」(ポケモンホーム)は“すべてのポケモンが集まる場所”というコンセプトの通り、ポケモンシリーズやポケモンGOで捕まえたポケモンを預けたり、連携しているソフトに連れて行ける機能を備えています。

“すべてのポケモンが集まる場所”というコンセプトの「Pokémon HOME」

“すべてのポケモンが集まる場所”というコンセプトの「Pokémon HOME」

似たようなサービスに「ポケモンバンク」がありますが、「ポケモンホーム」は「ポケモンバンク」に加え、「ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ/Let's Go! イーブイ」「ポケットモンスター ソード・シールド」「Pokemon GO」との連携が予定されています。また、ユーザー同士がポケモンを交換することもできます。

「Pokémon HOME」は、ニンテンドースイッチ/Android/iOSにて2020年に配信予定。利用料金などは明らかにされていません。

開発中のニンテンドースイッチ向けゲームと新作アプリ

ゲーム関連では、現在公開中の映画「名探偵ピカチュウ」の原作にあたる、ニンテンドー3DSソフト「名探偵ピカチュウ」の完結編が、ニンテンドースイッチ向けに開発中であることが発表されました。

これに加え、ポケモンとDeNAの共同プロジェクトとして新作アプリ「ポケモンマスターズ」が発表されました。こちらは、歴代「ポケモン」シリーズに登場したポケモントレーナーと、そのパートナーであるポケモンにスポットを当てたゲーム。Android/iOS向けに2019年内にリリース予定で、2019年6月頃に続報を公開するとのことです。

スマホ向けゲーム「ポケモンマスターズ」は2019年内に配信開始予定

スマホ向けゲーム「ポケモンマスターズ」は2019年内に配信開始予定

水川悠士(編集部)

水川悠士(編集部)

最新ガジェットとゲームに目がない雑食系ライター。最近メタボ気味になってきたので健康管理グッズにも興味あり。休日はゲームをしたり映画を見たりしています。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る