話のネタになる最新ITニュースまとめ
最新テック情報をキャッチアップ

8K/120fps&SSD搭載の次世代Xbox「Project Scarlett」が2020年に発売

「話のネタになる最新ITニュースまとめ」は、主に海外のIT業界で先週話題になったニュースを紹介する連載です。知っておいて損はない最新情報から、話のネタになりそうな事柄まで、さまざまなニュースをお届けしていきます。今週はゲームの祭典「E3 2019」が開幕ということで、ゲームネタをお届けします。

マイクロソフトが次世代Xbox「Project Scarlett」を発表。発売は2020年

マイクロソフトは「E3 2019」に合わせて新製品発表会「Xbox E3 ブリーフィング」を開催しました。多数の新作ソフトが発表される中、大きな注目を集めたのが次世代Xbox「Project Scarlett」です。

開発コードネーム「Project Scarlett」と称される次世代Xboxは、AMD「Z2」と「Radeon RDNA」アーキテクチャーをベースとしたカスタムCPUを搭載。その処理性能は、現行の「Xbox One X」と比べ4倍向上していると言います。また、グラフィックメモリーには最新の「GDDR6」を採用し、解像度とフレームレートは過去に例がないものになるとのことです。

「Project Scarlett」は、8K、フレームレート最大120fpsをサポート。また、レイトレーシングや可変リフレッシュレートにも対応します。さらに、ストレージにはSSDを採用するのですが、このSSDをマイクロソフトは次世代SSDと呼んでおり、SSDを仮想メモリーとして使用することで、現行機(名称は明言せず)よりも40倍の高速化を実現していとのことです。

「Project Scarlett」は、2020年のホリデーシーズン(クリスマス)に発売予定。今から発売が楽しみですね。

「Xbox E3 ブリーフィング」では、「Project Scarlett」のほか、さまざまな新作ソフトが発表されました。日本でも注目を集めそうなのは、フロムソフトウェアとバンダイナムコエンターテインメントが手がける「ELDEN RING」。大人気海外ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」の原作を手がけたジョージ・R・Rマーティンが参加しており、「ソウル」シリーズや「SEKIRO」の宮崎英高氏が開発を手がけるということで、大きな期待がかかります。

また、バンダイナムコはテイルズオブシリーズ最新作「テイルズ オブ アライズ」を発表。第1弾PVを公開しました。「ELDEN RING」および、「テイルズ オブ アライズ」は、Xbox OneのほかPS4、PCにて発売されます。

テイルズオブシリーズ最新作「テイルズ オブ アライズ」

テイルズオブシリーズ最新作「テイルズ オブ アライズ」

Googleのストリーミングゲームサービス「Stadia」の詳細が明らかに

Googleは、2019年6月6日にゲームのストリーミングサービス「Stadia」の詳細を公開しました。

「Stadia」は2019年11月に14か国でサービスを開始します。ローンチ国は、アメリカ、カナダ、イギリス、アイルランド、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、オランダ、ベルギー、デンマーク、スウェーデン、ノルウェー、フィンランドで、残念ながら日本は含まれていません。

料金プランは無料の「Stadia Base」(2020年開始予定)と、月額9.99ドル(約1,100円)の「Stadia Pro」を用意。「Stadia Base」は、ストリーミングが1080p/60fps配信で、プレイしたいゲームを単体で購入する仕組みです。

「Stadia Pro」は、4K/60fps/HDRの高画質配信を楽しめ、無料のゲームが用意されます。一部タイトルについては、購入が必要になりますが、「Stadia Pro」の特別割引が用意されると言います。

「Stadia」でゲームを快適にプレイするための通信速度は720p/60fps配信が10Mbps、1080p/60fps/HDR/5.1chが20Mbps、4K/60fps/HDR/5.1chが30〜35Mbps。有料の「Stadia Pro」を最高画質で快適に楽しむには、それなりのインターネット環境をそろえる必要がありそうですが、超高速というわけではありません。

「Stadia」の推奨通信速度

「Stadia」の推奨通信速度

「Stadia」を利用するには、Wi-Fi対応の「Stadiaコントローラー」と「Chromecast Ultra」が必要になり、これらを含む「Stadia Founder’s Edition」が先行予約を受け付け中。価格は130ドル(約14,000円)で、「Stadia Pro」の3か月利用権が付属します。

2019年11月のローンチ時には、31本のタイトルが用意され、その中には「Stadia」独占配信の新作ゲームも含まれます。タイトル数は、今後徐々に増やすとのことです。

ローンチタイトル(予定)
・バンダイナムコエンターテインメント
「ドラゴンボール ゼノバース2」
・ベセスダ
「DOOM 2016」「DOOM Eternal」「The Elder Scrolls Online」「Rage 2」「Wolfenstein:Youngblood」
・Bungie
「Destiny 2」
・カプコン
タイトル未定
・Coatsink
「Get Packed」
・Codemasters
「GRID」
・Deep Silver
「メトロ エクソダス」
・Drool
「Thumper」
・Electronic Arts
タイトル未定
・Giants Software
「ファーミング・シミュレーター」
・Larian Studios
「バルダーズ・ゲート3」
・nWay Games
「Power Rangers:Battle for Grid」
・ロックスター
タイトル未定
・セガ
「Football Manager」
・SNK
「サムライスピリッツ」
・スクウェア・エニックス
「ファイナルファンタジーXV」「トゥームレイダー ディフィニティブエディション」「ライズ・オブ・ザ・トゥームレイダー」「シャドウ・オブ・ザ・トゥームレイダー」
・2K
「NBA 2K」「ボーダーランズ3」
・Tequila Works
「Gylt」
・ワーナーブラザーズ
「モータルコンバット11」
・THQ
「Darksiders Genesis」
・Ubisoft
「アサシンクリード オデッセイ」「Just Dance」「ゴーストリコン ブレイクポイント」「ディヴィジョン2」「トライアルズ ライジング」「ザ・クルー2」

水川悠士(編集部)

水川悠士(編集部)

最新ガジェットとゲームに目がない雑食系ライター。最近メタボ気味になってきたので健康管理グッズにも興味あり。休日はゲームをしたり映画を見たりしています。

関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る