今週発売の注目製品ピックアップ
今週発売の注目製品ピックアップ(2019年6月24日〜30日)

【今週発売の注目製品】Nintendo Switchに「スーパーマリオメーカー 2」が登場

今週発売される新製品の中から注目度の高い製品を、さまざまなカテゴリから横断ピックアップして紹介する連載「今週発売の注目製品ピックアップ」。今週は、任天堂のNintendo Switchソフト「スーパーマリオメーカー 2」や、富士フイルムの1億200万画素ミラーレスカメラ「GFX100」、Amazonの5.5型スマートディスプレイ「Echo Show 5」を紹介する。

任天堂「スーパーマリオメーカー 2」

2019年6月28日(金)発売


任天堂から、Nintendo Switchソフト「スーパーマリオメーカー 2」が登場する。

「スーパーマリオメーカー 2」は、Wii Uや3DSで発売された「スーパーマリオメーカー」の続編。「スーパーマリオ」のコースをプレイヤーが自由に作り、オリジナルのコースでプレイできる。「スーパーマリオメーカー 2」では、新しい仕掛けや遊びがボリュームアップしているという。

また、通常版のほか、「Nintendo Switch Online個人プラン12か月利用券」が付いた「スーパーマリオメーカー 2 はじめてのオンラインセット」も同時に発売される。

さらに、通常版または「はじめてのオンラインセット」を早期に購入すると(予約も含む)、「Nintendo Switch タッチペン(スーパーマリオメーカー2エディション)」が特典として付属する。

富士フイルム「GFX100」

2019年6月28日(金)発売


富士フイルムから、ミラーレスカメラ「FUJIFILM GFX100」が発売される。

「FUJIFILM GFX100」は、ミラーレスカメラ「GFXシリーズ」のフラッグシップと位置づけるモデル。1億200万画素のラージフォーマットセンサー、第4世代となる最新の高速画像処理エンジン「X-Processor 4」などを装備した点が特徴だ。

さらに、35mm判を超えるイメージセンサーを採用したデジタルカメラとして世界で初めて(2019年5月23日時点、同社調べ)、(1)像面位相差画素を配置した裏面照射型センサー構造、(2)ボディ内手ブレ補正機構、(3)4K/30P動画撮影機能を搭載する。

ボディは、ラージフォーマットセンサーや手ブレ補正機構などを搭載しつつ、最薄部48.9mm、重量約1400g(バッテリー2個、メモリーカード、電子ビューファインダーを含む)を実現。95か所にシーリングを施した、高い防塵・防滴性能と耐低温構造も備える。

背面には、3方向チルト対応の3.2型液晶モニターに加えて、2.05型サブモニターを新たに採用。新搭載の1.8型天面サブ液晶モニターでは、ダイヤルデザインを表示する「バーチャルダイヤルモード」が使用可能だ。ファインダーは、約576万ドット有機ELパネルと、非球面レンズを含む5枚の光学ガラスを採用した、超高精細な電子ビューファインダー(EVF)を装備する。

Amazon「Echo Show 5」

2019年6月26日(水)発売


Amazonから、5.5型スクリーンを備えたスマートディスプレイ「Echo Show 5」が発売される。価格は9,980円。

解像度960×480ドットの5.5型スクリーンを備えたモデル。コンパクトなデザインを採用したほか、アラームやタイマーのセット、天気や鉄道運行状況の確認、対応楽曲の歌詞表示などに対応する。

また、プライバシー設定機能を搭載。マイクとカメラを同時にオフにできるマイク/カメラボタン、オーディオやビデオがクラウドに接続している状態を視覚的に示すビジュアルインジケータを備えた。カメラカバーも搭載し、カバーを使ってカメラをオフにした状態でも、Alexaに話しかけられるという。

さらに、ユーザーが「アレクサ、今日しゃべったことを全部削除して」「Alexa、最後の録音を消して」と呼びかけて音声記録を削除できる、新たな機能を提供する予定だ。

このほか、音質面では、1.65インチ 4Wのスピーカーを内蔵。カメラは100万画素。本体サイズは148(幅)×86(高さ)×73(奥行)mm、重量は410g。ボディカラーは、チャコール、サンドストーンを用意する。

山野 徹(編集部)

山野 徹(編集部)

新しいもの好きで、アップルやソニーと聞くだけでワクワク・ドキドキ。デジタル好きだが、最近はアナログにも興味が出てきたアラフォー編集者。

関連記事
価格.comマガジン「動画」まとめページ
ページトップへ戻る